パスワードを忘れた? アカウント作成
13735297 story
医療

インフルエンザ・パンデミックから100年、再びパンデミックが起こる可能性は? 31

ストーリー by hylom
おそろしい 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

今から100年前の1918年10月には、インフルエンザのパンデミック(いわゆるスペインかぜ)が発生した。死者は1日100人を超え、疾病対策予防センター(CDC)によると世界人口の約3分の1である約5億人がインフルエンザに感染したという。こういったパンデミックが再び発生する可能性はあるのだろうか(USA TODAYNBC NEWSSlashdot)。

世界保健機関(WHO)、科学アカデミー、疾病CDCなどのトップヘルスおよび科学グループによると、インフルエンザのパンデミックが再発する可能性は非常に低いという。理由としては現代ではアウトブレイク検出システムや優れた抗ウイルス薬、ワクチンの開発能力などがあるためだという。

いっぽう、警告する意見もある。インフルエンザは根絶できず、大都市で新型でかつ致命的、そして感染力が強力なインフルエンザウイルスが発生した場合、最悪のシナリオでは公衆衛生当局が対策を行うする前に広がり、旅行者を通じて世界に広がる可能性がある。そのため、生後6か月以上の人は予防接種を受けるべきだという意見もある。

なお、日本国内では今年は例年より早くインフルエンザが流行しているようだ(CBnewsBusiness Journal)。

  • インフルエンザの前に、SARSやMERSもあったし、エボラやラッサも出ては沈む。
    結局、自分は罹っていないという、正常化バイアスな人が移動すれば拡大するし、ちょっとの心配で頻回に医療機関に行けばそこで今罹患してい無い伝染病を持ち帰る。
    全粒子インフルエンザワクチンを接種すると液性免疫以外に細胞性免疫もある程度、賦活化される。しかし、発熱や過剰な免疫反応に伴う自己免疫性神経炎(ギランバレーやベル麻痺)をきたしやすく、善意と共感の声が、インフルエンザワクチンの摂取だけではなく、麻疹や風疹も含めた、ワクチンフォビアを招いた。
    注射を避ける経鼻 [jst.go.jp]は接種部位の炎症が、脳の近く、脳神経の表層で起きる。炎症が免疫の呼び水なので、炎症を経ずに免疫を得ることはままならない。
    そうすると反感や悪意を招かない、スプリットワクチンとノイラミダーゼ阻害剤が精々になる。日本は皆保険で回している。スプリットワクチンを高齢者に定期接種するようになり日本では国レベルでは超過死亡は2017-18 [mhlw.go.jp]冬季なかった。
    CNN [cnn.com]はCDCが1976年以来、最高の8万人台の死者数を数えたとしているが、日米の差を産むのは、皆保険か、タミフルなどの使用量になる。一方、皆保険の豪州も2017年6月以降の死者が多かったので、残りは人種差でなければ、タミフルなどの過剰処方になってしまう。
    日本が心配すべきは耐性インフルエンザウイルス。あと医療を含むインフラに公費をつぎ込み生産性を下げ、費用対効果を度外視して、善意と共感によって、国力が失われていくことを看過している正常化バイアス。
    ここに返信
    • CDCの2017-18年季節性インフルエンザ振り返り [cdc.gov]
      1億5千万人分のワクチンを出荷155.3 million doses of flu vaccine
      日本の出荷数は千万本なので絶対数で十分の一、人口を加味すると30分の1しかワクチンが出回っていないので、こういうところからもスプリットワクチンが弱いのか?米国の医療体制が間違っているのか?解らなくなる。
      インフルエンザ関連入院が米国で71万症例あった。そのほかに流感によって心不全の増悪や心筋梗塞などの併発があって亡くなる例もあるが、日本人の方がアングロサクソンよりも虚血性心疾患が遥かに少ないので関連死も減るというなら、人種差で理解できるが。
    • by Anonymous Coward

      確かにその通りだと思います。
      ただ、SARSはエピデミック、MERSはエンデミック止まりでパンデミックには至っていません。
      国内で大流行、もしくはいくつかの国でというのは十分あり得るでしょうけど、何十もの国で同時多発的に大流行が発生するという可能性は低いというのがWHOの認識だとは思います。
      もっとも、鳥インフルエンザが変異して、ズーノーシスになったりしたら話は変わって来るとは思います。

  • by nemui4 (20313) on 2018年10月04日 9時34分 (#3491678) 日記

    昨日の朝のニュースで見てたけど、けっこう流行ってるらしいですね。

    風疹流行続き、患者累計770人…5都県に妊婦への対策要望
    https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181003-OYTET50000/ [yomiuri.co.jp]

     国立感染症研究所によると、9月23日までの1週間で新たに104人の風疹患者が報告され、今年の累計は770人に達した。

    大人だと感染しても症状が軽いと自覚しないまま人混みにでかけてばらまく可能性はありますね。
    インフルエンザで高熱が出てたら流石におとなしくせざるを得ないけど。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      予防接種の値段がまちまちなんだよね。

      うちに老人がいるのでインフルエンザ予防接種しておこうかなと思うのだが、4000円ほどかかる。
      ちなみに老人には市から補助がでて無料。
      風疹は、同じく補助が出て妊娠を考えている女性とその夫は無料。普通の人は補助なしで6000円以上。
      あと、私自身も50歳を超えたので帯状疱疹の水疱瘡ワクチンを受けようかなと考えて調べたら8000円以上。
      水疱瘡ワクチンなんて子供向けに大量生産していると思うから安くても良いと思うのに。

      • by Anonymous Coward

        間違えた。
        無料ではない2500円だ。

      • by Anonymous Coward

        結婚して子供の話が出てきたので、こないだ風疹予防接種行ってきました。
        30代後半の予防接種一回世代の男性ですが、この年代も8割の人は抗体を持っているはずなのに、自分は抗体ほぼ0。自費で1万円弱のMRワクチンを接種しました。

