パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年3月18日の記事一覧(全9件)
13863827 story
ビジネス

靴データ持ち出し疑い、元アシックス社員逮捕 33

ストーリー by hylom
手口が雑 部門より

スポーツ用品メーカー・アシックスの元社員が同社から退職時に製品データを持ち出していたとして、不正競争防止法違反の疑いで逮捕された。容疑者はドイツのスポーツ用品メーカー・プーマの関連会社に転職していたという(日経新聞)。

持ち出されたのは靴の画像や性能データなど約3万6千件。メールで個人用アドレスに添付するという手口で、不審なメールの送受信があることに上司が気付いて発覚したという。

13863836 story
ニュース

乳児用の液体ミルクには「乳児にとって母乳が最良である旨の記載」が義務付けられている 81

ストーリー by hylom
ニセ科学かよ 部門より

法改正により、2018年8月より乳児用の液体ミルクの生産が可能になったが、消費者庁の規定ではパッケージに「乳児にとって母乳が最良である旨の記載」が義務付けられ、さらに「当該製品が乳児にとって最良であるかのように誤解される文章、イラスト及び写真等の表示は望ましくない」という要請もあるという(J-CASTニュースTogetterまとめ)。

これに対し批判の声も出ているとのことで、厚生労働省も母乳ではなく育児用ミルクを利用することについて特にデメリットはないとの見解を出しているという。

13863848 story
プライバシ

Chrome 73で「既定の検索エンジン」リストにDuckDuckGoが加わる 26

ストーリー by hylom
利用者も増えているようで 部門より

3月12日にリリースされたChrome 73では、一部の地域でデフォルトの検索エンジンとして「DuckDuckGo」が選択できるようになっていたという(CNET Japan)。日本は対象外のようだ。

DuckDuckGoはプライバシーへの配慮を特徴とする検索エンジンで、ユーザーの情報を記録しないとしている。

13863853 story
ビジネス

よく寝ると報酬がもらえる「睡眠報酬制度」を導入した企業 31

ストーリー by hylom
6時間は少なくないですか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

CRAZYというベンチャー企業が、スマートフォンアプリで社員の睡眠時間を測定し、1週間のうち睡眠時間が6時間を超える日が5日以上あった社員に対し報酬を与えるという「睡眠報酬制度」を導入したそうだ(ITmedia)。

報酬は社内のカフェや食堂で利用できる「ポイント」として支払われるとのことで、6時間を超える睡眠をとった日が5日間なら500ポイント、6日間で600ポイント、7日間なら1000ポイントを付与する。

これに参加した社員の睡眠時間が増えたほか、「風邪を引く回数が減った」「睡眠時間の短い人がいた場合、チーム内で仕事の割当を変えるようになった」といった動きが出てきたという。

13863939 story
携帯通信

米シンクタンク曰く、携帯電話料金の「端末と回線の分離」はイノベーションを阻害する 61

ストーリー by hylom
5Gを導入しなければ良いんじゃないですかね(皮肉) 部門より

今年1月、総務省の有識者会議が回線・スマホのセット販売禁止を提言したことが報じられたが、こういった「端末代金と通信料金の分離」はイノベーションを阻害するという話が出ている(ITmedai)。

携帯通信分野においては近い将来「5G」と呼ばれる新規格が導入されるが、米国のシンクタンクProgressive Policy Institute(PPI)によると、端末購入補助や端末と通信サービスのセット販売は技術革新が早い時期では消費者にとってメリットがあるという。

また、日本では楽天が独自で回線網を整備しての携帯電話サービス提供を計画しているが、端末の購入補助を禁止されることはこういった新規参入事業者にとって不利だともしている

13863940 story
お金

北朝鮮、サイバー攻撃で5億ドル以上を稼いでいたとの試算 19

ストーリー by hylom
詳細情報が待たれる 部門より

北朝鮮のハッカーが世界中の金融機関を狙ってサイバー攻撃を行い不正に金銭を得ていると報じられている(日経新聞Forbes JAPAN毎日新聞)。

北朝鮮が2017年1月から2018年9月までに少なくとも5億ドル以上をこういったサイバー攻撃で稼いでいたとの試算が出たようだ。また、昨年には国内の仮想通貨取引所のコインチェックが不正アクセスを受け多額の仮想通貨を引き出される事件が発生したが、これにも北朝鮮が関わっていたという。

13863942 story
インターネット

IoT機器侵入調査「NOTICE」を受けたとの報告例 30

ストーリー by hylom
観測 部門より

昨年NICTが国内IPアドレスを対象としたポートスキャンを実施することが話題となった。現段階では実際にポートスキャンが実行されているようだが、このポートスキャンを受けた複数のユーザーが、どのようなアクセスを受けたかを報告している(INTERNET Watch)。

これらの報告によると、ポートスキャンはさまざまなポートを対象に行われていたとのこと。また、SSHについては総当たりでよく使われるようなIDとパスワードの組み合わせでログインを試み、ログインに成功したら「echo foo」コマンドを実行していたという。

13863943 story
インターネット

ISPによるブロッキングは違法だとして訴えた裁判、ブロッキングの違法性については判断されず請求棄却に 19

ストーリー by hylom
まあそうなるよね 部門より

昨年、NTTグループの海賊版サイトへの接続遮断(ブロッキング)に対し訴訟の動きがあったが、その後実際にNTTコミュニケーションズのインターネット接続サービスを利用しているユーザーがブロッキングは違法だとして裁判を起こしている(弁護士ドットコムNEWS)。これに対し3月14日、原告の請求を棄却された(続報)。

伊藤雅浩弁護士の解説によると、NTTコミュニケーションズ側は「ブロッキングを行う予定はない」としていたことや、ブロッキング対象の海賊版配信サイトがすでに閉鎖されている、もしくはアクセス数が激減しているとして今後ブロッキングを行う蓋然性が高いとはいえず、ブロッキングの差止の必要性はないとして却下となったようだ。また、裁判ではブロッキングの違法性については判断されなかった。

13864086 story
プライバシ

官報に掲載された破産者情報をGoogleマップ上にマッピングするサイトが登場し議論になる 194

ストーリー by hylom
どこかの組織が同じことをこっそりやってるかもしれませんが 部門より

政府は官報にてさまざまな情報を公告しているが、その1つに破産関連の情報がある。破産手続きを開始した者の氏名、住所、破産管財人といった情報が掲載されており、誰もが閲覧できるほか、インターネット経由でも直近30日分は無料で閲覧できるようになっている。こういった官報に掲載されている破産者情報を収集し、Googleマップにマッピングして表示するサイトが登場した(BuzzFeed News週刊実話)。なお、現時点ではサイトは閲覧できない状態になっている。

これに対し、不利益を受けるとして集団訴訟を起こすという動きが早速起きている(「破産者マップに関する集団訴訟」プロジェクト)。

なお、かつて大量の電話番号・氏名・住所情報を無料公開しているサイト「住所でポン!」 を作った「鳥取ループ」氏によると、こういった行為を禁止する法的に明確な根拠がないため、サイトやサイト運営者に対する法的手続きはおすすめできないという。

typodupeerror

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

読み込み中...