パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのRSSを取り込んでみよう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年12月27日の記事一覧(全12件)
13802339 story
ニュース

ノルウェーの首都オスロ、2019年から市内中心部の駐車場を廃止へ 31

ストーリー by hylom
英断 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

ノルウェーの首都、オスロでは2018年内に市内中心部にある700箇所の路上駐車場を廃止する。これにより、2019年からは車で長時間市内中心部に滞在することが難しくなると見られている(The NewYork TimesSlashdot)。

オスロの都市開発を担当するHanna Elise Marcussen副市長は電話インタビューの中で、「私たちは街に人々を取り戻すためにこれをやっている。もちろん環境にもやさしい」と述べた。世界的な人気のある観光地でもあるオスロでは、住宅密集地から自動車を取り除いて渋滞を減らし、汚染を減らすことで、街を自転車や歩行者にとって快適なものにするとしている。

オスロ市内中心部から自動車を無くす計画は2015年からスタートした。連立政権に参加するポピュリスト政党「進歩党(FrP)」が求めたことだったという。そして、現在はアイルランドの首都ダブリンやスペインのバルセロナでも、同様の計画が進められている。

もっともMarcussen副市長によると抵抗は根強かったという。それによれば、環境問題に理解のあるオスロでもかなりの論争があり、企業や市民が受け入れることは非常に困難だったとしている。

13802337 story
軍事

自衛隊の戦闘機F-15J、米国への売却が検討される 105

ストーリー by hylom
下取り 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

自衛隊の主力戦闘機F-15Jはアメリカ空軍が採用したF-15Cのライセンス生産版で、機体とエンジンはF-15C相当だが、アビオニクスは輸出規制がかかったことから、国産のものとなっている。そのF-15Jだが、F-35の購入資金の足しにするために、近代化改修前の古い機体をアメリカに売却する話が出ているそうだ(日経新聞)。

もちろん、アメリカ自身が旧式のF-15Jを使用するのではなく、改修後に東南アジアに転売する目的だという。F-15は丈夫に作られており飛行時間に余裕がある機体が多いことも再利用ができる理由だと考えられる。

F-15Jは今となっては旧式だが、過去には戦闘機のロールスロイスと呼ばれたこともある高価な機体で、双発で推力重量比が1を超える強力なエンジンを搭載し、機体もF-16より機動性が高く、改修すればステルス性能以外は一線級の戦闘機として使えると思われる。

この話がうまくいけば、将来的には通常動力の潜水艦がないアメリカを通じて、日本の潜水艦が輸出される可能性もでてくるかもしれない。特に潜水艦が老朽化しているが、中国の妨害で輸入も難しい台湾は喉から手が出るほど日本製の潜水艦を欲していると思われる。

13802338 story
ゲーム

Emacs上で動作するNESエミュレータ 17

ストーリー by hylom
そこにEmacsがあるから 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

Emacs上で動作するNESエミュレータの開発が行われているそうです(Emacsで動くNES エミュレータを作っている話)。

最近色々な環境で動くようになっているエミュレータですがついにEmacsでも。とはいえelispの限界か、FPSは低く、今のところ音も鳴らせないとのこと。

別プロセスでネイティブバイナリなどを実行してその結果をEmacs内で表示するのではなく、Emacs Lispを使って実装されているのが特徴。ただ、まだスプライトの処理が完璧ではない、スクロール処理がおかしいといった課題もあるようだ。

13803049 story
変なモノ

Samsung、ニュースサイトArs Technicaをロシアの動画リマスタリング会社と間違う? 8

ストーリー by hylom
どうして 部門より
headless曰く、

Samsungが23日、同社のHDR10+エコシステムにおける提携企業拡大と中国での認証センター設立を発表したのだが、プレスリリースのタイトル画像にテクノロジー系ニュースサイトArs Technicaのロゴが主要提携企業のロゴと一緒に並んでいる(プレスリリースAndroid Police)。

