パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのRSSを取り込んでみよう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年4月18日の記事一覧(全12件)
13577540 story
アメリカ合衆国

訃報:ハートマン軍曹を演じた俳優、R・リー・アーメイ 17

ストーリー by hylom
さようなら鬼軍曹 部門より
KAMUI曰く、

元アメリカ軍人で俳優のR.リー・アーメイ氏が4月15日に亡くなった。74歳(GIGAZINE)。

米軍の海兵隊に入隊して、ベトナム戦争にも派兵された経歴を持ち、除隊後に演劇などを学んで俳優に転じた。スタンリー・キューブリック監督の1987年の映画「フルメタル・ジャケット」でのハートマン軍曹は知られているが、ほかにもテレビや映画で活躍。近年は「トイ・ストーリー」シリーズで声優も務めていた。

13577542 story
変なモノ

レンズで太陽光を集めて絵を描くアーティスト 38

ストーリー by hylom
この方法があったか 部門より

レンズで太陽光を集め、木の板を焦がして絵を描くという技法があるそうだ(GIGAZINEOddityCentral)。

この手法を用いるMichael Papadakis氏は、フレネルレンズを使って太陽光を集め絵を描く手法を5年ほど前から始めて技術を習得、現在では人物画や看板などを描いているようだ。

13577544 story
アメリカ合衆国

米ペンシルバニア州の学校で発砲事件対策としてミニバットが導入される 95

ストーリー by hylom
気付かれずに接近できれば強いけど 部門より

米国の学校では銃乱射事件がたびたび発生しているが、米ペンシルバニア州エリー市で対策として教員に対し「ミニチュアバット」を配給することを決めたという(CNN)。

このバットは長さ16インチ(約41センチ)で、、普段は教室内の施錠した場所に保管しておき、不測の事態が発生したときに使用するという。

13578228 story
娯楽

JOYSOUND、「鉄道カラオケ」に続き「飛行機カラオケ」を配信 20

ストーリー by hylom
航空マニアは鉄道マニアより奥深そうである 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

カラオケの「JOYSOUND」ブランドを展開するエクシングが、旅客機の乗務員を体験できるカラオケを配信する(朝日新聞)。

同社は2016年に鉄道のアナウンスを体験できる「鉄道カラオケ」を配信しているが、これが好評だったため今度は「飛行機カラオケ」を開発したらしい。ジェットスター・ジャパンと協力して操縦士や客室乗務員を撮影、搭乗開始案内や操縦士の挨拶等、7種類のカラオケ映像にしたそうだ。

皆様の中に鉄道カラオケをした方はいるだろうか。どんな職業やアナウンスのカラオケをしてみたいだろうか。

13578238 story
音楽

対応プレーヤーで再生するとハイレゾになるCD「ハイレゾCD」 40

ストーリー by hylom
色々考えますね 部門より

ユニバーサルミュージックが「ハイレゾCD」なる新たなCDを発売する(AV Watch)。

量子化ビット数やサンプリング周波数として16ビット/44.1kHzを超えるデジタルオーディオが「ハイレゾ」と呼ばれるが、このハイレゾCDはそれぞれ16ビット/44.1kHzで記録されているのが特徴。サンプリング周波数44.1kHzでは記録できない高周波信号をエンコードして「耳に聞こえないレベルのノイズ信号」内に記録することで、一般的なCDプレーヤーでは通常のCDのように再生でき、対応プレーヤーではハイレゾ音源のように再生できるという。

この技術は「MQA」という名称で、音楽配信などですでに採用されているという。音楽CDに特化した技術ではないため、リッピングしたファイルも対応プレーヤーではハイレゾ再生ができるようだ。

13578263 story
ビジネス

ソフトバンクグループで租税回避地を使った租税回避が発覚 51

ストーリー by hylom
米大手企業はどこも租税回避をやってるのかな 部門より

ソフトバンクグループが租税回避地を利用した租税回避を行なっていたことが東京国税局の税務調査で発覚した(朝日新聞日経新聞東京新聞)。

問題とされたのはソフトバンクが2013年に買収した米Sprintや、2014年に買収した米携帯端末卸し売り大手ブライトスターがそれぞれ租税回避地であるバミューダ諸島に設立していた子会社など。両者はこの子会社に利益を移転することで一部の税支払いを軽減していたようだ。

