パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのRSSを取り込んでみよう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年3月4日の記事一覧(全9件)
13851916 story
グラフィック

報道各社に配られた岐阜県警の幹部顔写真に「呪」「死ね」という文字 35

ストーリー by hylom
天狗の仕業か 部門より

幹部人事発表とともに報道各社に送られた岐阜県警察の幹部顔写真のうち、1人の写真に「死ね」「呪」といった文字が書き込まれていたそうだ(NHK)。

これらの文字は白いワイシャツの部分に白で書き込まれていたとのことで、一見すると目立たないものの拡大すると文字が判別できるという。警務課が保存している画像も同じようになっていたとのことで、警察から報道に送られた時点ですでにこれらの文字が書き込まれていたようだ。

13851943 story
バイオテック

中国で生まれた「ゲノム編集双子」、遺伝子編集の効果で「賢くなる」可能性 14

ストーリー by hylom
スーパーヒューマン 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

昨年11月、中国の研究者らが人間の胚に対し遺伝子編集を行いHIV耐性を持つ子供を誕生させたことが報じられた。その後この発表は事実と確認されたが(過去記事)、この遺伝子編集の副次的な効果として「賢い」人間が誕生する可能性があるという(朝日新聞ナゾロジー)。

問題となっている遺伝子編集では、HIVの感染を助ける「CCR5」という遺伝子を働かないような処理が行われたとされるが、このたび別の研究者らによって、脳に損傷が与えられた後の神経回路の回復にCCR5が関わっている可能性があることが報告された(Cell誌掲載論文)。CCR5の働きを抑えることで神経細胞の回復が促進され、また外傷性脳損傷が起きた場合の認知能力も改善したという。

また、マウスを使った実験でCCR5遺伝子を切り取ることで「マウスが賢くなる」ことも確認されているという。

13851962 story
変なモノ

宮崎の試験林で「ミステリーサークル」のようなものが生まれる 37

ストーリー by hylom
何が影響したのだろう 部門より

宮崎県の試験林で、杉の密度を意図的に変化するように杉を植えた結果、上空からは林の中に同心円状の模様のような、「ミステリーサークル」のようなものが見えるようになっているそうだ(FNN PRIME)。

この試験林では杉の密度がその生育にどのように影響するかを調べるため、半径の異なる10個の同心円上にそれぞれ36本の杉を植えたという。そのため、外側にある円のほうが杉の密度が低くなるようになっており、その結果密度の低い外側のほうが木の高さが高くなるという状況になったという。

「樹高は木の密度に影響されない」と考えられていたが、実際はこのように密度によって木の高さが変わる結果となっており、これは研究者らにとっては意外な結果なのだそうだ。

13851970 story
Windows

Windows 7のDLL読み込みに関する脆弱性、対策はWindows 10へのアップグレード 71

ストーリー by hylom
既出ではあるが 部門より

昨年5月、複数のMicrosoft製品でDLL読み込みに関する脆弱性が発見されたが、Microsoftはこれに対し「アプリケーション ディレクトリにおけるDLLの植え付けのカテゴリに該当するDLLの植え付けの問題は、多層防御の問題として扱われ、更新プログラムは将来のバージョンについてのみ検討されます」との見解を出していた(Microsoft TechNet過去記事)。これを受けてJVNが、Windows 7 における DLL 読み込みに関する脆弱性として脆弱性レポートを公表した。

問題の脆弱性は「細工されたDLLファイルが実行ファイルと同一のディレクトリに置かれていた場合、任意のコードを実行される可能性がある」というもの(窓の杜Security NEXT)。これに対しMicrosoftはWindows 7においてはこの問題を修正する予定はないとしている。Windows 10ではこの脆弱性を緩和する機能が導入されており、脆弱性レポートでは対策方法として「Windows 10へのアップグレード」が挙げられている。

13851980 story
インターネット

Amazon Dash Button、販売終了 22

ストーリー by hylom
ネタとして買っておけば良かった 部門より

米Amazon.comは2015年、押すだけであらかじめ指定しておいた消耗品をAmazon.comで注文できる「Amazon Dash Button」の提供を開始した。2016年には日本のAmazon.co.jpでも提供が開始されたが、このたびこのDash Buttonの販売が終了された(CNET JapanImpress Watch)。

