パスワードを忘れた? アカウント作成
13558486 story
音楽

「音楽アルバム」は過去のものなのか 62

ストーリー by hylom
プログレの大曲はどうなるのだろう 部門より

Appleが、アルバムアートワークやさまざまなインタラクティブコンテンツをiTunes経由でダウンロード販売できる「iTunes LP」サービスを3月をもって終了する。(物理的に販売される)CDアルバムには小冊子などが付属するのが一般的だが、iTunes LPはこれを電子的に補完するサービスと見られていた。

これを受けて、音楽アルバムという媒体は終わるのでは無いかという意見が出ている(Forbes)。記事によると、現在CDアルバムの売り上げは下がり続けており、逆に音楽配信サービス、特に定額型のサービスの利用者は増加している。そのため、一部のアーティストらはアルバムという形でまとめて音楽を発表するのではなく、楽曲ができあがったらいち早く配信でリリースすることを望んでいるという。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2018年03月24日 9時13分 (#3381613)

    ライブ演奏は基本的にアルバム配信じゃないと雰囲気が伝わらないし
    一発屋のヒット曲は仮にアルバムが有っても、ヒット曲だけつまみ食いされてるのだから
    売れるアルバムもあれば、売れないアルバムもある、って話じゃないかと。
    iTunesLPはあくまでもアルバム単位での配信への付加サービスであって
    それが終わるからアルバムが終わるというのは性急すぎるのでは?

    • by shesee (27226) on 2018年03月24日 10時41分 (#3381672) 日記

      ライブは、ライブチケットかリアルタイムライブ映像配信じゃないと売れない。ライブの意味が無い。
      iTunes Storeのアルバム曲の人気メーターを見ると、数曲の人気曲だけが極端に売れている。
      ベスト盤であってもそう。中島みゆきでもそう。

      クラシックなどシャッフル再生できないいくつかのジャンルを除くと、アルバムは確かに終演に向かっている。
      クラシックも名盤以外はあまり売れていなさそう。これもコンサートの敷居がだいぶ低くなった。がんばって会場でCD売っているよね。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2018年03月24日 9時37分 (#3381629)

      「終わる」の定義によるんじゃないかな。

      市場が無くなって売上がゼロになることを指すなら性急すぎるが、
      成長の見込みが無くなることを指すなら既にそうなっているから間違ってはいない。
      アルバムはもう終わっている。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      多様な演奏家を支えるだけのマーケットがない。これが問題なだけ。
      残念ながら現実はアルバム消滅に向かっている。霞食って生きていけるわけじゃないから。

    • by Anonymous Coward

      「ライブ演奏は基本的にアルバム配信じゃないと雰囲気が伝わらないし」
      一曲にまるまるライブ演奏分収録すればいいと思うよ。

      • by Anonymous Coward on 2018年03月25日 0時01分 (#3381993)

        私がファンクラブに入っている方は、新しいアルバムを発売する前にライブでそのアルバム曲だけをその収録順に全部やってくれたことがありました。ライブアルバムではなくアルバムのライブ。
        あとベストアルバムを出す際に、ファンクラブ内で人気曲の投票をやるだけでなくその収録順序を募集したことがありました。
        ライブにはなかなか行けない人、逆にCDアルバムを買う習慣のない人のどちらにもアピールできるうまい方法だなぁと関心したことあります。

        別の大御所バンドな方は、ライブ会場の入り口付近に当日演奏して欲しい曲の投票コーナーがあり、ライブ中に一番人気だった曲を演奏してくれます。
        また、ライブ中のMC(MCが長いので有名!)だけを収録したMCCDなるものをアルバムのおまけとしてつけてくれたことがあります。

        業界もそれなりに苦労というか、工夫しているようですけどねぇ。。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        その場合、やっぱりキューシートは付けて欲しいかな。
        シークバーで再生位置を選ばなきゃいけないのはただの劣化だと思う。

      • by Anonymous Coward

        売価も1曲扱いになったりして。

  • 基本的に楽曲の有料配信は止めて物理的なCDの販売が基本になりました。
    理由を意訳すると「お前らがCDしか買わないから」とのこと。
    もちろんCDを購入してもライブやイベントの優先予約券も握手券もありません。

    インディーズの今の体制になってからは広告は一切出しておらず、CD発売に合わせたインタビューも基本的に行っていませんが
    レコード会社に所属して広告打ってもらってTVにもガシガシ出て雑誌のインタビューもたくさん行っていた頃より、今の方が収入は多いそうです。
    売上枚数は不明ですが、多分にほとんど変わってないと思われます。

    確かに特殊例ではありますが、殆どのミュージシャンもライブの物販ではCDはよく売れるのですから、工夫次第でまだまだ売れる余地はあると思います。
    なので、少なくとも日本では過去の物というにはまだ早いかと。

    • ちゃんと名前出してやれよ>日本で最初に楽曲のネットによる有料配信を始めたミュージシャン。
      # P-MODELだっけ?

