パスワードを忘れた? アカウント作成

今週も投票をしましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2018年2月9日の記事一覧(全12件)
13522487 story
お金

ビットコインの価格、一時は昨年の最高価格の3分の1にまで下落 47

ストーリー by hylom
転落 部門より

ビットコインの価格が下落し続けている。昨年には1ビットコインあたり220万円前後まで上昇したが、2月6日には約69万円まで下落。その後反発し、現在は90万円前後で推移している(ギズモード・ジャパン日経新聞)。

下落の原因としては、ローンやクレジットカードでの購入が可能になったことがバブルを膨れ上がらせたという説(フォーブス)や、中国による規制強化、不適切な価格操作などが挙げられているものの、特に決定的な理由はなく、今後の価格変化も予想しにくい状況だ。また、金融機関による不適切な取引の可能性も指摘されている。

13522490 story
ゲーム

ゲームのハイスコア記録にまつわる不正問題が続く 40

ストーリー by hylom
今後は第三者の検証が必要なのかも 部門より

Atari 2600のゲーム「Dragster」で36年前に達成されたハイスコアに対し、今になって不正疑惑が持ち上がり記録が取り消しになる事態となった。このハイスコアは「世界で最も長い間破られなかったゲームのハイスコア」というギネス記録にもなっており、こちらも取り消される可能性があるという(AUTOMATON)。

このハイスコアに対しては再現できないのではないかという疑いがあり、とあるプレイヤーがこのゲームの理論的なハイスコアを検証するプログラムを作成したそうだ。その結果、記録されているハイスコアは再現できないという結論になったという。当時の記録はポラロイド写真でしか残されていないため、「当時の状況を確認できるものがない」という理由で取り消しになったようだ。

また、アーケード版「ドンキーコング」のハイスコアでも不正が取り沙汰されている(AUTOMATONの別記事)。こちらは、実機ではなくエミュレータを使っていたのではないかというもの。第三者の検証によると、この記録はアーケードゲームエミュレータであるMAMEを使って達成されたものであり、また公衆の場で同等のスコアを出したことがないことなどからこちらも記録が取り消しとなったという。

13522495 story
iPhone

落下すると自動的に閉じてディスプレイを保護する手帳型iPhoneケース 46

ストーリー by hylom
今までなかったのが不思議 部門より

スマートフォンを落として破損させる、といったトラブルは多いが、うっかり落とした際に自動的に蓋が閉じてスマートフォンを保護する手帳型スマートフォンケースが発表された。現在クラウドファンディングサービスKickstaterで資金募集を行っており、4,000円以上の出資で製品を入手できる(MdN)。

落下時には「猫のような動き」で蓋が閉まるという。これにより画面が保護され、いわゆる「ディスプレイ割れ」「液晶割れ」を防げるとのこと。実験では150cmの高さからコンクリート面に落としても割れなかったという。形状記憶素材を使用しており、磁石や金属は使用していないため磁気カードなどに影響を与えることはないそうだ。

対応スマートフォンはiPhone 6/6s/7/8。

13522503 story
サイエンス

単為生殖でメスだけでどんどん増えるザリガニが見つかる 73

ストーリー by hylom
おそろしい 部門より

生殖による繁殖ではなく、自身のクローンを生み出して繁殖する新種のザリガニが発見された(ニューズウィーク日本版GIGAZINE)。

このザリガニはマーブルクレイフィッシュ、ミステリークレイフィッシュなどと呼ばれているもので、このザリガニは元々はペット用として流通していたものだったが、1990年から1995年の間に「体がマーブル模様でメスしかいない」という新種に進化したという。また、研究者らが11の個体を調べたところ、すべてのゲノム塩基配列が同一であることが分かったそうだ。

その後の研究で、このザリガニはメスだけしか存在せず、年に2〜3回数百もの卵を産んで単為生殖することが分かったという。繁殖力は強く、父親が居なくても勝手に増えていくとのことで、野生に放たれたものが大きく増えるという問題が起きているという。

13522988 story
サイエンス

マクドナルドのポテトと毛髪再生医療の関係は? 20

ストーリー by hylom
あのポテトを食べれば即毛が生えるという訳ではない 部門より
headless曰く、

マクドナルドのフライドポテトに含まれる化学物質が脱毛症の治療に役立つことを横浜国立大学の研究者が発見した、と海外メディアが報じている(NewsweekYahoo! NewsFox News)。

