パスワードを忘れた? アカウント作成
13887085 story
交通

ロードバイクで市道の幅2cmの排水溝にハマって怪我をした男性が市を訴えていた裁判、二審は市側の勝訴 139

ストーリー by hylom
自転車乗るなら誰もが気を付けるアレ 部門より

ロードバイクで市道を走行中、路肩の溝にタイヤが挟まって転倒し怪我を負った男性が岡山市を訴えていた裁判で、広島高等裁判所岡山支部が「道路が通常あるべき安全性を欠いていたとは言えない」として原告の訴えを退ける判断を示した(NHK山陽新聞)。

この裁判では、原告の自転車のタイヤが挟まった幅2cmの排水用スリットが安全性を欠いていたかどうかが争点となっており、一審では「注意深く観察していれば、隙間を認識することが可能であった」と原告の過失を認めつつも、「2cmという幅はタイヤのはまり込みを抑制するには広すぎる」として道路管理に瑕疵があるとの判断を出していた。

一方の二審では、「一定の排水性能を確保する必要があることを考慮すると、隙間の幅が過大とは認めがたい」とし、また以前に同種の事故が発生していないことから「自転車運転者が適切な操作を行うことにより事故を回避することができる」と判断したとのこと。

  • 岡山溝 (スコア:5, 興味深い)

    by simon (1336) on 2019年04月15日 17時52分 (#3599497)

    この種の道路の排水用のミゾは岡山特有なんだよね。

    全国各地で道路工事のお作法はちょっとづつ異なるんだけど「道路脇の側溝の蓋上に2センチの隙間を道路進行方向に沿って設ける」というのは岡山にしかない。ほかの地方では数メートルおきに金属の網(グレーチング)の集水口作ったりしてるんでそっちのほうが安全。

    自転車だけじゃなくて女性のヒールとか、老人の杖とかハマって危険なのでやめたほうがいい。(グレーチングでもハマルのは同じだけどアレは大きいから見分けやすい)

    ここに返信
    • Re:岡山溝 (スコア:5, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2019年04月15日 18時16分 (#3599512)

      この記事 [mainichi.jp]に写真が載っています。

      写真だと実感が湧かないけど、これが幅2cmならたしかに怖い。ふらついても大丈夫なように、溝よりも70cmくらいは右を走るよう気をつけたいものです。

      • by LARTH (14573) on 2019年04月15日 21時13分 (#3599637) 日記

        この溝の周りって砂やらゴミやら載ってることがあるうえにアスファルトより滑りやすいんで近寄っちゃ駄目なとこです。

        タイヤ幅4cmぐらいの古いランドナーですが、濡れてる時にハンドル取られてえらく怖かったことがありました。岡山市に住んでたころなんで20年以上前の話。

      • by Anonymous Coward

        この写真に写ってるおばさん、なんで右側走ってんの?捕まえろよ

        • by unclear (16660) on 2019年04月15日 19時18分 (#3599545)

          まさにこの写真を撮ってる人を避けるためでしょうね

          • by Anonymous Coward
            記事で話題になっている「路肩走行注意」の看板を避けるためという可能性も。
        • by Anonymous Coward
          マジレスするとそこは歩道だから。自転車通行可の歩道は左右関係なく徐行していいのよ。
          • by Anonymous Coward on 2019年04月15日 21時39分 (#3599654)

            https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/deta... [e-gov.go.jp]

            (普通自転車の歩道通行)
            第六十三条の四 普通自転車は、次に掲げるときは、第十七条第一項の規定にかかわらず、歩道を通行することができる。ただし、警察官等が歩行者の安全を確保するため必要があると認めて当該歩道を通行してはならない旨を指示したときは、この限りでない。
            一 道路標識等により普通自転車が当該歩道を通行することができることとされているとき。
            二 当該普通自転車の運転者が、児童、幼児その他の普通自転車により車道を通行することが危険であると認められるものとして政令で定める者であるとき。
            三 前二号に掲げるもののほか、車道又は交通の状況に照らして当該普通自転車の通行の安全を確保するため当該普通自転車が歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき。
            2 前項の場合において、普通自転車は、当該歩道の中央から車道寄りの部分(道路標識等により普通自転車が通行すべき部分として指定された部分(以下この項において「普通自転車通行指定部分」という。)があるときは、当該普通自転車通行指定部分)を徐行しなければならず、また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければならない。ただし、普通自転車通行指定部分については、当該普通自転車通行指定部分を通行し、又は通行しようとする歩行者がないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行することができる。
            (罰則 第二項については第百二十一条第一項第五号)

          • by Anonymous Coward

            車道寄りがルールだろ。

    • by Anonymous Coward on 2019年04月15日 18時23分 (#3599517)

      静岡にもありましたよ。

      • by Anonymous Coward

        静岡にもありましたよ。

        静岡のは縁石のすぐそばにミゾがあるので自転車はペダルが邪魔になってそもそもその上を通れない
        岡山溝は側溝蓋の中央部に長いミゾを作ってあるのでハマって危険