また、これ以外にも経理ミスなどがあり、申告漏れは総額約939億円となったという。これら子会社はソフトバンクによる買収以前から使われており、またスプリントやブライトスターには多数の子会社があることからソフトバンクは適切にこれらを認識できていなかったと釈明。このことから意図的な税逃れではないとの判断で重加算税は適用されず、また過去のソフトバンクグループの赤字と相殺されたために追徴税額は約37億円にとどまったようだ。

13578268 story
スラッシュバック

アナログレコードを高音質化するHD Vinyl、商品化に一歩近づく 29

ストーリー by hylom
最新アナログ技術 部門より
headless 曰く、

従来のアナログレコードと比べて長時間収録や高音質化が可能という「HD Vinyl」を開発したオーストラリアのRebeat Innovationが480万ドルの資金調達に成功し、商品化実現に一歩近づいたようだ(PitchforkThe VergeSlashGear)。

従来のアナログレコードはラッカー盤をカッティングした原盤から金属メッキと剥離による反転を繰り返し、ファザー→マザー→スタンパーの順に作成してスタンパーをプレスに用いる。DMM方式では直接金属盤をカッティングした原盤がマザーとなるため、金属メッキの工程はスタンパー作成時の1回のみとなる。

これに対してHD Vinylはマスター音源から溝の3Dモデルを作成し、セラミック盤にレーザーカッティングしたものをそのままスタンパーとして使用する。3Dモデル作成時点で溝の間隔を最適化することで従来のアナログレコードと比べて30%広いスペースが確保できるといい、既存のレコードプレイヤーとの互換性を維持しつつ収録時間を長くしたり、ダイナミックレンジを広げたりすることが可能だ。

また、カッティング時と再生時の針の角度が異なる従来のアナログレコードとは異なり、再生時の針の角度に合わせて溝を最適化することで音質も向上する。金属メッキの過程が不要なので有害廃棄物の排出を削減でき、セラミック盤をスタンパーに使用することでプレスを繰り返した時の劣化もないとのこと。

現在、Rebeat Innovationは60万ドルの大型レーザーシステムを発注しており、10月に米国・デトロイトで開催されるMaking Vinyl 2018にテストスタンパーを出品する計画だという。その後8か月かけて微調整を行い、2019年夏には最初のHD Vinyl盤が店頭に並ぶことを目指しているそうだ。

13578270 story
日本

経産省、基幹送電線の50%を予備として空けておくルールを見直しへ 53

ストーリー by hylom
冗長性はどれだけ取るべきか 部門より

経済産業省が送配電網の利用ルールを見直す方針を決定した。今までは送電線容量の50%を予備として確保しておくルールだったが、今後条件付きでこの予備部分の容量を利用できるように変更するという(SankeiBiz産経新聞日経新聞)。

送電網については、基幹送電線の利用率が低いにも関わらず、発電事業者が送電線に空き容量がないとして送電を断られる、もしくは送電線の増強費用を求められるといった問題が指摘されていた(東京新聞の1月31日付け記事)。送電線のうち一部を緊急時用に確保していたため、その容量の一部しか利用していなかったのが理由(資源エネルギー庁による解説。今回の見直しでは、予備として確保しておいた空き容量について、緊急時に利用を停止・制御できることを条件として再生可能エネルギー事業者などに利用を認める。

13578274 story
JAXA

JAXA、2019年春にも再使用型ロケット実験を再開へ。2020年代中の実用化を目指す 13

ストーリー by hylom
日本も続けるか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

JAXAが再使用型ロケットの実験を再開するそうだ。早ければ2019年春にも秋田県で実施、2020年代の実用化を目指すとのこと(日刊工業新聞日本経済新聞)。

JAXAでは90年代から再使用型のロケットを研究していたが、2008年を最後に実際に発射を伴う実験は予算が途切れていた。それでもJAXA/三菱重工では、エンジンの燃焼実験などでロケットの主要部材は繰り返し使用ができる結果をえるなど、地道に実験をしている。その後、2013年にはビジョンが発表され最新の宇宙基本計画にも「再使用型宇宙輸送システムの研究開発を推進する」などと記載されていた。しばらくは文章だけで具体的な動きがなかったが、予算が付いて実験を行うことになったようだ。

