パスワードを忘れた? アカウント作成

あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年11月23日の記事一覧(全8件)
13774314 story
火星

人類による火星移住は非現実的? 110

ストーリー by hylom
もっとすぐに行ければ現実的なんだろうけど 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

アメリカの科学教育者で有名なテレビ司会者であるBill Nye氏が、火星を植民地化したり、テーラーフォーミング化することに関して「SF的」だとして否定している(USA TODAYSlashdot)。

氏は「人類の生存に適した地球ですらまともに世話ができないのに、別の惑星を世話することなんてできますか?」とし、火星への永住についても「あり得ない」と否定した。

氏によると、たとえば南極大陸に住む科学者はいるが、それはあくまで研究のための一時的なものであり、永住する人はいない。過酷な環境である火星に定着して家族を作り、火星世代を育てることは現実的ではないとし、とくにドームの外に出るときに着る宇宙服のにおいは彼らを現実に引き戻すかもしれないとしている。

13774315 story
テクノロジー

オランダ警察、犯人が乗る自動車の自動運転機能を遠隔操作して逮捕する研究 22

ストーリー by hylom
サイバーパンクだ 部門より
headless曰く、

オランダ警察では犯人が乗る自動車に搭載された自動運転機能を遠隔操作し、犯人を逮捕するといった手法を研究しているそうだ(The Next Web)。

すでにオランダ警察はTeslaやAudi、Mercedes、Toyotaの車両について、各メーカーと協力して実験を行い、遠隔から停止させたり、指定の場所に移動させたりできることを確認済みだという。たとえば、自動車が盗難にあった際に所有者の許可を得て遠隔操作し、警察署の近くに移動させて犯人逮捕までドアをロックする、といったシナリオが想定されているようだ。

ただし、現時点では遠隔操作で安全に誘導可能な自律走行車を一般市民が自由に利用できる段階には至っていないこともあり、こういったシナリオが現実のものになるのは当分先とのこと。なお、この記事のスポンサーはオランダ警察であり、自動運転以外にも自動車に搭載されるテクノロジーの進化と警察の対応などについて書かれている。

13774317 story
インターネット

Firefox 65ナイトリービルド版がWebP画像形式に対応 44

ストーリー by hylom
ついに 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

開発中のFirefox 65のナイトリービルドでWebP形式画像のサポートが追加されました(Firefox サイト互換性情報AAPL Ch.)。

WebPはGoogleが開発したオープンな画像フォーマットで、圧縮率が高くデコードが高速、高機能といった特徴があるとされる。すでにGoogle Chromeが表示をサポートしているほか、EdgeでもWindows 10 October 2018 Updateでサポートされていた。

13774773 story
iOS

TumblrアプリがApp Storeから突然消えた理由は児童ポルノ 15

ストーリー by headless
発見 部門より
先週末、ブログサイトTumblrの公式iOSアプリがApp Storeから消えているのが見つかって話題になっていたが、理由はユーザーのアップロードした児童ポルノだったようだ(TumblrのアナウンスDownload.comの記事9to5Macの記事The Vergeの記事)。

Tumblrは対応状況を16日からアナウンスする一方で理由は公表していなかったが、Download.comはフィルタリングを通り抜けた児童ポルノが原因との情報を得る。Download.comがTumblrに確認したところ、フィルタリングに使用しているNCMECなどのデータベースに含まれないコンテンツが見つかり、即刻削除したとの回答があったという。この回答の内容はTumblrのアナウンスにも追記されている。

Tumblrはアプリの削除理由を児童ポルノだと明確に説明してはいないものの、App Store Reviewガイドラインでは不適切なユーザー生成コンテンツが禁じられているため、これに抵触したものとみられる。App Storeでは現在も再公開されていないが、Google Playでは引き続き入手可能となっている。

Tumblrは「職場で閲覧に適さない(NSFW)」コンテンツを含むアカウントの削除を進めているようで、Appleのガイドラインで許可されている「Safe Mode」をオフにした状態でもNSFWコンテンツが表示されなくなっているという。また、コンテンツに問題のないアカウントが削除されたとの報告も出ている。
13774778 story
宇宙

イーロン・マスク、大型ロケット「BFR」を「Starship」に改名すると発表 26

ストーリー by headless
星船 部門より
SpaceX CEOのイーロン・マスク氏は20日、火星を目指す大型ロケット「BFR」の名称を「Starship」に変更するとTwitterで発表した(マスク氏のツイートGeekWireの記事The Vergeの記事Ars Technicaの記事)。

