パスワードを忘れた? アカウント作成
13910339 story
医療

ノバルティスのガン治療新薬「キムリア」、保険適用が決まる。1回分で3,349万円 74

ストーリー by hylom
保険の正しい役割ではある 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

厚生労働省が、ノバルティスの白血病新薬「キムリア」の保険適用を決めた(日経新聞 毎日新聞朝日新聞)。

キムリアは「CAR-T細胞療法」向けの薬で、一部の白血病やリンパ腫患者が対象。患者から白血球を採取し、そこから免疫細胞(T細胞)を取り出して遺伝子操作した上で培養することで製造する。適用できる患者は「B細胞」という血液細胞の一種ががん化したタイプの白血病患者(25歳以下)およびB細胞が原因の「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」患者。若年の白血病患者8割で治療効果が見られたという。

一方で、その公定価格(薬価)は3349万円と高価になる見込み。保険適用となった場合、自己負担は約41万円ほどになるようだ。ただ、投与は1回で済むほか、適用される患者数(見込み)は年間216人と少ないという。

  • by Anonymous Coward on 2019年05月16日 18時56分 (#3615865)

    最近になって、完治したように見えて実は後々再発する例も結構あるということがわかってきた。

    「いったんがん細胞が消失しても、再発する患者がいる」。 [nikkei.com]
    世界最高峰のがん研究機関、米メモリアル・スローン・ケタリングがんセンターは2月、
    米医学誌に世界を驚かせる研究結果を発表した。

    調査期間は2010年から16年までの約6年間。CAR-T療法を受けた患者53人のうち44人(83%)で、
    体内のがんがほぼ消失する「完全寛解」となった。しかし、53人のうち半数の患者がおよそ13カ月で死亡した
    という。
    いったんがん細胞が消えたのに再発してしまったのだ。

    数千万円かけても結局半数は助からないとは。
    比較的新しい治療法だから、これから他の治療法と組み合わせるなどノウハウを積み上げて
    治療成績も上がっていくのだろうけど。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      記事中の2月は多分2016年2月かな。
      https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27207800 [nih.gov]

      最近というわけではなく、そういう問題(弱点)が知られているので今後持続性向上が課題、という話のようす。
      なので、投与する際はこれらも説明したうえで、となるのではないでしょうか。

      >数千万円かけても結局半数は助からないとは。
      コスト590円でがんが消える [srad.jp]場合もあるようだし、高額だから必ず治るというものではないからね。

    • by Anonymous Coward

      他に手の施しようがない悪性のガンで半数が助かるなら、十分高い方じゃね?

      #他に手の施しようのない みずほ案件に 末期のデスマーチに送り込まれる補充要員が、
      #納期までに全てのバグを修正して、完全な状態で納品できる確率って、一体どんくらい残ってるんだろう……
      #もうちっとだけ続くんじゃ

      • by Anonymous Coward

        血液のガンである白血病は、うまくいくとしっかり直るパターンがあるから、そう見えるのかな > 数千万円かけても結局半数は助からないとは。

        他のガンを考えると、特定パターン用と考えてもなかなかのものだとは思うんですけどねえ

        # とはいえ、現在のガン治療での各種別と各ステージでの予後と延命度合とか寛解率とかくわしくないけどさ

  • by Anonymous Coward on 2019年05月16日 18時29分 (#3615843)

    新薬ベンチャーすごい。株取引のスレッドでは以前から注目だし、今年も1月後半から保険適用がいつからになるのかと下落する株価を見つめていた人は多いはず。今まで引っ張ったのかというのが、本音。ノンホルダーだけど

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      新薬って、
      スーパーウルトラハイパーハイリスク、ハイリターン
      ぐらいですか?