ロゴが並んでいる提携企業は20世紀フォックスやワーナー・ブラザース、IMAXといった映画関係のほか、VODサービスやハードウェアメーカーであり、Ars Technicaは全く毛色が違う。提携各社を紹介するプレスリリース本文にもArs Technicaは登場しない。ただし、HDRリマスタリングなどを手がけるロシアのARSPROという会社が紹介されており、この会社と取り違えたようだ。

なお、Ars Technicaは「Ars Pro」という有料サブスクリプションサービスを提供している。Android PoliceではGoogleで検索するとArs Proが先頭に表示されるため、担当者が間違えた可能性を指摘する。ただし、試しにGoogle検索した限り、ロシアのARSPROが検索結果の先頭に表示された。Ars Technicaが気付いているかどうかは不明だが、これに言及するArs Technicaの記事やソーシャルメディア投稿は現在のところ出ていないようだ。

ちなみに、Samsungは先日Galaxy A8を発表した際、ファッションブランドSupremeと中国で提携することを発表したのだが、提携したのが合法的な偽ブランド「Supreme Italia」だったことが判明して問題になり、提携を見直すと述べる事態になっている。オリジナルのSupremeは米国・ニューヨークの会社だが、世界各地での商標登録を怠ったことから偽物の出現を許し、イタリアで起こした訴訟では敗訴しているとのこと。日本に出店しているSupremeはオリジナルの方だ。

13803063 story
ゲーム

とあるゲームの「黒い毛玉のような1頭身キャラクター」、突然色が変更される。人種差別問題が原因か 25

ストーリー by hylom
やり過ぎなのか、それとも 部門より

黒い毛玉のような1頭身キャラクターが主人公のゲーム「CHUCHEL」で、この主人公キャラクターの色が突然オレンジ色に変更されるという出来事があったそうだ。明確には示されていないが、理由として「人種差別をしているとの誤解を招く」ということが示唆されている(AUTOMATON)。

このゲームはチェコのAmanita Designが開発したもので、今年3月に配信が開始されたとのこと。デザイン変更は今月になってから行われた。ただ、特に「人種差別」が原因で大きな騒動が発生した痕跡はなく、こういった決定に至った詳細は不明だ。

13803067 story
テクノロジー

車載カメラで撮影した映像からリアルタイムで路面状態を検知するシステム 15

ストーリー by hylom
順調に応用が進んでいる画像認識技術 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

ウェザーニューズが車載カメラで撮影した映像から路面の状態を検知するシステムを開発した(ITmedia)。2019年夏をめどに実用化するという。

このシステムでは、映像から積雪や路面の損傷などを検出できるというもの。撮影データをクラウドにアップロードし、その映像を人工知能技術を使ってリアルタイムで分析するという。

今年10月には岩手県盛岡市で実証実験を行い、道路のひび割れの検知に成功したという。

13803075 story
火星

元アポロ宇宙飛行士曰く、人間を火星に送ることはバカげている 54

ストーリー by hylom
もう少し短時間で行けると良いのだが 部門より
taraiok曰く、

アポロ8号に搭乗した元宇宙飛行士のウィリアム・アンダース氏が、人間を火星に派遣することについて「バカげている」と述べた。月を周回移動したこともあるアンダース氏は現在85歳。氏は人間を火星に送り出すために多額の公的資金を投入すべきではないとし、無人探査プログラムを大いに支持すると話す(BBCSlashdot)。

氏曰く、「そもそも人間が火星に行く意味はどこにあるのか。私は大衆がそれほど(火星有人探査に)興味があるとは思っていない」。先日、火星にNASAの探査機「InSight」が着陸した。NASAはInSight着陸時の声明の中で、「月への持続可能な帰還を導くこと、それは私たちが火星に宇宙飛行士を送る準備をするのを助けるだろう」と言った。

アンダース氏のコメントに対して、NASAに回答を求められたものの返答はなかったという。

13803080 story
書籍

2018年の紙の出版物販売金額、1996年の半分以下に 44

ストーリー by hylom
消えゆく雑誌 部門より

2018年の紙の出版物の販売金額は1兆2800億円程度で、ピークだった1996年(約2兆6564億円)の半分以下にまで落ち込む見通しだそうだ(産経新聞共同通信)。

