パスワードを忘れた? アカウント作成

Idle.srad.jpは、あなたの人生において完全な時間の浪費です。見るなよ、見るなよ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年1月10日の記事一覧(全12件)
13811133 story
交通

アメリカで自転車通勤者が減少、好景気やガソリン価格の低下、ライドシェアの普及が理由か 14

ストーリー by hylom
健康は気にしないのか 部門より
taraiok曰く、

アメリカの国勢調査局によると、通勤などで自転車に乗るアメリカ人の割合が3年連続で減少しているという(USA TODAYSlashdot)。

2016年と2017年を比較すると3.2%ほど減少し、利用者数は平均83万6569人になった。過去最大であった2014年の平均90万4463人から比べると大きく落ち込んでいることが分かる。原因はガソリン価格の低下に加え、好景気により自動車販売が好調であることから、自転車のような安価な代替品への関心が低下したためだという。

また、カリフォルニア自転車連盟のエグゼクティブディレクターDave Snyde氏は、UberやLyftなどの乗車サービスや電動スクーターの増加も自転車通勤者が減った一因だと指摘している。

13811135 story
インターネット

アフリカでストリーミングメディアの普及と市場の拡大が始まる 12

ストーリー by hylom
新たなフロンティア 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

アフリカでもネットやスマートフォンの普及が進んでおり、ストリーミング企業が新たな市場として注目しているという(QUARTZ AFRICASlashdot)。

アフリカ大陸の人口の大半を占める若者の間でネットコンテンツの消費習慣が広がることにより、大きな市場が誕生しつつある。たとえばナイジェリアでは、テレビよりもモバイル機器での動画視聴が主流になっているとしている。また、南アフリカでは無料のモバイルプラットフォーム「Tv2Go」などが登場している。

こういった背景から、Netflixはアフリカ市場に大きな関心を寄せており、アフリカに適したコンテンツプロデューサーを雇用したり、ハリウッドにオリジナル映画の制作を依頼してアフリカ向けのコンテンツ強化を進めている。いっぽうアフリカ市場で大きな影響力を持つケーブルテレビサービスMultiChoiceはNetflixの登場に強い対抗心を持っており、Netflixへの規制を求めている。しかし、アフリカの規制当局がNetflixを規制する意欲を示したことはないようだ。

13811136 story
通信

デジタル小電力コミュニティ無線対応のトランシーバが登場 78

ストーリー by hylom
便利そう 部門より

総務省が昨年制度化した、「デジタル省電力コミュニティ無線」に対応するトランシーバが登場した(Engadget JapaneseHamlife.jp)。

「デジタル省電力コミュニティ無線」は免許や資格、登録などが不要で利用できる無線機で、150MHzを使用し、特に用途は限定せずに利用が可能。送信出力は500mW。第1号製品として、アイコムがIC-DRC1という製品を発売している。

通話距離は「見通しの良い場所」で約3km、郊外で約1~2km、市街地では約200~500mとのこと。利用可能なチャンネル数は18。多人数を相手に同時に通話できるという。また、GPSを利用して位置情報を取得し、通話相手がどの方向でどのくらい離れているかを表示する機能もあるという。

13811788 story
広告

「727」の看板で知られるセブンツーセブン、Wikipediaのスクリーンショットを新聞広告に 16

ストーリー by hylom
分かりやすい 部門より

東海道新幹線の車窓から見える場所に多数の広告看板を設置していることで知られる化粧品メーカー「セブンツーセブン(727 COSMETICS)」が、Wikipediaのスクリーンショットを新聞広告として使用した(ITmedia)。

看板は知っているが何の会社かは知らない、という声を受けて新聞広告を出すことにしたそうで、会社の情報を知ってもらうには「Wikipediaを見てもらうのが手っ取り早い」とのことでこういった形の広告になったという。

13811797 story
ハードウェアハック

映像出力端子がないGPGPU向けグラフィックカードをゲームで活用する方法 38

ストーリー by hylom
普通にGPGPUとしてもお買い得だと思う 部門より

仮想通貨ブームがひと段落したことから、最近ではマイニング向けハードウェアの価格が下落している。グラフィックカードも例外ではなく、特に映像出力を備えないGPGPU向けグラフィックカードは大きく値下がりしており、たとえば映像出力なしのRadeon RX470(8GB)が税別5,980円で投げ売りされたりしている

しかし、Windows 10ではこういった映像出力なしのGPUとマザーボード内蔵GPUを組み合わせて利用することが簡単にできるそうだ(「Misc Mods」ブログの「マイニング専用グラボをゲームに転用してみる」記事)。