        • by Anonymous Coward

          いや路側帯しかない道にもある場所がある。
          実際ロードでコケたから覚えている。

    • by Anonymous Coward on 2019年04月15日 18時41分 (#3599521)

      道路の規格って日本国内では統一されたものがあるかと思ってたが違うのか
      (道路構造令ってのがあるが こんな細かいのはローカルルール?)
      他にもローカルルールあるのかな

      • by simon (1336) on 2019年04月15日 18時50分 (#3599532)

        道路の規格って日本国内では統一されたものがあるかと思ってたが違うのか
        (道路構造令ってのがあるが こんな細かいのはローカルルール?)
        他にもローカルルールあるのかな

        山陰あたりでは「この道路を作ったのは誰」みたいな銘板が地面に埋め込んであったり
        静岡は道路と歩道の段差がなかったり(歩道側の縁石の一部が切り欠いてあって、自転車や車いすが段差を感じずに通れるようになってる)
        京都は歩道に傾斜をつけたがらず、道路のほうを盛り上げて歩道につなげる傾向があるとか

        全国各地を自転車で走ってるとそういう特徴が分かって面白いです

        • by Anonymous Coward

          幅とか、道路交通法に矛盾しない程度の縛り位しかないのかも知れませぬ
          あとはJIS規格で用品(アスファルトとかコンクリートとか縁石とか鋲とか)が
          決まっているとか
          かな

      • by tsukachan (26170) on 2019年04月16日 15時56分 (#3600136)

        東京都では4~5区毎にある建設事務所毎に違いますよ。ほとんど似たり寄ったりですが。
        地盤の悪い足立、江東、江戸川あたりと山の手の練馬、杉並、中野あたりとは違うのはまあ理解できます。
        それと各区でもそれぞれ標準構造が違います。(似たり寄ったりではあるけれど)

        --
        日本一のスチャラカエンジニア
  • by Anonymous Coward on 2019年04月15日 17時51分 (#3599496)

    全て侵攻方向に対して横向きにしろって。

    ここに返信
  • 教訓 (スコア:3, 興味深い)

    by Anonymous Coward on 2019年04月15日 17時53分 (#3599500)

    ママチャリでもはまり込みそうな溝はあるんだから、舗装路以外は走るなというのがロード乗りの教訓だよ
    それがいやなら、もうちょっとタイヤの太いクロカンレーサーかスリック・タイヤを履いたMTBを選びましょう

    ここに返信
  • 側溝に段差があったり、U字溝があったり、用水路があったり、
    舗装面の外側はいろいろでしょうし、
    小さな溝で遠くからはっきりわかりにくかったのだとおもいますけど、
    そういう溝をいっさいなくせとか、全面に蓋をしろとかいうのも、全国的に大掛かりな対応が必要になってしまうので難しいところなんじゃないですかね。
    自転車向けの対応が遅れている側面もあるとは思うので、
    現状は乗り手に気をつけていただきながら徐々に改善をという感じなら、
    行政側の過失とまで言えないというのも腑に落ちます。

    ここに返信
  • by the.ACount (31144) on 2019年04月16日 12時49分 (#3600013)

    2cmに嵌るタイヤなんてあるんだ!

    --
    the.ACount
    ここに返信
  • by miishika (12648) on 2019年04月16日 22時04分 (#3600369)
    難癖をつける奴が敗訴してよかった。ざまあみろだ。
    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2019年04月15日 17時44分 (#3599491)

    この男性が道交法を全く知らなかったのかという話にはならないのかしら?
    ※1.9mmなら事故は防げたの?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2019年04月15日 17時53分 (#3599499)

      この男性が道交法を全く知らなかったのかという話にはならないのかしら?
      ※1.9mmなら事故は防げたの?

      道交法知らないのお前やろ

      • by Anonymous Coward

        路肩は道路交通法で定義されてないので道交法では判断できないっていうのが結論かと

        一応つけ足しておくと路側帯は歩道がない場合なので路肩(車道と歩道の間)とは別

    • by Anonymous Coward

      今回の事故は防げた可能性はある
      ただし他の同種の事故が起きた可能性もある
      一番危ないのがタイヤ幅と溝が一致してしまうこと
      こうなるとハンドルを切ることもできずに転ぶのみとなってしまう
      縦方向の溝という作り自体を変えないと事故は今後も起こる

    • by Anonymous Coward

      路側帯を車両が通行して良いかどうなは歩道の有無で変わる
      歩道が別に用意されていれば通行して良いし
      歩道が無いなら基本的には通行してはならない

      厳密に言うと、歩道がある場合の車道と歩道の間のあれは
      路側帯ではないって話なのだけれど。

  • >以前に同種の事故が発生していないことから

    タイヤ幅に違いが有る事を全く考慮していない判決ですねw
    2cmのスリットをママチャリとかでよくあるタイヤ幅3cm前後の自転車なら通っても安全だと思われるけど、
    タイヤ幅2cm前後のロードバイクは死活問題だと思うんだが。

    #排水路の設計にそこまで考慮する必要があるのかは別問題

    ここに返信
typodupeerror

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

読み込み中...