特に雑誌の売り上げ低下が大きく、前年比約10%減という見込みだという。また、書籍については前年比で3%減前後の見込みだそうだ。

13803085 story
火星

欧州の火星探査車、サハラ砂漠で自律走行テストを実施 11

ストーリー by hylom
サハラで火星気分 部門より
headless曰く、

欧州の火星探査車3台の自律走行テストがサハラ砂漠で2週間にわたって行われたそうだ(ESASlashGear)。

テストが行われたのはモロッコ・エルファードに近いサハラ砂漠の北端で、風に吹かれる砂漠の環境が火星の環境に近いとして選ばれたという。研究所でのテストは自然環境の変動まで考慮されておらず、野外を利用することでシミュレーションでは不可能な非常に複雑な条件でのテストが可能になる。

たとえば今回のテストでは、非常に滑らかで均質な大きな砂丘について、コンピュータービジョンアルゴリズムでの処理は難しいということがわかったそうだ。そのため、研究室でのテストではみられなかった予期せぬ動作をし始めたという。

一方、テストされた探査車の1台「SherpaTT」は、変わった形の岩石を発見したことをトリガーにして、より多くの画像を撮影可能な場所への自律的な移動を1.3km連続で実行できたとのこと。ESAでは事前にドローンを用いて現地の地形データを生成しており、探査車が記録したデータと比較してアルゴリズム改善を進めるとのことだ。

13803092 story
ソフトウェア

Adobe CC、月額1,000円値上げ(との噂) 55

ストーリー by hylom
EPS吐ける良いソフトはなんだろう 部門より
insiderman曰く、

Adobeは12月14日、価格改定を行うことを発表した。具体的な改訂後の価格については1月に発表するという話でまだ発表されていないが、「革新的な製品・サービスの開発を続けるため」という理由での値上げだそうだ。

この理由から、「価格改定」は「値上げ」だろうと誰もが思っていたのだが、このたび一部の業者が改定後の価格について「月額1000円の値上げ」になると告知しているITmedia)。

値上げの対象は企業向けのグループ版およびエンタープライズ版、個人版のCreative Cloudなどで、グループ版の「コンプリートプラン」(すべてのCCソフトウェアを利用可能)については現状から月額1000円、単体プランについては月額800円の値上げになる模様。個人版については不明とのことだ。

正直なところ、年間で1ライセンス当たり1万2,000円(約14%)の値上げというのは小企業にとっては結構キツいのではないだろうか。かといって代わりになるものもないわけで、気分的には消費税増税よりもキツい。

13803099 story
Windows

Windowsでも「変換」「無変換」キーによるIMEのモード切替がデフォルトになる? 93

ストーリー by hylom
突然の変更だと混乱する人も出そうではある 部門より

WindowsのデフォルトのIME設定では「半角/全角」キーを使ってIMEの入力モードを切り替えるようになっているが、Windows 10 Insider Preview 18305ではスペースバー左右にある「無変換」および「変換」キーでのIMEの入力モード切替が可能になったそうだ(ITmedia)。

Macでは以前よりスペースバーの左右にある「英数」「かな」キーでIMEのモード変換が可能だったが、これに似た操作となる。

13803275 story
アニメ・マンガ

3Dアバターの国際共通規格を目指す業界団体、来年2月設立 28

ストーリー by hylom
うまく主導できれば良いですね 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

VRや3Dアバターなどに関する技術やサービスを提供する13社が業界団体「 VRMコンソーシアム」を設立、3Dアバターの共通規格作りなどを行うという(アニメーションビジネス・ジャーナルVRMコンソーシアム設立準備会)。

「利用するアプリケーションごとに仕様が異なっていたり、アバターの視点・骨格がVR内では適切に設定できておらず、複雑な作業が必要など、クリエイターや開発者が3Dアバターモデルを容易に創作・活用できる環境が整っていないのが実状」とし、細かいモデルデータの差違を吸収・統一しアプリケーション側の取り扱いを簡単にすることを目指すという。

typodupeerror

ソースを見ろ -- ある4桁UID

読み込み中...