研究成果はBiomaterialsに掲載されているが、酸素透過性の高いジメチルポリシロキサンを培養容器の底に用いることでマウスの毛包原基(HFG)を大量に作製可能となったというものだ。作製したHFGの移植により新しい毛が生え、再生した毛の成長サイクルもほぼ正常だったとのこと(プレスリリースScienceDaily

研究者がマクドナルドのフライドポテトから発想を得たというわけではなさそうだが、北米のマクドナルド(原材料リストPDF: 米国カナダ)では揚げ油の泡立ちを防ぐためにジメチルポリシロキサンを添加していることから、このような話になったようだ。

なお、マクドナルドの揚げ油は国によって異なり、北米では植物油(キャノーラ油、コーン油、大豆油、水素添加した大豆油)が使われているのに対し、日本では牛脂とパーム油をブレンドしたものが使われている。ジメチルポリシロキサンが添加されているかどうかは不明だ。

13522992 story
医療

コーヒーに「発がん性あり」の注意書きが載る可能性 33

ストーリー by hylom
良いのか悪いのか 部門より
maia曰く、

2010年、カリフォルニア州ロサンゼルス郡上級裁判所において、非営利団体CERTが飲食・小売チェーンを相手取り、コーヒーにアクリルアミドが含まれていると消費者に注意喚起し、コーヒー豆に含まれるアクリルアミドを安全なレベルまで軽減させるよう求める訴訟を起こした。アクリルアミドはIARC発がん性リスクのグループ2Aに分類されている。グループ2Aは「おそらく発がん性がある」とされる物質。

すでに13社が和解に応じ、残りも2018年中に決着する見込み(ニューズウィーク)。つまり、コーヒーの商品に「コーヒーには、発がん性のある化学物質が含まれています」という注意書きが印刷される可能性があるらしい。

しかし最近の研究の蓄積によって、コーヒーにはいくつかの健康効果が認められているはずで、中には、がんの発症リスクを低下させる効果も含まれる。もっと端的に、コーヒーに発がん性は認められないという見解もある(2015年の記事2016年の記事)。コーヒーには依存症の問題があるが、一日3~4杯程度なら心配するレベルではないだろう。

13523005 story
プログラミング

プログラムの写経、もしくはカーゴ・カルト・プログラミングを抜け出すきっかけは? 105

ストーリー by hylom
ほしい物はコピペで作れなかったから 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

スラド読者の皆さんは、プログラムの勉強の為に、教科書や参考書通りにプログラムを入力する「写経」の様な行為や、カーゴ・カルト・プログラミングの様な事を経験した事があると思う。

その段階を抜け出したきっかけは何だろうか?

その処理が何を意味しているかを深く考えず、不必要であるものも含めてとりあえず動いているコードをコピペするようなプログラミングスタイルを「カーゴ・カルト・プログラミング」などと呼ぶそうだ。

カーゴ・カルト」とは、文明レベルに差のある人々が交流したとき、文明の遅れたほうの人たちが進んだ方の人たちの所有物を「神が作った物」と考え、その中身ではなく外見を模したものを作り出す行為。コードを理解できずにコピーすることからこういった名前が付けられたそうだ。

13523010 story
地球

北極の氷に膨大な量の水銀が含まれることが判明。温暖化で溶け出す可能性も 25

ストーリー by hylom
温暖化による新たな脅威 部門より
taraiok曰く、

北極の永久凍土層が溶け出した場合、大量の温室効果ガスが放出されることはよく知られている。しかし、溶け出すのは温室効果ガスだけではないという。最新のレポートによると、膨大な量の水銀も放出される可能性があるようだ(The Washington PostSlashdot)。

Geophysical Research Letters誌に掲載された研究によると、北極の氷の中には3200万ガロン相当の水銀が存在していることが分かった。これは確認されている土壌や大気、海洋に存在している水銀の約2倍の量に相当するという。

自然界に存在する水銀は地球上の生命体と結合し、植物が死んで腐敗すると分解され、体内の水銀は大気に放出されていく。しかし、気温の低い北極では分解が行われず氷の中に埋まっていく。この研究では、2100年までに永久凍土が30〜99%縮小すると予想されており、有毒な水銀が海中に大量に放出される可能性があるとしている。

