パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2019年2月1日の記事一覧(全12件)
13827720 story
原子力

ビル・ゲイツ氏曰く、地球の気候変動問題解決には原子力が必要 64

ストーリー by hylom
うまいこと行けば良いのだが 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

ビル・ゲイツ氏が原子力発電ビジネスに興味を持っていることは以前より報じられている。氏は「進行波炉」と呼ばれる原子力発電技術を手がけるTerraPowerに出資しており、地球の気候変動に対処するには原子力発電が重要だと主張しているそうだ(SFGATEGIGAZINESlashdot)。

進行派炉は劣化ウランを使用し、長期にわたって燃料交換が不要という特徴がある(過去記事)。こういった次世代原子炉による発電は24時間利用可能で、気候変動にも十分対処できる理想的なエネルギー源だとし。事故のリスクは技術革新によって解決できるとしている

The Washinton Postによると、ゲイツ氏は自身が設立した研究企業TerraPowerへ個人的に10億ドル(約1100億円)を投資、さらに民間資金で10億ドルを調達する予定。さらに、ゲイツ氏は民主党・共和党両党の議員と会い、原子力の必要性を説得。その甲斐あってか、進行波炉や小型の原子炉を開発するために必要な予算として2億2100万ドル(約240億円)が承認された模様。

13827721 story
原子力

米、「低出力核弾頭」の製造を開始 104

ストーリー by hylom
低出力でも高出力 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

昨年、米国が「低出力」の核弾頭を開発する方針であると報じられていたが、現在この核弾頭が製造段階に入ったという(DefenseNewsSputnik日本時事通信)。

言う迄も無く、低核出力核爆弾は点火自体が困難な高度技術製品で、それを今日の地下核爆発実験が禁じられた状態で量産配備するのは相応にリスキーであるが、米国は積み重ねた未臨界核実験で相応の自信を得たのであろう。

昨今のロシアの矢継ぎ早の新型核兵器軍の開発量産配備を鑑みると、米現政権が主張したロシアによる条約違反が裏付けられた事になり、対処の必要性は正当化され、本件もその一環となる。

この核弾頭は第二次大戦中に広島に落とされたものよりも小さいが、威力は十分にあり、また高威力の核弾頭と同様に既存のミサイルで利用できるという。

13827722 story
クラウド

AWSサポートでは件名や本文に「緊急」と書いても緊急度は変わらない 89

ストーリー by hylom
そりゃそうだ 部門より

Amazon.comのクラウドサービスAWS(Amazon Web Services)の「技術的なお問い合わせに関するガイドライン」に『件名や本文に「緊急」等と記載されても、緊急度は上がりません』と書かれていることが話題となっている(ITmedia)。

AWSのサポートでは「緊急度」が設定されているが、これはサポート依頼時のみに指定でき、ユーザーが後から変更することはできず、件名や本文に「緊急」と書いても緊急度は変わらないとのこと。

13828286 story
プリンター

JVCケンウッド、製品や生産終了品のサービスパーツに3Dプリンタを活用 8

ストーリー by hylom
コストも削減できるのか 部門より

日本HPが1月29日、同社の3DプリンティングソリューションをJVCケンウッドが採用することを発表した。JVCケンウッド製品の一部の部品を3Dプリントで製造するという。また、生産終了となった製品の補修部品を3Dプリンタで製造することも検討しているそうだ(AV WatchASCII.jp)。

まずはJVCケンウッドの医療用カメラ部品で3Dプリンタによる製造を導入するとのことで、従来工法では製造が難しい複雑な構造を実現でき、機能改善とコスト削減ができるという。

13828294 story
医療

松本市の病院でインフルエンザの集団感染が発生、ワクチンを接種していた病院職員も発症 35

ストーリー by hylom
ワクチンを過信するな 部門より
KAMUI曰く、

長野県松本市の松本協立病院において、インフルエンザの院内集団感染が発生。患者19名、職員35名が発症し、80代の患者2名が死亡している(信濃毎日新聞松本協立病院のお知らせ)。

この件は患者より職員の方が感染数が多くなっているのが特徴的な点だろう。FNNの記事によれば職員はほぼ全員ワクチン接種済みだったそうだが、接種していても継続的にウイルスに曝露していると、結果として体内のウイルス濃度が高くなって発症してしまう場合があるらしい。なお、今シーズンは日本全国で流行が拡大しており、各地の医療施設でも集団感染が発生している。

