パスワードを忘れた? アカウント作成
13747140 story
医療

ジェネリック医薬品が選ばれない理由は安全性や効果などを患者が疑っているから 128

ストーリー by hylom
本当に効果が違うなら審査制度を改める必要があるだろうけど 部門より

先行品よりも価格が安く、医療費削減のために積極的な利用が推進されているジェネリック医薬品だが、山梨県ではその利用率が低迷しているという。同県がその対策のため調査を行なったところ、ジェネリック医薬品が使われない理由として「患者が新薬を希望するから」との回答が医師や薬剤師から得られたそうだ(読売新聞)。また、患者や保護者への調査ではジェネリックを利用したくない理由として「安全性が心配」(76.9%)、「効果が心配」(46.2%)といった回答が多かったという。

山梨県では15歳(一部は18歳)までの子供の医療費が無料化されているが、そのため先発品を使いたいと考えているというのもある模様。山梨県のジェネリック医薬品の処方率は64.0%で、全国ワースト2位だそうだ。

ジェネリック医薬品について懐疑的な声はネットにもあり、この記事に対するはてなブックマークコメントでもジェネリック医薬品は有効成分は同じでも添加物等が異なるから先発品と完全に同じではない、実際に効きが悪いと感じたから使いたくないという意見や、ジェネリック医薬品は安全性に対し疑問があるという意見なども出ている。安全性や効果などに対し懐疑的な傾向は山梨県だけの話ではないようだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 消費者心理的(?)には正しそう。
    医療費負担が無料あるいは減額されている場合はジェネリック医薬品を優先的に支給すべき。
    とか言う条例か法律でもない限りそうなっちゃいますね。

    山梨県では15歳(一部は18歳)までの子供の医療費が無料化されているが、そのため先発品を使いたいと考えているというのもある模様。山梨県のジェネリック医薬品の処方率は64.0%で、全国ワースト2位だそうだ。

    • 「共有地の悲劇」だな。
      非ジェネリックを選ぶなら、差額は自腹とかにしたほうが。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 16時10分 (#3500083)

      障害者にはすでに原則ジェネリックを使うよう、医療機関にお達しが出ていたりします。
      強制ではないのでどの程度効果があるかはわかりませんが。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        識別は手帳の有無?

        • by Anonymous Coward

          医療費の助成制度を利用しているか否かだと思います。

    • by Anonymous Coward
      条例はともかく法律にするのは良くないね
      無料化分は国庫負担から減額されて自治体負担になる制度なんだから
      余計お金がかかっても良い薬を使って欲しいというのが自治体議会の意思なら
      それを尊重するべきでしょ
      • by Anonymous Coward

        「良い」ってのが誤りだろってのがもともとじゃないのか
        「いいと思うから」っていうならアロマテラピーでもEM菌でも金出すんかというところですよね

  • ジェネリック言われ始めた初期の頃、調剤薬局窓口で勧められてジェネリックに変えたところ主治医から「今後は認めん」とされてしまいました。
    主治医曰く「主成分は同じでも他の成分まで同じではなく先行薬と同じとは認められない」とのこと。雑誌等の切り抜きも見せられた。
    最近も同じ調剤薬局でジェネリック勧められましたが、「医師を説得してくれたら」と返事しています。
    もちろん処方箋のジェネリックの可否欄に医師の書名捺印で不可の意思表示されています。

    費用負担的には全てジェネリックにしたいのですけどね。年々薬価が下がっているとは言え他の家人の二倍以上払っているわけですから。

    • by Anonymous Coward

      ジェネリック言われ始めた初期の頃、調剤薬局窓口で勧められてジェネリックに変えたところ主治医から「今後は認めん」とされてしまいました。主治医曰く「主成分は同じでも他の成分まで同じではなく先行薬と同じとは認められない」とのこと。雑誌等の切り抜きも見せられた。

      モノはなんですか?

