パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年6月1日の記事一覧(全8件)
13922829 story
教育

学生ローンを支払えなかったゆえに国外逃亡する米国学生たち 100

ストーリー by hylom
奨学金と言わないだけマシ? 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米国では学生ローンに返済に困った末に国外に逃げ出す学生が増えているという。

たとえばChadd Haagさんは、ローン返済から逃れるためいくつかのアイデアを検討、洞窟で暮らそうとまで考えていたという。その結果、彼はインドのジャングルに住むことに決めた。そこは1日で4頭のゾウを見かけるような場所であるらしい。

何人の学生が米国を去ったかという具体的なデータは存在しないとのことだが、カレッジ・アンド・カレッジ・アンド・ユニバーシティズ協会のBarmak Nassirian氏によると、米国の学生ローン返済未払金は過去10年間で3倍に増加し、2022年までに2兆ドルまで増加すると予測されているそうだ。

学生の卒業時の平均債務は、1990年代初頭は16,000ドル(約176万円)であったのに対し、現在約30,000ドル(約329万円)ほどにまでインフレしている。原因は学士号取得費用の増加だが、学士号者の給与は、過去数十年間にわたってほぼ横ばいのままで、これが返済未払い金が増える理由の1つだという。先のChadd Haagさんは働いて給与をもらっても、学生ローンを返済するとほとんど手元にお金が残らない生活が続いていたという。

同様に中国に脱出、現在はウクライナで生活するChad Albrightさんは「大学は私の人生を台無しにしたような気がします」と語っている。また、日本に脱出した学生もいるとのこと。Katrina Williamsさんは借金返済のために週7日働いて疲れ、2015年に千葉に引っ越した。現在は学生に英語を教えており、週7日働く必要はなくなったという。彼女はいずれ米国に戻ることを考えているが、借金は10万ドルを超えるまで増えているとしている(CNBCSlashdot)。

13922836 story
インターネット

香川県にはネット監視班が存在する 57

ストーリー by hylom
関西ではそういう動きが強いのだろうか 部門より

香川県には「インターネット差別事象監視班」というチームが存在し、ネットの監視を行っているそうだ(毎日新聞)。

このチームは県から1人、市町から5人の計6人が参加しており、複数のネット掲示板を監視。「同和地区」に関する悪質な書き込みを見つけた場合に削除を要請するという。この活動では過去16年間で計1580件の書き込みについて削除を要請し、半数近い763件が実際に削除されたという。

なお、奈良県では2003年にネット掲示板への差別投稿をチェックする試みを行っていたそうだが(過去記事)、こちらが現在も続いているかは不明。

13922840 story
インターネット

カタカナの「ツ」、海外で顔文字として使われ大人気に 68

ストーリー by hylom
ちとして使われるㄘのようなものか 部門より

片仮名の「ツ」が海外でアスキーアートとして絵文字代わりに使われているという(BEST T!MES)。

「ツ」は「:)」や「;)」のような、いわゆる「スマイリー」として使われているそうで、「㋡」も同様の文脈で使われるという。「¯\_(ツ)_/¯」のような使い方もされているそうだ。

13923391 story
idle

国際疾病分類第11版では「燃え尽き症候群」が明確に定義される 14

ストーリー by headless
定義 部門より
世界保健機関(WHO)総会で5月25日に採択された国際疾病分類第11版(ICD-11)では、「燃え尽き症候群」の定義が明確化されている(QD85 Burn-outSlashGearの記事)。

現行のICD-10でも「燃え尽き」(Burn-out)は健康状態に影響を与える要素の一つとして取り上げられているが、定義としては「活力が消耗した状態」といったものだった。ICD-11では「燃え尽き」を「慢性的な職場でのストレスの結果生まれる症候群」と定義しており、職業に関連する状況に限定し、他の生活領域での体験に適用すべきではないと明記した。特徴としては 1)エネルギーが減少または消耗したような感覚、2)自分の仕事に対する精神的な距離の増加、または自分の仕事に関する否定的・冷笑的な感覚、3)職業的な効力の減少、という3つが挙げられている。

ICD-11はWHO加盟国で2022年1月1日に発効する。
13923393 story
地球

米エネルギー省次官曰く、天然ガスは「freedom gas」 29

ストーリー by headless
自由 部門より
米エネルギー省次官のマーク・メネゼス氏が天然ガスについて、「freedom gas」(自由のガス)と表現している(米エネルギー省のプレスリリースArs Technicaの記事Slateの記事The Registerの記事)。