13523065 story
ビジネス

アメリカのスタートアップ企業は上場を望まなくなっている 33

ストーリー by hylom
いっぽう日本は上場ゴールを目指した 部門より
taraiok曰く、

以前の米国では、新規公開株(IPO)はスタートアップ企業の目標の一つだった。しかし、最近はスタートアップがIPOを避ける傾向にあるという。全米経済調査局によると、1997年には7500社を超える米国企業が米国に上場していたのに対し、約20年後の2016年にはその数が半分以下の3618社にまで減少しているという(QUARTZSlashdot)。

スタートアップ企業がIPOを嫌うようになった大きな理由の1つに、IPOが企業に必ずしも利益をもたらすものではなくなったという点がある。株式公開のメリットは、資金調達が容易なことだ。しかし、現代の米国は工場など設備投資の必要の少ない「サービスおよび知識ベース」の経済に移行している。2002年には、平均的な企業の研究開発支出が設備投資を初めとする資本支出を上回っており、知識ベースの無形資産の重要度が高まっていることが分かる。

問題はIPOにおける企業内容開示が、無形資産重視の企業には不向きな点だ。米国の証券法では、企業は自分たちの活動を詳細に開示する必要がある。しかし、スタートアップ企業にとっては、情報開示は競合他社に利益をもたらす可能性が含まれる。工場は盗むことはできないがアイデアは簡単に盗まれてしまうためだ。

米国上場企業の会計基準にも問題があるという。GAAPと呼ばれる会計制度は、新規設備資産に対する支出を収益性に影響を与えないものとして扱う。一方で無形資産(研究スタッフ、従業員教育、ブランド構築など)を、企業の収益性を損なうコストとみなす。この結果、公的投資家が企業の価値を評価しにくくなっている。

こうした結果、スタートアップ企業はIPOを避けて資金調達はベンチャーキャピタルに依存するようになってきている。しかし、その結果、一般的なアメリカ人が有望な企業に投資する機会が狭まっているとされる。ベンチャーキャピタルを運用する裕福層のみが有望なスタートアップ企業に投資することが可能になり、米国の富裕格差を悪化させる結果に繋がっているとしている。

13523084 story
スポーツ

大田区の町工場が作った「下町ボブスレー」、性能不足を理由にジャマイカ代表が利用を拒否 235

ストーリー by hylom
そう簡単に先駆者に勝てるものではなかったか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

「大田区の町工場が協力して作った」とのふれこみで注目を集めた「下町ボブスレー」だが、平昌五輪で使用契約を結んでいたジャマイカ女子チームが使用を拒否し、オリンピックでの初滑走をまたもや逃した模様(朝日新聞)。

ジャマイカチームは昨年12月のワールドカップで輸送トラブルで会場に届かなかった「下町ボブスレー」の代わりにラトビア・BTC社製のボブスレーを使用。驚異的に記録が伸びたのを契機に五輪本番でもラトビア製ボブスレーの使用を決めた。

下町ボブスレープロジェクトは2011年に開始され、町工場の高い技術力を示そうと内外のチームにソチ・平昌五輪での使用を目標に提供のオファーを続けてきたが、日本チームには採用されず、ジャマイカチームが初の採用を決め平昌オリンピックで初の使用が見込まれていた。

なお下町ボブスレープロジェクトはジャマイカボブスレー連盟に対して違約金6800万円を求める訴訟を起こす模様。

個人的にはスカイマークエアラインが下町ボブスレーのラッピングジェット機を運行させているのがなんというかタイミングが悪くてかわいそうだと思う。

ジャマイカ女子ボブスレーチームはギリギリまでラトビア製のものと日本製のものを比較していたようだが、最終的にBTC製のものが優れていると判断したようだ(日経新聞)。BTC社はソビエト連邦時代の1980年代からボブスレーを手がけており、多くの国が同社のボブスレーを採用しているという。

13523089 story
ストレージ

2017年末のNICOSカードのシステム障害、15台のHDDで構成されたシステムで3台が同時故障 94

ストーリー by hylom
話は分かるが不思議ではある 部門より

2017年末、三菱UFJニコスのシステムに障害が発生した。これによって一部の会員に対する請求が遅延すると言ったトラブルが発生しているが、この障害の原因がHDD3台の同時故障だったことが明らかになった(日経ITpro三菱UFJニコスの発表PDF)。

使用されていたシステムでは15台のHDDを搭載しており、同時に2台までの故障に対しては自動復旧できるが、3台以上が同時に故障した場合は復旧が難しいという。この故障の影響でデータ処理が大幅に滞留して遅延が発生、この問題の解消の過程で二重請求などのトラブルも発生していたという。

typodupeerror

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

読み込み中...