    • by Anonymous Coward

      マーティン・シュクレリ「また一人詐欺に引っかかるアホが釣れたぜ」

  • by Anonymous Coward on 2019年05月16日 18時36分 (#3615848)

    > ただ、投与は1回で済むほか、適用される患者数(見込み)は年間216人と少ないという。

    と言うけど、自己負担外(=保険負担)は一人当たり3308万円。216人分で71億4528万円。あまり安くはない。

    あと、「年間」というのが気になる。リンク先の日経新聞には

    > 治療対象は白血病の患者で抗がん剤が効かなかった人などに限定する。対象は216人と見込まれている。市場規模は72億円だ。

    となっているので、現在日本国内にいる対象者が216人。今後増えても年に10人増えるかどうかじゃないか?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2019年05月16日 18時46分 (#3615855)

      たとえば湿布の保険側負担は年1000億円以上だそうな
      また70歳以上が7割消費だそうな
      安いか?高いか?この薬で年100億の価値くらいはありそうか?

      https://news.yahoo.co.jp/byline/mamoruichikawa/20161113-00064371/ [yahoo.co.jp]

      • by Anonymous Coward on 2019年05月17日 14時03分 (#3616280)

        キムリアの保険適用は25歳以下の若者限定らしいので、老い先短い老人に貼っても貼らなくても大差ないシップを処方するよりは価値は大きいと思うよ。

        291人の生涯賃金2億円くらい?
        (昔は3億くらいあったけど)
        賃金だけでも582億円の経済的効果。
        間接的な経済効果を考えても1000億円は軽く超えるよね。

        #命をお金に換算するのはちょっとアレだが。

      • by Anonymous Coward

        うちも親や祖父母が残した使用期限切れのシップが山ほどあって保険料ムダになってるな、もったいない

        • by Anonymous Coward on 2019年05月17日 7時47分 (#3616107)
          開封済みの物は10年くらい放置すると張り付け面がドロドロに溶けて漏れ出るから
          、あるなら周囲の物に溶け出さない内に処分しといた方が良いよ。
          掃除する時色んな物溶かし混ざってるの見つけて、うわぁぁ面倒くせえって成るから。
      • by Anonymous Coward

        病院って基本的に薬(処方)出さずに帰してくれないよね。痛み止めとかしか処方されなかったときは買わずに帰ってるけど、寝てれば治る病気だと判ったらそのまま帰してほしい。

        • by sitosi (38952) on 2019年05月17日 2時03分 (#3616063)

          病院って基本的に薬(処方)出さずに帰してくれないよね。

          自分が長い間通院していた大学病院でも、その後、通院している近所の総合病院でも、もちろん、病気の種類によってはきちんと薬が処方されるけれど、よほどのことがない限りどちらの病院も薬の処方は無いですね。怪我や風邪やインフルエンザ等でもまず薬は処方されません。熱があったり、痛みが酷かった時になどは「必要ないとは思いますけれど、念のため鎮痛剤(解熱剤)を何回分か処方しておきましょうか?」と訊かれることはありますが、その時も「要りませんよね?」という意思が伝わってきます。自分も不必要に薬を飲みたいタイプじゃないので、最近は無駄な投薬はしなくなってるのだなと思っておりました。ちなみにどちらの病院も医師が懇切丁寧に症状を説明しててくれて、検査結果などもきちんと印刷して説明してくれます。薬を投与する時にも、どの薬にはどういう効果があって、かつどういう副作用があるかもきちんと説明してくれますので、どちらの病院も信頼しています。

          そうそう、

          寝てれば治る病気だと判ったらそのまま帰してほしい。

          インフルエンザだと診断された時も「基本的には家で安静にして寝ていれば数日で治ります」と言われて帰されました。

        • by LARTH (14573) on 2019年05月16日 23時28分 (#3616023) 日記

          それは病院(医者)を変えるべき。

        • by Anonymous Coward on 2019年05月17日 9時12分 (#3616142)

          残念ながら診断だけして帰そうとすると患者のほうが怒るので、当たり障りのない薬を処方するんですよ。

          ついでにいえば、普通の医者なら「この前出した薬はまだありますか?もう少ない?じゃ少しだけ出しておきますね」って言う。

          感染症に伴う発熱は、発熱自体が体の防衛機能なのですぐ解熱しちゃダメだけど、あまり頑張りすぎると体力の消耗も激しくなりますし、弱っちゃいます。
          なので、あまりにつらいときには解熱剤を飲むのがいいんです。