メネゼス氏は5月29日までカナダ・バンクーバーで開催された第10回クリーンエネルギー大臣会合(CEM10)に出席し、テキサス州クインターナのFreeport LNGでの液化天然ガス(LNG)生産拡大に伴って追加の輸出をエネルギー省が認可したことを発表した。メネゼス氏によれば、米国の同盟国へ多様で廉価なクリーンエネルギー源を提供することを通じて世界にfreedom gasを広げるため、LNG輸出量の増加は非常に重要とのこと。同じくCEM10に出席したエネルギー省化石エネルギー担当次官補のスティーブン・ウィンバーグ氏はfreedom gasという言葉を使わなかったものの、天然ガスを「molecules of U.S. freedom」(米国の自由の分子)と呼んでいる。

Slateの記事によると、「freedom gas」という言葉を初めて使ったのはEURACTIVの記者だという。5月1日の記者会見でエネルギー長官のリック・ペリー氏は欧州へのLNG輸出量増加について、欧州をナチスドイツの占領から解放したように、今度は兵士ではなくLNGという形で自由を届けると述べている。これに対し記者が「freedom gas」という表現が適切かどうかを質問すると、ペリー氏は「あなたの見方は正しいと思う」と回答したとのことだ。
13923651 story
政府

戸籍の正本をデジタルデータに変更する戸籍法改正が官報告示 92

ストーリー by headless
変更 部門より
yasuoka 曰く、

5月31日付の官報号外第23号で、戸籍法の一部を改正する法律が告示された。デジタルファースト法による住民基本台帳法改正とマイナンバー法改正に伴うもので改正が非常に多岐に渡るのだが、勘所は以下のようなものである。

戸籍法改正では戸籍の正本が紙の「帳簿」(第七条)からデジタルデータに変更される。第百十八条の改正と附則第三条の経過措置により、紙の戸籍には戻れなくなる。また、新設された第百二十条の二により、これまで本籍地でしか取得できなかった「戸籍謄本」(戸籍全部事項証明書)が「戸籍電子証明書」の形で全国どこの市区町村でも取得できるようになる。

住民基本台帳法改正の目玉は「戸籍の附票」のデジタルネットワーク化である。第三十条の四十一~第三十条の四十四の十二を新設し、戸籍の附票ネットワークを住民基本台帳ネットワークと同様に全市区町村と全都道府県とJ-LIS(地方公共団体情報システム機構)の間で構築する。

13923395 story
ストレージ

GPartedがバージョン1.0.0に到達 20

ストーリー by headless
到達 部門より
パーティション操作ツール「GParted (GNOME Partition Editor)」が5月29日、最初のバージョンから15年近い時を経てバージョン1.0.0に到達した(GParted News Item 224リリースノートPhoronixの記事Softpediaの記事)。

リリースノートによるとメジャーバージョン番号の変更は従来のGPartedより安定することを示すものでも、不安定になることを示すものでもなく、gtkmm2に代わってgtkmm3 (GPartedによるGTK3ポート)が必要になることを示すものだという。主要な変更点としてはgtkmm3への移行のほか、GNOME 3 yelp-toolsのドキュメンテーションインフラストラクチャーへの移行、拡張パーティションのオンラインリサイズ有効化、F2FSの読み込み・拡大・検査のサポート追加、NTFSのリフレッシュ速度改善が挙げられている。
13923696 story
Android

Google Playのデベロッパープログラムポリシー大幅改訂、子供の保護や性的コンテンツの規制強化 72

ストーリー by headless
改訂 部門より
現在のところ日本語版には反映されていないが、Google Playのデベロッパープログラムポリシーが大幅に改定されている(英語版ポリシーAndroid Developers Blogの記事Android Policeの記事[1][2])。

主な変更点としては、子供の保護や性的コンテンツの規制強化、マリファナやタバコ(電子タバコを含む)を販売するアプリの禁止、タバコやアルコールの使用を推奨するアプリの禁止、不快感を与えるコンテンツの共有を推奨するアプリの禁止、偽ブランド品の販売や宣伝を行うアプリの禁止、ガチャなど仮想アイテムをランダムに提供するアプリ内購入機能での確率表記義務付けなどが挙げられる。

子供の安全に関してはターゲットとする年齢層指定の義務付けや、子供だけをターゲットとしたアプリで広告を表示する場合にはGoogle Play認定広告ネットワークを使用すること、子供と大人の両方をターゲットにするアプリで広告を表示する場合は年齢スクリーニング機能を実装し、認定広告ネットワークの広告のみを子供に見せるようにすること、子供だけをターゲットにしたアプリではファミリー向けプログラム参加の義務付けなどが盛り込まれている。

性的コンテンツはこれまでも「露骨な性的コンテンツ」が禁じられていたが、改訂後は「露骨な (explicit)」が外された。ヌードに関しては公共の場で受け入れられないような最低限の着衣も含め、教育・ドキュメンタリー・科学・芸術を主目的としたもの(かつ必然性のあるもの)を除いて禁止されることになる。
typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...