      後発薬を目の敵にするお医者はいますな。自らの経験から効きが違うのが理由の人もいれば、MRに洗脳されちゃってんじゃないの的な人も。雑誌等の切り抜きなんかを出して来る所を見ると、まあ、後者なんじゃないかと。

  • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 15時05分 (#3500030)

    親が使ってた塗り薬を一時期ジェネリックに切り替えたんだけど結局元に戻した。
    薬効成分は同じなのかもしれないけど、塗ったときののびがわるかったりで均一に塗りづらかった。
    あと容器も持ちづらかったりでいまいち。
    薬剤師に言ったら使い勝手が問題で戻す人はそれなりにいるとのこと。
    値段も安くなるとのことで本人も積極的だったんですが、残念なケースだった。

  • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 15時13分 (#3500036)

    気管支喘息のホクナリンテープはジェネリックと明らかに違う血中濃度の挙動を示していたはず。
    ジェネリック側は”差が無い”って言い張っているけど、それを示す証拠は出さないんだよね。
    研究開発に費用を使わないなら、せめて市販後調査の費用をケチるなよ。

    • by Anonymous Coward

      気管支喘息のホクナリンテープはジェネリックと明らかに違う血中濃度の挙動を示していたはず。
      ジェネリック側は”差が無い”って言い張っているけど、それを示す証拠は出さないんだよね。

      ふーむ。

      東和のものしか見てないけど、添付文書 [towayakuhin.co.jp]に生物学的同等性試験のグラフは出ているよ。というか、添付文書には薬物動態や生物学的同等性試験の記述があるものだと思ってたけど。

      そのトンデモないゾロ・メーカーはどこ?

  • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 15時35分 (#3500056)

    ジェネリックは粗悪品が多く、期待する有効成分すら規定量が含有されていない場合もあるとの事。

    開発し販路を切り開く先行メーカは効果がないとブランドを棄損するため、品質は非常に高いが
    多くのジェネリックメーカは「儲けられればラッキー」「ブランドタダ乗り」で作っているのが透けて見えるそうな。。。

    特にジェネリックは安価で簡単に製造へ参入できるのがウリなので、手続きや品質担保の規制などでの歯止めが緩いとも。

    薬価が低廉化するのは本当に歓迎だし、過剰品質という別の問題も入ってそうだけれど、
    こういう話を聞くと安かろう悪かろう。。。と思ってしまう。

    ちなみに薬剤師に接待なんてないって言っていました(ノベルティを偶に貰う位で)。

    • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 16時41分 (#3500112)

      仕入れ値はジェネリックの方が圧倒的に安いのに、売値はあまり差をつけない。
      つまりジェネリックは薬局が儲けまくってる。
      …と薬局薬剤師に聞いた。
      それなら多少高くても先行品の製薬会社の方にお布施しようかなと。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 18時13分 (#3500203)

      病院薬剤師なら、しっかりしたメーカー品を選ぶのはわかる。
      市井のドラッグストアーの薬剤師なら、ジェネリック品を進めるのもわかる。

      # 一般に利益はジェネリックの方が大きい

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      有効成分が含まれて無いなんて事が起きたら、厚労省が立ち入り検査して是正勧告ってレベルだし、各種許認可全取り消しまで有りうると思うんだけど、それ、マジで?

      マジならキッチリ新聞屋にでもたれ込んだ方が良い。下手すりゃ死人がでる情報なんで。

    • by Anonymous Coward

      これはもうジェネリックの宿命だよね。
      付加価値のない薄利多売のマーケットだけしか許さないという規制があるようなものだから。

    • by Anonymous Coward

      弟さんはご自身で分析されている?

      ジェネリックメーカーのほうも既に「多い」状態ではなくなってますし、なんというか特許を*持っていた*ほうのメーカーのセールストークをそのまま信じていらっしゃるのではのではないかという印象ですが...

    • by Anonymous Coward

      調剤薬局「うちでは扱ってません」

    • by Anonymous Coward

      ジェネリックを使わせるために薬剤師を接待したって仕方がないだろ。
      処方箋を出すのは医者なんだから、勝手に薬剤師がジェネリックに変えてはいけない。
      勧めて変えるとしても医者の許可が必要。
      医者もジェネリックに変える時には事前に説明するし、効果が変わったら必ず言う様に言われるよ。
      あと、ジェネリックの中には先行メーカーが出してるのもあるんだよ。

      • 処方箋を出すのは医者なんだから、勝手に薬剤師がジェネリックに変えてはいけない。

        患者のため?それとも経営のため?
        最近、調剤薬局でジェネリックを勧められるワケ
        https://diamond.jp/articles/-/25006 [diamond.jp]