      なんて言うか、今迄みたいに何十万枚・何百万枚もCDやレコードが売れる、という状況が異常だった、という見方もありそうな気が。

      ライブでCDが売れるのって、そのミュージシャンと心理的に距離が近くなったから財布の紐が緩んだ結果だよね。
      そんな風に愛されていれば、ミュージシャンでも食っていけるってことじゃないかな。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        映画館で映画のパンフレットを買い、美術館で展覧会の図録を買い、ライブでミュージシャンのCDを買う。
        財布の紐が緩むと言うより自分の場合ルーチン化している気がする……

      • by Anonymous Coward

        誰それ?と言われる楽しみを平沢に与えないため、あえて名前は出しませんでした。
        また、マイナー音楽家あらためステルスメジャーミュージシャンですから、こんな場で名前を出したりしたらかえって失礼でしょう。

        #P-MODELの音楽産業廃棄物〜P-MODEL OR DIEです。
        #あのときは外と協力してやってましたが、それ以降は自前(自分と永く一緒にやってるスタジオエンジニアと、多分にF-AMIGA人脈)で通販と配信サイトを立ち上げて今に至ります。
        #PayPalのおかげでクレジット決済ができるようになって、海外からの注文が入るようになったとのこと。

        • 取り組みが早くて、二周くらい回って現在に至る、って感じだね。

          結局、音楽産業って、ミュージシャン以外の部分に金がかかりすぎてて、それが楽曲制作に負担をかけてるって面もありそうな話だよね。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            取り組みが早くて、二周くらい回って現在に至る、って感じだね。

            アメリカはアナログ売り上げが好調らしい [engadget.com]ので、商売の仕方次第かなと。

            • 商売の仕方次第、ってのはその通り。

              でも、レコードが好調って言っても、物理メディア全体の売上が落ちてる中での「好調」なので、
              商売が上手く行っているのかどうか、もう少し分析が必要なんじゃない?

              全体で見ると、ストリーミングっていう、所有しない形態が伸びてるよね。
              これって、音楽を軽く聞き流すユーザが利用してる感じ?
              音楽を所有する形態では、ダウンロードが減って、物理メディアを所有するようになっている。
              これらのユーザが、ミュージシャンへの愛が強い層なんじゃなかろうか。
              当たり前のことだけど、この層をどう発掘して訴求していくか、ってことかなあ。

              親コメント
          • by Anonymous Coward

            コミックもそうだけど、ミュージシャンはヒモみたいなのも養ってるようなものだし。
            芸能事務所を移籍しようとすると全力で潰そうとしたりとか、本人たちの収入以外に持ってかれてる分が相当あると思う。

        • by Anonymous Coward

          読み手には失礼じゃないのかよ
          平沢のファンにはなぜかこういうバカが目立つんだよね
          それで平沢の収入が安定してるのかもしれんな

          • by Anonymous Coward

            そのへんAKB商法と似ているね
            平沢や秋元がバカかどうかはわからないが、バカの心をくすぐって商売するという点では似たようなものだ
            あらゆる商売にはそういう点は多少はあるのだろうが、程度問題なんだよ

          • by Anonymous Coward

            (そんな名前の知られていないミュージシャンの名前を出しても)読んでる人に失礼でしょう、という意味で書いたのですが、
            そこまできちんと書かないと伝わらないような内容でしたっけ?

            • by Anonymous Coward

              うろ覚え、たとえば巻上公一とごっちゃになっていた人などには無用なストレスを与えます
              情報提供をするなら正確に

        • by Anonymous Coward

          誰ですかそれ。

    • by Anonymous Coward

      それは、彼が長年に渡って信者を増やす布教活動を続けてきたからに他ならない。
      短期で投資を回収する今風のビジネススタイルでは到底無理。

  • アルバム全体をひとつの作品としてみるならプレイリストも重要な要素だと思いますが、しかしプレイリスト自体がコンテンツとして成立しうるかどうかとなると非常に難しい。
    ”この選曲と曲順は俺のもの!”は、ありえるのかな。

    でも、DJ屋ってそれで食ってんだよねぇ?