13828317 story
Windows

Windows Media Playerのメディア情報取得機能、Windows 7のみ廃止へ 7

ストーリー by hylom
コスト的な何かが理由なのだろうか 部門より
headless曰く、

MicrosoftがWindows Media CenterとWindows 7のWindows Media Playerから、メディア情報取得機能を廃止する計画を明らかにした(MicrosoftサポートNeowinBetaNewsWindows Latest)。

対象となるのはWindows 7/8/8.1のWindows Media CenterおよびWindows 7のWindows Media Player。変更時期は明示されていないが、変更後は音楽のタイトルやアーティスト名、ビデオの出演者や監督名といったメディア情報をインターネットから取得できなくなる。この変更が取得済みのメディア情報に影響することはなく、メディア再生などの主要機能が影響を受けることもないとのこと。

Microsoftではユーザーのフィードバックや利用状況を検討したうえで、このサービスを廃止することに決めたという。ただし、この変更はWindows 8/8.1/10のWindows Media Playerに影響せず、引き続きメタデータの提供が行われる。

13828322 story
インターネット

IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2019」を発表 17

ストーリー by hylom
金銭的被害が発生するものばかり 部門より

IPAが「情報セキュリティ10大脅威2019」を発表した

情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者など約120名のメンバーによる「10大脅威選考会」が選んだもので、まず個人に対する10大脅威については以下のようになっている(括弧内は昨年順位)。

  1. クレジットカード情報の不正利用(1位)
  2. フィッシングによる個人情報等の詐取(1位)
  3. 不正アプリによるスマートフォン利用者の被害(4位)
  4. メールやSNSを使った脅迫・詐欺の手口による金銭要求
  5. ネット上の誹謗・中傷・デマ(3位)
  6. 偽警告によるインターネット詐欺(10位)
  7. インターネットバンキングの不正利用(1位)
  8. インターネットサービスへの不正ログイン(5位)
  9. ランサムウェアによる被害(2位)
  10. IoT機器の不適切な管理(9位)

なお、昨年の1位は「インターネットバンキングやクレジットカード情報等の不正利用」だったが、これは今年から「インターネットバンキングの不正利用」「クレジットカード情報の不正利用」「仮想通貨交換所を狙った攻撃」「仮想通貨採掘に加担させる手口」「フィッシングによる個人情報等の詐取」に細分化されている。また、組織に対する10大脅威は以下の通り。

  1. 標的型攻撃による被害(1位)
  2. ビジネスメール詐欺による被害(3位)
  3. ランサムウェアによる被害(2位)
  4. サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃の高まり
  5. 内部不正による情報漏えい(8位)
  6. サービス妨害攻撃によるサービスの停止(9位)
  7. インターネットサービスからの個人情報の窃取(6位)
  8. IoT機器の脆弱性の顕在化(7位)
  9. 脆弱性対策情報の公開に伴う悪用増加(4位)
  10. 不注意による情報漏えい(12位)

今年新たにランクインしたのは、個人では「メールやSNSを使った脅迫・詐欺の手口による金銭要求」、組織では「サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃の高まり」となっている。

13828331 story
電力

石炭火力発電からの撤退・廃止が相次ぐ。ドイツ2038年までに全廃、日本でも新設計画転換へ 76

ストーリー by hylom
どうなる石炭 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

ドイツ政府が、2038年までに石炭火力発電を全廃するで同意したそうだ(日経新聞ロイターNAA Europe)。

ドイツは自国内に豊富な褐炭を有しており、世界最大の褐炭産出国だ。近年依存度は下がっているものの、全エネルギーの35%を石炭、褐炭に頼っている状況での決断となる。これには、廃止に伴う国内産業や雇用への手当となる総額400億ユーロ(約5兆円)の支援も検討されているそうだ。これによりドイツは気候変動目標を確実に達成できる見込みだという。

日本でも、石炭火力の新設計画において、中止やほかの燃料への転換が相次いでいる。まず先月12月27日には、中国電力とJFEスチールが計画していた石炭火力建設計画が撤回、LNGへの転換検討開始を表明、(リリース日経新聞)今月27日には、東京ガス、九電、出光などが計画していた新設火力発電を石炭からLNGに変更すると報じられた。(共同通信日経新聞)これにより、スラドでも以前話題になった東京湾岸の石炭火力新設計画3つのうち、2つが中止・転換となり、残りの東電中電の合弁会社が手がける開発も環境相より再考を促す意見書が出ている。

計画転換の理由については、いずれも直接的には環境問題ではなく「採算性が見込めないため」としており、環境汚染は最も酷いが安い電力というイメージのあった石炭も、経済性の利点が薄れ、新設計画は難しい状況に陥っている。

