パスワードを忘れた? アカウント作成
13937148 story
スポーツ

トヨタ、ル・マン24時間レース2連覇、ワンツーフィニッシュ 24

ストーリー by hylom
おめでとうございます 部門より

6月15日から16日(現地時間)にかけて開催された第87回ル・マン24時間レースで、トヨタ・ガズー・レーシングのセバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、フェルナンド・アロンソ組が1位を獲得した。また、2位は同じくトヨタ・ガズー・レーシングのマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ-マリア・ロペス組で、2年連続での「ワンツーフィニッシュ」となる(auto sport Webトヨタ・ガズー・レーシング日経新聞Car Watch)。

レースはマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ-マリア・ロペス組がリードする展開だったが、残り1時間でタイヤトラブルによる緊急ストップが2回発生。その結果、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、フェルナンド・アロンソ組が逆転し優勝した。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2019年06月18日 16時11分 (#3635645)

    時期のよって特定のメーカーがすさまじい無敵っぷりを発揮、次の年からそのメーカーは不参戦、というイメージ
    ですが、そうでもないのでしょうか。
    かつてはメルセデス無双とか(早すぎて空中1回転とかありましたけど)思い出します。

    • by Anonymous Coward

      F1はそういう傾向有るけどル・マンはどうなのかという話でしょうか?

      ちょっと前はアウディ無双だったりするので似たようなもんだとは思いますが、年に1回しかないですしねぇ

      • by Anonymous Coward

        ル・マンは年に1回ですが、WECシリーズの1戦でもあります。
        #「世界三大自動車レース」という括りで比較するなら、ル・マンと比較すべきはF1シリーズの1戦であるモナコ・グランプリだろうな。

    • by Anonymous Coward

      今年のル・マンではLMP1のHybridクラスでエントリーしていたのはトヨタのみですからねえ。。。

      メルセデス飛んでましたね、あのときの解説していた由良拓也さんが絶叫してましたね。
      たしか
      「あー!飛んじゃった!」
      だったかな。あのシーンは私も脳裏に焼き付いてます。

      • by Anonymous Coward

        メルセデスが飛んだのは速過ぎたんではなくてサスと空力の問題じゃなかったっけ?
        あの頃はテレ朝が中継してたな……。
        #決勝レースで飛んだのは3回目だそうだ。

        • by Anonymous Coward

          ポルシェ911GT1もBMW V12LMRも離陸してたからそういう時代なんだろうけど
          1イベント中に3回も飛ぶのはやっぱり格が違う

        • by Anonymous Coward

          アレは完全に空力デザインとサスペンション設計の問題。
          フラットボトムとリアが柔らかくてフロントが硬いサスペンションのせいでフロントが上がりやすく、
          そこに空気が入ると一気にフロントが持ち上がっちゃったという仕組み。

          • by Anonymous Coward

            挙句、フロントが市販車のイメージを持たせるために、プロトタイプカーとしてはちょっとあり得ない位にリフト起こしそうなデザインだったからなぁ。

      • by Anonymous Coward

        結局、ポルシェに勝てないまま。

      • by Anonymous Coward

        離陸シーンっていつ見たかが割と記憶にない.
        当時起きてみてたのか当日のダイジェストで見たのか後年の過去シーン放送で見たのか…?と

    • Re: (スコア:0, オフトピック)

      by Anonymous Coward

      マツダがロータリーで無双したらレギュレーションで禁止されちゃった、ってこともありましたねぇ…。
      まぁ、市販車のテストベッド的なものもありますから、一定の成果が得られたら撤退、ってのはありがちですかね。

      • by Anonymous Coward on 2019年06月18日 18時36分 (#3635782)

        あのさ、そんな与太話いまだに信じてたら笑われるだけだぞ。
        本来1991年からSWCのレギュレーションは3500cc NA 燃費規制なしに移行するはずだったのにそのレギュレーションのマシンを開発できたメーカーが少なかったので急遽旧レギュレーションも参戦できるようにしたのが1991年なの。

        #そのかわりマツダ以外の旧レギュレーションは最低重量が950kgと言う従来より重くなり、対するマツダは1990年までまともに成績残せてないので830kgと言うものすごい有利な条件になってる。

        つまり「ルマン24時間レースが始まる前から1992年は3500cc NAエンジンのみ」と決まっていたのに、どうして「ロータリーが勝ったから禁止」なんて時系列無視した話になるんだか。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        マツダはどうせ翌年から出れないからということで扱いが適当だったのを逆手に取って、
        交渉役に雇われたジャッキー・イクスがとんでもなく有利な条件を引き出したからです。

        なお、出場可能だったとしても翌年からは勝てなかっただろうと、当時のマツダの担当者が言ってます。
        理由はあの頃からWEC/WSPCでもエンジンをストレスメンバーに使いだしており、
        各ハウジングをサンドイッチしてるだけという構造上、エンジンをストレスメンバーには絶対に出来ないロータリ搭載してたらあの後の世代の車には勝てないと断言してました。

      • by Anonymous Coward

        ロータリーが1991年で終わりなのは走る前から決まっていた。(1993年から再び走れるようになった)
        1991年のSWCのシリーズで勝ったのはル・マンだけで「無双」なんかしてない。
        #アドバイザーのジャッキー・イクスは「私はマツダを優勝させるために契約したのだから、優勝したからといってボーナスを貰う理由は無い。」と固辞したそうな。

        去年、富士で実車が走るところを見てきました。

      • by Anonymous Coward

        マツダのWRC監督がインタビュー記事で「市販車とモータースポーツの技術はまったく別のもの」という身も蓋もないことを言っておられました

        • by Anonymous Coward

          それでも欧州の人は、「レースで勝てる技術力のあるメーカーの車」と考えて買うんだそうだ。
          #北欧を中心に存在感があったのに、WRCから消えたスバルは米国一本足打法になったし、三菱も……。

    • by Anonymous Coward

      またレギュレーションが操作されるんだろうなぁ(笑

      • by Anonymous Coward

        そうならないように アロンソを抱き込んだ有能

        つーか アレゲ的にはセンサーを信じて負けた8号車と
        公式がマリオカートクソコラ動画を試合中に作った件かと

  • by Anonymous Coward on 2019年06月18日 16時13分 (#3635649)

    これが巡り巡って、トヨタ勝利の一助に繋がっているのだろうなぁ。

    無論何より「継続は力なり」。

    • Re:ディーゼル勢の自爆 (スコア:2, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2019年06月18日 21時34分 (#3635917)

      ルマンでアウディが何か自爆したっけ?
      ポルシェやアウディに勝ち逃げ許しておいて継続は力なりと言っても虚しいだけだよ。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        市販車のディーゼル不正の話だろうか?

  • by Anonymous Coward on 2019年06月18日 21時56分 (#3635937)

    トップ快走もゴール間近でトラブって脱落というトヨタのお家芸が復活して何より。

    • by Anonymous Coward

      さすがPミサイルの大本

    • by Anonymous Coward

      お家芸なんですね。

      先頃行われたWRCイタリアでもしっかり踏襲されていました。

typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...