Dash Buttonは「何百万個」も出荷されたとのことだが、最近ではスマートスピーカーの音声入力で同様の注文が可能になったほか、インターネット接続機能のある家電製品の一部では消耗品が必要になった際に自動的に注文を行う機能も搭載されるようになっているため、Dash Buttonの必要性が薄れたことが販売終了の理由だという。

なお、販売終了後も既存のDash Buttonはそのまま利用できるとのこと。

13851986 story
アニメ・マンガ

「ストライクウィッチーズ」コラボの自衛官募集ポスターに「パンツだ」と批判集まる 230

ストーリー by hylom
今更パンツとは何か問題が蒸し返されるとは 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

人気アニメ「ストライクウィッチーズ」とコラボした自衛官募集ポスターに対し、登場キャラ達が下着のように見える衣装をまとっているモノであったことから「セクハラだ」として批判が集まっているそうである(J-CASTニュース)。

ストライクウィッチーズは、第二次世界大戦をモチーフにした架空の世界で、魔女(ウィッチ)と呼ばれるキャラ達が兵器を模した装備で戦うという作品。ストライクウィッチーズ作中では、下着のようにしか見えない衣装に対してキャラが「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」と語るなど、「下着に見えるが実はズボン」というのが作品世界と視聴者とのお約束となっている。そのためそういう設定だと擁護する声がある一方、お約束が通じない場所でそれをやったら炎上して当然と、冷ややかな声も寄せられている。

13852103 story
ハードウェア

「USB 3.1 Gen1とUSB 3.0は同じ」ということを知っているのは50% 75

ストーリー by hylom
ユニバーサル 部門より

マザーボードやPC周辺機器などを扱うGIGABYTE Japanの公式Twitterにて、USB 3.1 Gen.1とUSB 3.0が同じものであることを知っているかアンケートを行ったところ、半数が「知らなかった」と答えた。これには担当者も驚いたという

USB 3.0と「USB 3.1 Gen1」はまったく同じ規格で、最大10Gbpsというより高速なデータ転送が可能な「SuperSpeed+」に対応するのは「USB 3.1 Gen2」以降となる(ラトックシステムの「超USB入門」)。そのため、「USB 3.1対応」を謳っていてもGen2に対応していない場合、SuperSpeed+の高速通信が利用できないというケースもあるようだ。

なお、現在ではさらに高速な通信をサポートするUSB 3.2という規格も登場しているが、USB 3.2ではコネクタの形状については変更されていないため、USB 3.2対応機器でもコネクタ部分の仕様についてはUSB 3.1という分かりにくい状況にもなっている(@IT)。

13852125 story
テレビ

電通による「2018年日本の広告費」まとめ、ネット広告費が地上波テレビ広告費に迫る 14

ストーリー by hylom
棲み分けが進んだ感じだろうか 部門より
nemui4曰く、

電通が発表した「2018年(平成30年)日本の広告費」によると、2018年のインターネット広告費は1兆7,589億円となり、地上波テレビ広告費の1兆7,848億円に近づいているそうだ(MarkeZine)。

ネット広告費が地上波テレビを上回ると、テレビ局の縮小と淘汰が加速するんすかね。

インターネット広告費は前年比で116.5%と増加。一方で新聞・雑誌・ラジオ・テレビの「マスコミ四媒体」の広告費は前年比で96.7%と減少している。うち特に減少が大きかったのは新聞と雑誌で、それぞれ前年比92.9%、91.0%となっている。

13852235 story
政府

DL違法化の範囲拡大に関する文化庁の資料で恣意的なまとめや誤り・問題が多数あるとの指摘 103

ストーリー by hylom
まとめサイトもびっくり 部門より

動画・音声以外のコンテンツについても海賊版のダウンロードを違法化する著作権法改正案に対し、明治大学知的財産法政策研究所が問題点などを指摘する検証レポートを公開した。「支持する賛成意見を水増ししている」との指摘もある(弁護士ドットコムNEWS朝日新聞)。

ダウンロード違法化の範囲拡大に対して文化庁は「必要な議論は尽くされた」「バランスの取れた内容」などと説明していた(弁護士ドットコムNEWSの別記事)。しかし、文化審議会に参加した委員からは範囲拡大に対し慎重な意見も出ていたにも関わらず、文化庁が作成した配付資料では範囲拡大に対し積極的な意見を多く取り上げ、それ以外の意見を省略するなど、恣意的なまとめが行われていたと検証レポートでは指摘している。また、文化庁の主張についても具体例を挙げて「誤りがある」「問題がある」と指摘している。

typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...