一方の日本政府はインフラ輸出の柱として原発とならんで新世代のクリーンな石炭火力を推進してきた。しかし、それらは環境保護の高まりから、ESG投資の基準に照らし合わないとして、欧米の大規模投資家や銀行からの資金援助が得られないなど逆風が吹いている。日本政府は新たな技術によって、原発も石炭火力もクリーンになっているとし、輸出で途上国のCo2削減に貢献できるとしているが、今度は採算性の方から疑問符が付いた格好だ。原子力発電も同じく採算性から撤退が相次ぎ案件の全て失っている。さらに原発や石炭火力は始動が遅く、出力調整も難しい事から、再生可能エネルギーが中心となる時代を見据えて合わないと言う指摘もある。

その一方で、オーストラリアで褐炭を使いCO2フリーの水素を作る計画も進んでいる。今後どのように推移していくだろうか。

13828335 story
宇宙

市販の望遠鏡とビデオカメラで海王星よりも遠い距離にある小さな天体を観測 11

ストーリー by hylom
金が無くても大丈夫、という話ではない 部門より

国立天文台が1月29日、「小型望遠鏡で捉えた太陽系最果てにある小天体の影」という発表を行なった。「太陽系の最果て」に存在する、今まで存在が知られていなかった天体が恒星を隠す現象が確認されたという(Nature Astronomy掲載論文NHK)。

京都大学の有松亘研究員を中心とする研究グループが、市販されている口径28cmの望遠鏡とビデオカメラを組み合わせ、多数の恒星を60時間にわたり観測した結果、1つの恒星が0.2秒だけ暗くなったことが確認できたという。この現象を調べたところ、半径およそ1.3キロメートルの天体が恒星の前を通りすぎたためにこのような現象が発生したことが分かったという。

この天体は地球から約50億キロメートル離れた場所に位置するとのことだが、こういった遠距離にありかつ小さい天体は観測が難しく、実態がよく分かっていないという。なお、このプロジェクトで使用された観測装置の制作コストは350万円ほどだったとのこと。

13828406 story
教育

危険視される組み体操、それでも一部地域では巨大な組み体操が実施されている 130

ストーリー by hylom
代わりに教師にピラミッドになってもらおう 部門より

国連の「子供の権利条約」委員会が、日本の学校で行われている組み体操について同条約に違反している可能性があるとして審査を行うようだ(東京新聞東スポ)。

審査対象は貧困やいじめなど多岐にわたるが、その1つに組み体操が入ったという。組み体操ではたびたび事故が発生しており、その危険性が指摘されていたことから、スポーツ庁が注意喚起を行う事態になっているが、教育問題に関する研究を行っている名古屋大学の内田良准教授によると、未だに大規模な組み体操を行う学校は存在するという(現代ビジネス)。

内田氏によると、組み体操は「一部の地域で再び巨大化」しているそうだ。また、日本でもっとも組み体操による負傷事故数とその事故率が高いのは兵庫県だという。

13828412 story
Windows

PCユーザーの7割は使用後にシャットダウンしている 185

ストーリー by hylom
自分も使用頻度の低いPCはシャットダウンしているな 部門より

NECパーソナルコンピュータによると、PCユーザーの7割が使用後にPCをシャットダウンしているという(NewsInsight)。

理由としては、かつてはPCの利用後はシャットダウンすることが一般的だったため、それが慣習として続いているのではないかと見られている。

13828557 story
お金

1人当たりの年間消費金額が最も多いオタクは「アイドルオタク」 112

ストーリー by hylom
生身コンテンツはお金がかかるのか 部門より

矢野経済研究所が「オタク」に関する消費者アンケートを行い、そこから算出した分野別のオタク推定人数と1人当たりの年間消費金額をまとめたデータを公表している(矢野経済研究所の発表ITmedia)。

2018年調査結果によると、最も多い「オタク」は漫画オタクで、推定人数は640万人。続いてアニメ、合うドル、オンラインゲームが続く。一方で1人当たりの年間消費金額がもっとも多いのはアイドルで、年間10万3,543円と推定されている。消費金額2位はメイド・コスプレ関連サービス(6万8,114円)、3位は鉄道模型(6万3,854円)。

また、過去の調査結果と比較すると、アイドルオタクの推定人数および年間消費金額は年々増加傾向にあることも分かる。アイドル以外のオタク分野では推定人数がいずれも2017年調査結果よりも減少しているのも興味深い。

typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...