        2012年7月以降の記事っぽい。

        親コメント
        • 法律で決まっています。
          ただし、処方箋に、ジェネリック可とあれば、別。
          まあ、成分指定もあるようなので、そっちだったら、もっと可。

          ただし、医者によっては、製薬会社ご指定のツールでしか、処方できない方もいらっしゃるようで、、、。

          親コメント
          • 済みません、古い話でした。
            最近(と言っても10年位前から?)、成分指定になっていたようです。
            (確認したら、一体、いつの話だと、怒られた)
            従って、薬局でジェネリック選択は可能。

            まあ、薬剤師とか、薬局によって違いはあるでしょうが、変更可のようです。
            ただし、薬剤師だって、真面目にルールを守る人から、儲かれば良い人、時間居れば、給料貰える人まで、千差万別なので色々あるでしょう(他の業種も一緒か)

            親コメント
        • by Anonymous Coward

          だから勧められても実際に変える前に医者に確認するはずだよ。
          少なくとも私が行ってる薬局ではそうしてる。

      • by Anonymous Coward

        > ジェネリックを使わせるために薬剤師を接待したって仕方がないだろ。

        いやいや、先発薬メーカーが接待というのはある、とかね。薬剤師にこの様な御託 [srad.jp]を吐かせるために。

  • ジェネリックにおされて真面目に研究開発してる製薬会社がつぶれたらどうするんだろう、ってすごい怖いんですが、そういう観点でジェネリックを論じるのってあんまり見かけないんですよねぇ…

    私は「承認されたばかりの新薬に切り替えることで手術せずにすんだ」ので、
    今ではその新薬も特許がきれてジェネリックも山ほどでてますが、
    「これからももっと良い薬を作ってください」という投資的な意味で
    先行薬を使い続けてますね。

    こちらのコメントで上がってるキサラタン=ラタノプロスト [srad.jp]です。「とても薬効が高い」「一日一回の点眼でいい」「(悪い)副作用がない」という非常に優れた薬で大ヒット。それまでは1日2~3回点眼の薬を2~3本併用したりしてたのが、それ以上の効果がキサラタンを1日1回点眼でいけるってレベルの代物。副作用は「目に隈ができる」「まつげが伸びる」のいったもので、体調に影響なし。

    日本での承認が1999年、2010年にはジェネリックが一気に22社参入したような人気商品 [yakuji.co.jp]なんですが、これって特許を取ってから製品になって日本で承認されるまで10年近くかかってるってことなんですよね…
    私はキサラタンのおかげで手術せずにすんだといっても、正確には、「薬の効きが悪くなったので、手術を決定」→「とりあえず片目手術」→「新薬に切り替え」→「もう片目は手術不要に」って流れ。半年早く承認されてればもう片目も手術せずにすんだに、と思わなくもない…

  • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 14時56分 (#3500024)

    成分が同じでも形状が異なると、血中濃度と経過時間の関係が本家とは違う結果になりそうで。
    気になるだけで、実際に観測可能なレベルで差が出たりはしないと思うんだけどね。

    • この間の入院中に隣のベッドの人が、がかかりつけ医に処方されてた薬を院内処方でジェネリックに切り替えられたら便がゆるくなったそうで。
      担当医に申し出たら「メインの薬効成分以外の何かが作用しているのかもしれませんが、治療には影響がありません」と言われてそこから小一時間もめてた。

      親コメント
    • by nim (10479) on 2018年10月19日 17時37分 (#3500809)

      > 成分が同じでも形状が異なると、血中濃度と経過時間の関係が本家とは違う結果になりそうで。

      仮にそうだとして、悪い方に違うとは限らないよね。
      悪い方に違う可能性が高いと思うのはどういう理由なんだろう?

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      ジェネリックといえど生物学的同等性試験をクリアしないと認可されないので、血中濃度推移が異なるというのはそうそうないですよ
      個人レベルで完全一致するかはわかりませんが

  • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 15時31分 (#3500054)

    この意見、よく聞くけど
    添加物ってなんだ?
    有効じゃない成分のこと?

    普通に考えると、効き目に対して影響ない(有効でない)なら
    何を入れようと、逆に入れないでいようと、薬効には関係ないのでは???

    逆に、その添加物とやらが何らかの影響があるなら(副作用も含め)
    それは有効成分になるのでは?
    ジェネリックだろうと何だろうと有効成分が同じでないモノは
    臨床試験から承認から全部やり直しだよね???