日本が停滞している間に国外ではSpaceXが安定的に一段目を再使用する技術を獲得しEUのアリアンも新しい再使用型の構想を出すなどしていた。スラドでも、過去何度も 話題になっているが、かなり厳しいコメントも多かった。一方で、再使用型はコストが高くなるという結果を生み出し世界的に再使用型の計画が消えたスペースシャトル後から、SpaceXがFalcon 9で再使用型で安く打ち上げる方法を示して時代もJAXAの計画も変わっている。

果たして上手くいくだろうか。

13578370 story
電力

安価な褐炭をオーストラリアで水素化して輸入する計画、2020年前後に試験へ 40

ストーリー by hylom
意外と現実的なスケジュール 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

オーストラリアの安価な褐炭で製造した水素を、日本に輸送するという計画があるそうだ(スマートジャパン日刊工業新聞)。

褐炭は水分や富寿雲物を多く含む石炭で、エネルギー効率が悪い上に乾燥すると自然発火や爆発するするおそれがあるため保管・輸送がしにくく、そのため使い道が限られていて安価だという。今回の計画は、褐炭を採掘した現地で水素化し、液化して日本に輸送するというもの。2020~2021年に水素製造と輸送試験を行う予定だそうだ。

このアイデアは昨年8月にも話題になっていた

13578378 story
ストレージ

HGSTの「瓦記録方式HDD」、文部科学大臣賞を受賞 38

ストーリー by hylom
HGSTは会社としても残っていたのか 部門より

Western Digital傘下・HGSTジャパンのエンジニアらが「IoT活用社会を支える瓦記録方式を用いたHDDの開発」で文部科学大臣表彰の科学技術賞開発部門を受賞した(PC Watchプレスリリース文部科学省の発表)。

瓦記録方式はSMR(シングル磁気記録)とも呼ばれる技術で、HGSTは2015年にこの技術を搭載した容量10TBのHDD製品を出荷開始している(PC Watch過去記事)。これはデータ記録トラックの一部を瓦のように重ねて配置するというもので、記録容量を飛躍的に増やすことができる。

文部科学大臣表彰の受賞者一覧は文部科学省のWebサイトに掲載されているが、開発部門では29のチームが、研究部門では43のチームが受賞している。

13578487 story
ビジネス

人月商売をやっている企業を「IT業界」の企業として扱うなという提言 144

ストーリー by hylom
まあ派遣会社ですよね 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

日経xTECHの記事「日本のIT業界の失われた50年、人月商売清算の日は近い」にて、評判が落ちきったIT業界の評判改善策として、人売りと揶揄される「人月商売のベンダー」をIT業界に含めるなという主張が紹介されている。

発端は著者が本棚から発掘した「ソフト技術者の反乱 情報革命の戦士たち」(下田博次著、日本経済新聞社刊、1983年)に書かれている長時間労働など劣悪な労働環境や若者を次々使い捨てる業界体質が今もなお全く改善されていないこと、その背景として日本企業が家電や自動車など1970~1980年代のハードウェア分野での成功体験から当時からのやり方(特にカイゼンやQC活動の類いを指していると思われる)から方向転換できなかったこと、インターネットの普及に連れて日本のIT企業が行き詰まっていく経過や、CSKの一応の成功を見習う形で人月ビジネスが日本のIT業界を席巻して労働集約型産業になっていった歴史を「日本のIT業界の失われていく50年」として解説している。

その上で、「旧IT業界」は2010年代までは好景気による特需で生き長らえるが2020年代には自滅するという見込みや、クラウドやIoTの普及や発展に伴い登場した新しい形のIT企業が、IT業界の余りの評判の悪さに人材確保に苦しんでいること、「IT業界のイメージが悪くなるので、お願いですから古くさいITベンダーをIT業界の企業として扱わないでくださいよ」とも言われたというエピソードなどが紹介されている。

typodupeerror

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

読み込み中...