        • by Anonymous Coward

          それはあなたが薬が欲しい顔をして診察してるだけなのでは。

        • by Anonymous Coward

          もしかして: 手ぶらで返すと要らぬ噂が立つ地域。「何も要らないならこんな待たすとこ来てないわ!」とかいうやつです。
          explicitに「どっちでもいい薬は要りません」と宣言すろと、「ええんですかほんまに。ほな。。」といって帰されます。
          ただし、主治医との信頼関係を要します。

    • > 現在日本国内にいる対象者が216人。今後増えても年に10人増えるかどうかじゃないか?

      「今216人いて年10人増える」って、この薬がなくても20年は生きられるってことで、全然切迫感ないじゃないですか。
      今回の薬は、「他の治療方法が効かず、このままなら確実に死ぬ」レベルの人が対象の薬ですよ。

      ニュースリリースより [novartis.co.jp]

      アンメット・ニーズが高い再発・難治性のALLとDLBCL
      (略)
      日本におけるALLの総患者数は約5,000人、新たにALLと診断される小児患者数は約500人と報告されており、患者さんの約20%で再発がみられます。
      (略)
      日本におけるDLBCLの総患者数は約21,000人と報告されています。
      (略)
      これらの患者数データをもとに、ノバルティスで試算した「キムリア」治療の想定患者数は、B-ALLとDLBCLを合わせて、ピーク時で約250人/年を見込んでいます。

      ってことで、日本に患者は2万6千人いて、今後も毎年見込まれる人数が250人です。

  • by Anonymous Coward on 2019年05月16日 19時07分 (#3615869)

    本当に必要な治療な薬には高くてもお金は出す必要がある。
    なので、この3000万円は保険でOK。
    普段の風邪薬とか湿布とかは、保険から外すべき。

    自動車保険で1億の保険に入るよね。で、小さな傷で保険使わないよね。
    同じように、死やQOLにとてもかかわる薬や治療には保険適用して、
    たいしたことない薬や治療は保険でなくすべき。

    あと、自動車保険のように20級の制度でも採用して、保険料も人により差をつけるべき。
    今は収入だけだが、追加で健康についての努力を入れる。
    健康診断うけないと毎年1級下がるとか、BMI30超えで、1について1級下がるとか。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2019年05月16日 19時37分 (#3615882)

      そうなると、みな重病化するまで医者に掛かろうとしなくなり、結局重病患者の数が増えて
      よりコスト高になってしまう可能性がある。

      定期的な健康診断にも健康保険が適用されるのは、そうやって日ごろからこまごまとした不具合を治していった方が、
      たとえそれに保険が使われるとしても、トータルで安上がりになるという計算があるからなんだよ。

      • by Anonymous Coward on 2019年05月16日 22時37分 (#3615996)

        健康診断を真面目に受ける人は長生きするので、平均の生涯医療費は逆に高くなるというのが、予防医学界の定説です。
        (いま健康診断受診を進めたがっているのは、なぜか通産官僚)

        もちろん多くの人が健康で長生きするのは良いことだけど、健康診断の促進と医療費抑制とは切り離して考えたほうがいいです。

      • by Anonymous Coward

        えと、健康診断は保険外です。

        予防を重視すると安いんですよね。分かります。
        だから、健康診断受けると保険料安くなる制度を導入するんですよ。
        タバコ飲酒で、保険料高くする。
        こうして、健康に気を遣うように仕向ける。結果として全体として安くなる。

        • by Anonymous Coward on 2019年05月16日 20時04分 (#3615898)

          確かに、原則として健康診断は保険適用外です。

          ただし、健康診断(人間ドックを含めて)であっても、一部の検査で保険が使えたり、健康保険組合等が検診費用の一部を補助したりするので、ある意味では健康診断に保険が使えます。