    • ジェネリック医薬品を、無理を承知でパソコン用語にすれば、
      「先発マシンと同じCPU同じクロック数、同メモリ容量だから同一性能のはず」の理屈で
      「ほぼ同じマシン。ジェネリック の GeneBook Pro 800です」と言って良いかも。
      詳しい人は「SSDの選択で差が出る」「高負荷の状態で差が出る」とか指摘できる。
      (以下は点眼薬の例)
      「点眼液の開発と眼内薬物動態....ラタノのジェネリック」 [exblog.jp](小さな眼科クリニック@城北公園)で
      キサラタン点眼液と、それに添加物(防腐剤)塩化ベンザルコニウム(BAC)をどの濃度で加えるかで、「BACを下げると眼内移行量が下がるジレンマ」を指摘してある文章です。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 15時38分 (#3500059)

      同じレシピと材料を使っても、同じ味の料理は出来ない。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 16時05分 (#3500078)

      薬のメーカーの友人に聞いた話で、僕自身が理解しているか自身はないので、間違っていたら訂正して欲しいんだけど:

      添加物って有効成分の吸収を阻害したり、吸収するための環境を整えたりするんで、結構重要だったりするみたいです。
      所詮、環境とかの話なので「それは有効成分になるのでは」っていう指摘に関しては、微妙なセンだと思います。
      似たような話で錠剤の形状、加工なども、成分とは別に薬効に影響してくるみたいですよ。

      僕自身、これが彼のポジショントークだったのか、それとも本当の話なのか気になっている。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        定性的には本当の話。
        定量的には薬毎に状況が異なるので、まとめて議論するのは無意味よ。
        あと、顆粒とか粉末とか錠剤とかの違いはガッツリ薬効に影響するけど、
        微妙な形状の違いは微妙にしか薬効に影響しない。
        # 効きが 1% 違う(尺度は何?) だけでも重要と主張するかもしれない。
        # 医学は科学じゃないから、何でも有りだ。

        • by Anonymous Coward

          # 効きが 1% 違う(尺度は何?) だけでも重要と主張するかもしれない。
          # 医学は科学じゃないから、何でも有りだ。

          雑感に突っ込むのも野暮だけど科学は何でもなしだと思ってるのはピュアだな

    • by Anonymous Coward

      逆に、その添加物とやらが何らかの影響があるなら(副作用も含め)
      それは有効成分になるのでは?

      口に入れたときの食感が違う、塗り心地が違う とかって有効成分の違いなのですかね?

    • by Anonymous Coward

      有効成分が時間経過によって変性するのを防ぐのが
      添加物
      ではなかった?

  • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 16時19分 (#3500093)

    医者の言った通りの薬を貰うのが一番いいんでしょ、
    としか思ってないので、先行品名が処方箋に記載されてればそれを貰います。

    なんか医師は一般名でも処方箋書けるらしいですが、
    私のかかる医者では先行品名で書いてますね

  • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 16時57分 (#3500127)

    ジェネリック薬メーカーの能力の問題では?
    薬効成分自体は”枯れた”技術なんだからリスクは洗い出されてるわけだろ
    当然後発メーカーのほうが有利なはずなのに
    目に見えて品質が悪いんだから…
    他人の薬作る前に
    パナソニックの爪の垢でも煎じてのめよ!

  • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 17時05分 (#3500135)

    不審不安はあるものの働けずまともな収入が無い身としては値段の安いものを選ばざる得ません

  • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 17時09分 (#3500142)

    じーちゃん「ジェネなんとかって安いのを使いおって、差額をポケットに入れておるのであろう」

  • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 17時34分 (#3500164)

    個人の体質もあるんだろうけど、向精神薬をジェネリックにしたら、全然効かなかったことがあるので、何でもジェネリックにすればいいって指導には懐疑的。

  • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 17時38分 (#3500167)

    「ジェネリック」と一括りにしているから問題なんだと思うがな
    PCで言う所のメーカー非公開の茶箱のバルク品だろ?
    最低でもどこのメーカーのバルク品(ジェネリック)なのかが分からん事には手が出しにくいよ

  • by Anonymous Coward on 2018年10月18日 17時39分 (#3500170)

    互換だというならすり替えてそれに気が付かないとかじゃないとな
    そういう試験は難しいだろうけど

typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...