        うちの区はケチで、妊娠を考えている女性の夫でも、抗体検査は無料、ワクチンは補助なしでした(女性はワクチンも無料)。
        しかも、自分で病院で抗体検査を行って、結果を見てからワクチン接種ということで、社会人には手間もかかります。

        本当に流行を抑えたいなら、希望者は役所で即日ワクチン無料接種ぐらいやればいいのに(嘆

        • by nemui4 (20313) on 2018年10月04日 11時00分 (#3491739) 日記

          ワクチン接種に1万円はちょっと高いと思ってしまう。
          将来子供への悪影響を無くせるかもしれないならそれくらい負担しろよとか言われると仕方ないけど。

          数年前に帯状疱疹やりましたが、思ってたよりも痛くて辛かったっけ。
          確か熱はそんなに出なくて、でも見た目も痛みもひどくてけっこう長引いて不安になってた。

  • by manmos (29892) on 2018年10月04日 13時51分 (#3491821) 日記

    去年くらいからそろそろと言われていたゾフルーザが日本でも今年から処方されます。

    幼児から飲めるし、一回飲むだけなので、耐性ウイルスが出てきにくい。

    まあ、処方例がまだ少なくて、すべて既存薬より良いかどうかの100%の保証はありませんが新しい物好きであろうスラド民にはぴったり。

    ちょっとした風邪だからと思わずちゃんと診断するってのが一番良いことです。

    私は今年の冬に、ちょっとした風邪だけどインフルエンザで「ない」ことの確認、と医者に行ったらA型でした。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年10月04日 11時07分 (#3491743)

    あまりないだろうけど、滅亡に備えてこのビデオを見ておくべき。

    https://youtu.be/ioPdIFO5tc4?t=2m50s [youtu.be]

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年10月04日 7時47分 (#3491621)

    ワクチン接種する意味あるのか?型違って効果ないのに

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      第1波は尊い犠牲になってもらうしかないけど、すぐにワクチンが開発ができれば拡大は防げるだろ?

    • by Anonymous Coward

      巨大産業だからね。意味があるということにしておかないといけない。

  • by Anonymous Coward on 2018年10月04日 7時48分 (#3491622)

    なにか言いたそうにこっちを見ている。

    ここに返信
    • H7N9 [mhlw.go.jp]は2016-17シーズンまで中国で人的被害を出していた。家禽へのH5+H7ワクチン接種 [sciencedaily.com]を共産党政権が実施した後の2017-18シーズンではヒトのH7N9は一桁で収まっているというが、一方でH7N9も鳥類に対しては低病原性であったのが高病原性になるなど、変異を重ねているという。
      H7N9は Siaα2,6Gal (ヒト)α2,3Gal(鳥類)のいずれの上皮受容体に結合する。しかし、H7N9のヘムアグルチニンはT細胞受容体への結合が弱く、抗原提示が出来ず、液性免疫を獲得できるのは1割の被検者に留まったという報告 [nih.gov]がある。2017-18シーズンの中国での流行は抑制されたが将来に向けてH5N1からプレパンデミックワクチンの備蓄をH7N9 [jiji.com]へ日本政府は切り替えることを決めているが、アジュバントワクチン [osaka-u.ac.jp]でないと効果が乏しい懸念がある。
    • by Anonymous Coward on 2018年10月04日 9時53分 (#3491697)

      小松左京の「復活の日」が先進的だったのは、第一波のウィルス感染で鶏が全滅に近い被害を受け、ワクチンを製造するのに必要な鶏卵が用意できなかったというくだり。

      • by Anonymous Coward

        卵アレルギーある人はワクチンは投与できないのなんとかならないのかな。復活の日上梓から半世紀以上経ってるのに。

      • by Anonymous Coward

        今あれを書くなら、オチは(ネタバレ削除)ではなくてメルトダウンかな。
        ほっときゃ勝手にそうなるだろうし。

        • by Anonymous Coward

          トランプ大統領が出てきたときは、先見性に舌を巻いた。
          「復活の日」はトランプの次の代の大統領のときが舞台だな。

  • by Anonymous Coward on 2018年10月04日 7時56分 (#3491625)

    日本では、以前に豚さんで空騒ぎになったからな~
    あれ覚えてる人は鳥さんが来ても対応遅れるかも

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年10月04日 9時40分 (#3491685)

    いくら人間が対策を積み上げても、インフルエンザがそれを上回る可能性を否定できるもんじゃない。
    インフルエンザに注視してるわきでエボラが空気感染力を獲得するかもしれないしな。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年10月04日 9時42分 (#3491687)

    ただ、同じような被害になるかと言えば違うと思う

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      毎年流行するせいでワクチンを受けず、被害が拡大する可能性もありますね。

  • by Anonymous Coward on 2018年10月04日 11時40分 (#3491761)

    インフルエンザにかかってそうな人は帰社させ病院に強制連行させ医師が完治だと
    判断するまでは自宅で隔離するのを経営者に対する罰則付で義務化してほしい。
    だいたい被害が広がるのは無理して出社したり、ただの風邪だと勝手に思い込む奴が
    ウイルスをばらまくのがいけないんだから。

    てか普通の風邪でもとっとと休めよ、周りが迷惑なんだから。

    ここに返信
  • by Seth (1176) on 2018年10月04日 12時36分 (#3491785) 日記

    https://www.forth.go.jp/useful/malaria.html [forth.go.jp]

     するーカしないで(走召糸色木亥火暴)

    --
    ------------------------------ "castigat ridendo mores"
    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      このアドレスを見るとつい逆ポーランドのアレを期待してしまう。

typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...