ブログの著者がIntel UHD630との組み合わせで実際に試したところ、多くのゲームを実際に起動/プレイできたという。

13811819 story
スポーツ

全米ゴルフ協会、16歳のアマチュアゴルファーによるApple Watchの広告出演を調査 9

ストーリー by hylom
そんなルールが 部門より
headless曰く、

米アマチュアゴルファーのルーシー・リー選手がApple Watchの「Close Your Rings」キャンペーン(日本版は「リングを完成させよう」)に出演していることについて、アマチュア規定に抵触していないかどうか全米ゴルフ協会(USGA)が調査をしているそうだ(9to5MacGolf DigestGolf Channel)。

このキャンペーンはApple Watchのフィットネス向け機能に関するもので、リー選手はApple Watchユーザーによる活用法を紹介するページに1月から登場した(日本版は未更新)。また、Appleはリー選手がApple Watchを着けてスイングする様子などを含む15秒間の動画をTwitterに投稿していた(現在は削除されている模様)。

リー選手は11歳の時に最年少で全米女子オープンの出場資格を獲得し、現在はアマチュア女子ランキング9位。USGAの既定によると、ゴルフの技術や人気のあるアマチュアゴルファーが出演料や個人的利益、経済的利益を得るため、その技術や人気を商品の宣伝等に使用することは禁じられている。

リー選手はGolf Digestに対し、Appleとの非開示契約を理由にキャンペーン出演に関する話はできないと答えている。一方、リー選手の母はAppleから報酬は受け取っていないと述べたとのこと。ただし、USGAの既定では、金銭の支払いがなくても宣伝活動により個人的な利益を得たとみなされるため、支払いの有無にかかわらずルール違反となる。

なお、18歳以上のアマチュアゴルファーがプロ転向を見据えてスポンサー契約をする場合は例外とされており、18歳未満でも個人的な事情で12か月未満の契約をする場合は許可を申請できるとのこと。また、USGAや慈善活動などの宣伝活動は認められる。USGAでは事実関係の確認をしている段階であり、それ以上の話はまだできないと述べているとのことだ。

13811823 story
ストレージ

HDD復活への道 76

ストーリー by hylom
まだまだ増える 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

過去50年間、ハードディスクの面記録密度は年間平均で40%ずつ増加してきた。しかし、現在その増加率は年間約10%にまで減速している。この問題を解決するため、HDDメーカーのSeagate TechnologyとWestern Digitalが解決に乗り出している。両社が取ったアプローチは別々だ。

Western Digitalは2017年10月、「マイクロ波アシスト磁気記録(MAMR)」を採用した製品を出荷すると発表した。今年の後半に約16TBの容量を持つモデルが出荷予定だ。さらに2020年までに40TBの容量を持つMAMRドライブを出荷する見込みだという。SeagateもHDDのプラッタの一部を熱することで、記憶容量を増加させる「熱アシスト方式(HAMR)」の製品を2020年までに出荷する。こちらは20TBの容量のモデルが予定されている。SeagateもHAMRを用いて40TBの容量を持つ製品が出荷可能だとしている。

低速で安価な磁気ドライブと高速で高価なSSDの間にはまだ高い需要がある。両社いずれかのソリューションが優れていることが証明されれば、240億米ドルの磁気ストレージ市場は再構築され、次の磁気ストレージ10年間の成長に繋がることになるだろう(IEEE SPECTRUMSlashdot)。

13811832 story
変なモノ

水に直接電流を流して加熱する充電式水差し 63

ストーリー by hylom
熱湯は出せるのだろうか 部門より
nemui4曰く、

水を注ぐ際に加熱することで瞬時にお湯を出せるという水差しが発表された(Engadget Japanese)。

この製品はHeadworksという企業が開発した「Duo」という製品。グラファイト製の電極を使い、水に電流を直接流すことで水自体の電気抵抗で加熱を行う。内蔵バッテリーで駆動し、満充電時で約4カップまでの加熱ができるという。温度は1度刻みで設定でき、今年後半までに200ドル以下で発売する予定だそうだ。

もしかして純水に近いほど加熱しやすい? 従来の電気ケトルと比較すると高いけど、出始めはこんなもんすかね。

13811835 story
テクノロジー

ムーアの法則を延長する「空気チャンネルトランジスタ」または「金属空気トランジスタ」 35

ストーリー by hylom
時代は3次元か 部門より
maia曰く、

豪RMIT大学(メルボルン)の研究者が、金属ベースの空気チャンネルトランジスタ(ACT:Air Channel Transistor)を開発した。ACTは35nm未満のエアギャップによって対向した電極を使い、基板から垂直方向にトランジスタを構成していく(GIGAZINEIEEE SpectrumNano Letters掲載の論文)。