    • 音楽コンテンツ作成もそうなるかもしれないけど、プレイリスト作成なら特にAIかそれ以前のアルゴリズムで生成したものでもイケるかも。

      Hey Siri 春っぽい曲掛けてとか?
      ♯Siri使ったことないけど

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        そんなものずいぶん前からWalkmanについてるよ。

        • by Anonymous Coward

          再生アプリに似た曲プレイリスト再生は昔から普通にあるよな
          でもここではそれとは違うやつの話じゃね?

        • by Anonymous Coward

          音質でiPodより優れる(開発者談)Walkmanの悲哀

      • by Anonymous Coward

        拓郎の青春の詩がながれるんだけど。
        春っぽいかな?

    • by Anonymous Coward

      『 この食材とあの食材をこういう順番で調理すると美味しい! 』

      シェフはそれで食ってるけどレシピには著作権がないよな。有名シェフになればレシピ本を出してコンテンツとして成立するが。

  • by Anonymous Coward on 2018年03月24日 9時53分 (#3381645)

    最初から厚い本はいくら薄くても売れないのにアルバムが売れるわけないんだよな

  • by Anonymous Coward on 2018年03月24日 11時25分 (#3381693)

    数年前から欧州でLPが増産、日本でもレコードの生産量は増加、ターンテーブルじゃないアナログプレイヤーもUSB対応のものが発売されているし。
    LP派、CD派にとっては物理的に欲しい、聴くのはシリコンプレイヤーでもストレージに余裕がある今なら圧縮無しで取り込みたい、配信はサービス終了したらそこで終わり、ジャケットを部屋に飾りたいって需要があるんじゃなかろうか。

    • by Anonymous Coward

      CDだって物理的に壊れたり無くしたりしたらそこで終わりじゃん。
      CDはまだかさばらないからいいけど、本はもう全部Kindleにしてくれって思うよ。

      • by Anonymous Coward

        まぁCDにはたとえ絶版してても中古流通やネットオークションがあるから、配信終了よかマシだがね
        もう年取ってきたんで、入手できなくなったらなったでしゃあないとしか思わなくなってきた
        どうせ部屋に積んである本やCD、HDDに眠るデータだって、半分以上はもう死ぬまでアクセスしないだろうしな

    • by Anonymous Coward

      そういう意味じゃなくて、一連の曲をまとめてタイトルつけることをしなくなる(できなくなる)という話。
      ダウンロード販売だとアルバムは一曲当たりは安いけどトータルはシングルになってる一曲買うよりかなり高い。
      皆シングル一曲しか買わないから、作るのが大変なだけで売れないアルバムは止めるアーティストが多いんだって。

      • by Anonymous Coward

        シングルカットされるような聞き易い曲より、アルバムに入ってるアクの強い曲の方を好む傾向がある自分としては、
        アルバムが作られなくなると自分好みの曲が出てきづらくなるかもしれないとションボリ。

    • by Anonymous Coward

      > 配信はサービス終了したらそこで終わり

      音楽のダウンロード販売は配信に食われてCDよりも先に「終わった」ようなので、世間はそんなことに価値を見出していないのでしょう。

  • by Anonymous Coward on 2018年03月24日 17時31分 (#3381847)

    安さに釣られて輸入盤をよく購入するのだが
    ブックレットに歌詞が書いてなくてアルバムワークの延長上の絵しか書いてない事が多いし
    外人からしたらデジタルでよくね?ってなるのもわからなくもない
    その歌詞もわざわざ書き移さなくてもググれば大体出てくるしね

  • by Anonymous Coward on 2018年03月24日 20時29分 (#3381896)

    1曲が4〜5分、10数曲で1時間前後って制約なくなるのはいいね。

  • by Anonymous Coward on 2018年03月24日 21時14分 (#3381916)

    数曲だけでいい場合が多かった。
    ベストアルバムはまだましなんだけど、長続きするアーティストだと何枚もベスト出して重複する曲も出てくるのが…
    シングルは歌なしとかアレンジとかいらない。

typodupeerror

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

読み込み中...