ただし、技術的に言うとStarshipは宇宙船部分であり、地球の重力井戸を抜けるのに必要なロケットブースターは「Super Heavy」と呼ばれるとのこと。マスク氏は名称変更の発表に先立ってSpaceXがFalcon 9の第2段再利用に向けたアップグレードを計画していないと述べ、その代わりにBFRの開発を加速すること、大幅な設計変更が行われていることをツイートしていた。
13774786 story
Windows

Microsoft、新元号に関連するOffice 2010の更新プログラム2本などを提供中止 90

ストーリー by headless
中止 部門より
Microsoftは16日、6日にリリースしたOffice 2010向け更新プログラム2本の提供中止を発表した(KB4461522KB2863821Ars Technicaの記事BetaNewsの記事)。

KB4461522とKB2863821はいずれも日本の新元号に備えるもので、新元号開始時に正しく元号が表示されるようにOffice 2010の和暦カレンダーを修正する。ただし、実際の新元号を表示するには新元号発表後に提供される更新プログラムが必要となるようだ。

しかし、これらの更新プログラムをインストールすると、Accessやその他のアプリケーションがクラッシュする可能性があるという。そのため、提供を中止しただけでなく、更新プログラムのアンインストールが推奨されている。
13774950 story
情報漏洩

Amazon、顧客の名前や電子メールアドレスをWebサイトで誤って公開したとの通知を送って混乱を招く 15

ストーリー by headless
混乱 部門より
米国や欧州のAmazonが電子メールアドレスなどをWebサイトで誤って公開したことを謝罪する通知を顧客に送り、受信者を驚かせたようだ(BetaNewsの記事The Vergeの記事GeekWireの記事CNBCの記事)。

内容としては、技術的な問題であなたの電子メールアドレス(または名前と電子メールアドレス)をうっかりAmazonのWebサイトに表示してしまったというもの。さらに、既に問題は修正済みであること、あなたがしたこと(設定など)が原因ではなく、パスワード変更やその他の対応は不要であることが記載されている。

しかし、具体的にどのページで公開されたのか、誰がアクセスした可能性があるのか、といった情報がないうえ、お知らせするが何もすることはないという文面が混乱を招くことになる。米国版の通知のフッターに記載されたURLが「http://Amazon.com」という表記である点も指摘されている。

通知を受信したという報告は米国英国イタリアフランスの出品者向けフォーラムに投稿されているが、影響範囲が出品者だけなのかどうかは不明だ。Amazonはメディアの問い合わせに対し、問題は修正済みであり、影響を受けた可能性のある顧客に通知したとのみ回答しているという。
13774995 story
テクノロジー

MIT、イオン風で推進する飛行機の飛行実験に成功 78

ストーリー by headless
推進 部門より
MITの研究グループがイオン風で推進する飛行機の実験機を作成し、飛行実験に成功した(MIT Technology Reviewの記事Ars Technicaの記事Natureの記事論文アブストラクト)。

イオン風は大小2つの電極間に高電圧を加えることで発生するコロナ放電により、大きい電極に向けて飛ぶイオンが空気分子と衝突して発生する。このアイディアは1960年代から存在したが、継続的な飛行に必要な推力は得られないとの結論に達していたという。しかし、MITのスティーブン・バレット教授は2009年に可能性を見出し、9年かけて研究を続けてきたそうだ。

実験機は重量2.45kg、翼幅5m。翼の下には前方に細い針金のレール、後方に金属箔のレールが組になった一連の電極が取り付けられており、針金に+2万ボルト、金属箔に-2万ボルトを印加してイオン風を発生させる。実験は風のない体育館内で行われ、実験機をカタパルトで射出している。そのため、推進装置を使用しなくても10mほど飛行するが、推進装置を使用することで60mの飛行に成功したとのこと。

現時点では積み荷なしで12秒間飛行できただけで、長距離飛行の実現までには先が長い。しかし、短距離で小さな荷物を運ぶドローンなどの場合、静音化も実現できるイオン風による推進装置がゲームチェンジャーになる可能性が高い。また、ジェットエンジンと組み合わせて航空機の空気抵抗を減少させるといった用途も可能性があるとのことだ。
typodupeerror

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

読み込み中...