35nm未満は大気中の平均自由行程以下であり、散乱の影響がない。空気中、真空中、高放射線下でも作動する。微細化ではなく立体構造によってトランジスタの密度を増加させることができ、またシリコン半導体製造に比べて処理工程が簡素化され、製造コストを大幅に削減できる。現在は電極にタングステン、金、プラチナを用い、概念実証を終えた段階だが、ACTの理論速度はTHz(テラヘルツ)であり、今後10年間で商用レベルのトランジスタを開発するという。

13811897 story
AMD

NVidia、ついにAdaptive-Sync/FreeSyncに対応 17

ストーリー by hylom
選択肢が増えればどっちでも良い 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

NVIDIAが「G-SYNC Compatible Monitors」プログラムを発表した(4Gamer自作とゲームと趣味の日々マイナビニュース)。

1月15日リリースのGeForceドライバを導入することで、プログラムによって認証されたモニタとNVIDIA製GPUにおいてAdptive-Syncが利用可能になるという(プレスリリースG-SYNC対応製品リスト)。

これまで可変リフレッシュレートはG-SyncとFreeSyncで対立していたが、事実上G-Syncの敗北と言ってもいいかもしれない。やはりVESAに取り込まれただけFreeSyncが有利ということか。

それはともかく、4k HDR FreeSycn対応ディスプレイを買ったタレコミ子は勝ち組。

「G-SYNC」はNVIDIAが2013年に発表した可変リフレッシュレートのための規格(過去記事)。ディスプレイに専用モジュールを組み込むことで実現するとされていたが、その後AMDが対抗となる「FreeSync」という規格を発表。FreeSyncは専用モジュール不要という利点もあり、その後VESAによって「Adaptive-Sync」という名称で標準化されていた

13811914 story
教育

日本学生支援機構の貸与型奨学金、全利用者に対し「保証料」を求める方針が検討される 114

ストーリー by hylom
ますます学生ローン化 部門より

日本学生支援機構が提供している貸与型の奨学金について、全学生から一定金額の「保証料」を徴収する方向で検討が進められているという。保証料を徴収する代わりに、保証人は不要とするという(日経新聞時事通信)。

現在は奨学金を借りる際の保証として、連帯保証人や保証人を立てる「人的保証」と一定額の保証料を支払う「機関保証」の2つから選択できるが、2020年4月から機関保証に一本化することを目指すという。背景には返済の延滞が増えていることがあるようだ。

13812034 story
AMD

AMDとNVIDIA、ともに新GPUを発表 28

ストーリー by hylom
AMDはレイトレーシングにはまだ対応しないのか 部門より

1月7日、NVIDIAが新GPU「GeForce RTX 2060」を発表した。リアルタイムレイトレーシング機能を備えたGeForce RTX 20シリーズのミッドレンジモデルで、北米での予想価格は349ドル、1月15日発売予定とのこと(4Gamer)。

すでに各メディアがベンチマークテストを含めたレビューを公開しているが(4GamerITmediaPC WatchASCII.jpマイナビニュース)、ハードウェア的には上位モデルのRTX 2070/2080と同じ設計で一部のユニットを無効化したもののようだ。

これらレビュー記事を見る限り、レイトレーシングを利用しない場合の性能的には現行モデルの上位製品であるGeForce GTX 1070と同等という感じのようで、またレイトレーシングに関してはパワー不足が感じられるようだ(こちらについてはパッチで性能向上が期待できるとの話もある)。価格面での懸念も挙がっており、現行モデルのGeForce GTX 1060の発表時価格よりも100ドル高く、さらに国内では米国よりも高めの販売価格が設定されることが多いことから、人気が出るかどうかは価格次第という評価が多い。

また、1月9日にはAMDが新GPU「Radeon Ⅶ」を発表した。Radeon Ⅶは新たなアーキテクチャ(第2世代Vegaアーキテクチャ)を採用し、7nmプロセスで製造されるという。現行モデルと比較すると同じ消費電力で25%高い性能を発揮できるとされており、NVIDIAの最上位GPUであるGeForce RTX 2080を超える性能だという。北米での予想価格は699ドルとのこと(4GamerITmediaPC Watch)。

発売は2月7日とのことで、詳細についてはまだ明らかにされていないが、メモリ容量は16GB、メモリ帯域幅は1TB/秒。RX Vega 64と比較してゲームでのパフォーマンスは1.8倍、メモリ容量は2倍、メモリ帯域幅は2.1倍になっているという。

typodupeerror

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

読み込み中...