          • by Anonymous Coward

            市区町村がやっているのは、どういう財源でやってるのだろう。
            なんだかんだで、みんな格安で健康診断受けることできるような。

            • by Anonymous Coward

              そう、そこに言及しない人が上の方に多いですね
              独身会社員だと知らない世界なのかな

        • by Anonymous Coward

          > えと、健康診断は保険外です。

          うんにゃ [kenpo.gr.jp]。

    • by Anonymous Coward on 2019年05月17日 0時15分 (#3616044)

      それが今自分が健康だから言えること。
      無条件でみんなが入れて同じ保護を受けられるのは素晴らしいと思うぞ。
      いつ自分がお世話になるかもわからんからな。
      受益ないのに払うだけで不公平感を感じる人は自分が健康でいられるのがラッキーだと思うべきだよ。

    • by Anonymous Coward

      「べき」が多いけど、なぜそう思うのかがあまりわからないな

    • by Anonymous Coward

      ビタミンCとか、街で手軽に買えるようなものは保険から外すような動きも
      あるとか聞いた気がする
      化粧品みたいな使われかたをした酷い例も聴いたことあるし(保湿剤だっけ?)
      それはまあ仕方ないような気がする

      • by Anonymous Coward

        >化粧品みたいな使われかたをした酷い例も聴いたことあるし(保湿剤だっけ?)
        美容目的で使われて問題になったのはヒルドイドですね。
        単体での処方の場合は保険適用から外すようにという提言もあったようです。
        https://www.huffingtonpost.jp/2018/01/24/maruhocream_a_23341813/ [huffingtonpost.jp]

    • by Anonymous Coward

      保険適用するかという事よりも、トリアージの思想が必要なのでは。
      イギリスは医療は自己負担なしだけど、「死にそうな人から先に診る」ので、
      単なる風邪などで行ったりしたら、二日待たされるという。

      むしろ、病気休暇のシステムが必要のような。
      休暇を申請して医者にはいかず、市販薬を飲んで自宅で寝るのが最善だよ。
      日本だと「風邪薬を飲んで、さあ今日も電車で会社に通勤しよう!」というオチだし。
      風邪持ちが出社したら、保健所に通報されて強制入院となるようなシステムを作ろうぜ。

      • by Anonymous Coward

        二日どころか二週間とか待たされますよ
        風邪レベルで病院行く意味ないです

  • by Anonymous Coward on 2019年05月16日 19時25分 (#3615877)

    25歳を1日でも過ぎてしまったら、もう保険適用外か。きびしー。
    そんなに効果が年齢に敏感なの?あるいはほとんど子供しか罹らないタイプの白血病?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2019年05月16日 22時29分 (#3615990)

      副作用がかなりきつくて、それに耐えられるのが「若い人」とのことのようです。どこかで具体的な数字で線引きしなきゃならないので、25歳に設定した模様

      実際の運用では投薬するのは20代前半までなんでしょうね

    • by Anonymous Coward on 2019年05月17日 0時44分 (#3616053)

      このような高額医療は国民皆保険で賄う限度を超えてると思うし、
      やるとしても若い世代に限定すべきって話かもな。

      病気がなくたって老い先短い年齢に公金投入とか札束を火葬場の燃料に使うようなもの。

    • by Anonymous Coward
      定義の問題でしかないのでつまり
      若年とは25歳以下を指し、26歳以上はオ[ジバ]サンということだ。
  • by Anonymous Coward on 2019年05月16日 22時44分 (#3616000)

    10年で開発費を回収するとして、投与数が200単位、一単位の価格が4000万円のとき、開発費を概算せよ。ただし、金利は考えない。

    # 4万円の自己負担で、C型肝炎が完治したので AC

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      ただし、特許、名声など、転用可能な資産は、回答者が推定せよ。(課題

  • by Anonymous Coward on 2019年05月16日 23時21分 (#3616021)

    負担額が41万といっても、年収370万~770万の世帯だし
    370万未満なら5万7600円、住民税非課税世帯なら、3万5400円
    子供の医療費無料又一部負担の自治体も多い

    ここに返信
typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

読み込み中...