パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年7月5日の記事一覧(全12件)
13950544 story
サイエンス

本来極低温下では熱を伝えないはずの絶縁体で熱伝導を確認、未知の中性子の影響か 56

ストーリー by hylom
不思議 部門より

京都大学や東京大学、茨城大学の研究グループが、米ミシガン大学、米ロスアラモス国立研究所と共同で未知の中性粒子を発見したと発表した(京都大学の発表ITmedia)。

金属には電気や熱をよく伝えるという性質がある。金属中には伝導電子と呼ばれる熱や電気を伝える電子が含まれており、これによってこの性質が生まれている。一方、電流を流さない絶縁体には伝導電子が含まれておらず、そのため絶対零度近傍では絶縁体は電気だけでなく熱も伝わらなくなる。

しかし、低温下では絶縁体となるイッテルビウム12ホウ化物(YbB12)を絶対零度近傍の0.1Kまで冷却して熱伝導率を測定したところ、この状態では本来熱伝導が発生しないはずにも関わらず、金属的な熱の伝導が行われることが分かったという。これは、この物質中に電荷を持たずに熱のみを伝える未知の中性子が存在していることを示唆しているという。

13950408 story
アメリカ合衆国

米裁判所、Amazon.comのマーケットプレイスで販売された商品についてもAmazonが責任を負うとの判断を下す 45

ストーリー by hylom
なかなか難しい問題ではある 部門より

Anonymous Coward曰く、

米Amazon.comでは外部の業者が同サイト上で商品を販売できる「マーケットプレイス」という仕組みがあるが、これを利用して販売された商品に欠陥があった場合、Amazonもその責任を負うとの判断を裁判所が示した(日経新聞)。

アマゾンの外部出店事業者による偽物ロンダリングは広く知られているところであり、この責をアマゾン自身が負う事にもなれば素晴らしい。

この訴訟の原告は、Amazon.com上で購入した製品が原因で失明したという女性。販売者との連絡が取れなくなったことから、Amazonに対し賠償責任を求めていたという。

13950399 story
ニュース

姫路市本庁舎、夏期の冷房温度設定を25℃にする方針 120

ストーリー by hylom
エアコンの温度設定がニュースになるのか 部門より

兵庫県姫路市が、夏場の冷房設定温度を25度にすることを発表した。官公庁では28度設定が「通例」なのだそうだが、設定温度を下げて涼しくすることで作業効率を上げることを目指しているという(神戸新聞)。

28度という温度は約50年前の研究結果を根拠としており、現代では不適切といった声を受けての変更のようだ(過去記事)。

13951348 story
Java

米酪農乳業界、「ラテ」人気にあやかって高校のコーヒーバー設置補助金を出すことで牛乳消費増を狙う 22

ストーリー by hylom
ラテはほぼ牛乳なのか 部門より

headless曰く、

牛乳の消費が大幅に減少する中、米国各地の酪農乳業界では少量のコーヒーを牛乳に加えた「ラテ」飲料の人気に注目し、高校のコーヒーバー設置に補助金を出すなどして牛乳消費増を狙っているそうだ(APArs Technica)。

ノースダコタのある高校は5,000ドルの補助金を受けてエスプレッソマシンを導入し、ラテに使用する分だけで年2,000リットル以上の牛乳を購入しているという。フロリダの酪農乳業界団体はコーヒーバー設置に必要な備品を提供する「Moo-Lah For Schools」プログラムを実施している。プログラムでは利点としてカフェテリアの売り上げ増加や、コーヒー飲料と組み合わせて食事を購入する生徒の増加、普段は学校の食事で牛乳を選ばない生徒が牛乳を消費するようになるという点を挙げている。学校のカフェテリアで提供する食事には栄養価基準があり、脂質制限のために提供される脱脂乳は水っぽい味が嫌われているが、コーヒーや各種シロップを加えれば飲みやすくなる。

一方、米小児科学会では学校でカフェイン入り飲料を提供することに反対しているが、ラテは基本的に牛乳であり、コーヒーが少し入っているだけだなどとする業界団体からの反論も出ている。なお、米酪農乳業界は乳代用食品に「milk」という単語の使用禁止を求めているが、40セント追加で牛乳の代わりにアーモンドミルクを使うといったカスタマイズを提供する学校も出てきているとのことだ。

13951356 story
Google

Google、robots.txtの仕様のWeb標準化を目指す 29

ストーリー by hylom
標準化されてなかったのか 部門より

Googleが、検索エンジンなどのクロールボット(クローラ)に対しクロール禁止などの指示を出すためのファイル「robots.txt」の仕様の標準化を目指すことを発表した(ドラフト案ITmedia)。

robots.txtの仕様は「REP(Robots Exclusion Protocol)」や「Robots Exclusion Standard」などと呼ばれている。多くのクローラはこのファイルを確認してクロール頻度やインデックスの制御を行っているが、標準化されていないためにクローラによって解釈が異なったり、一部のクローラのみが認識するディレクティブが存在するといった状況になっていた。

あわせてGoogleはrobots.txtを解釈するためのライブラリ「robotstxt」も公開している。

13951364 story
交通

出荷される高速鉄道車両をド真っ昼間の道路で陸送、それを観覧できるイベントが山口県下松市で開催 29

ストーリー by hylom
日本ではなかなか見られない車両 部門より

山口県下松市で7月14日、高速鉄道車両をトレーラーで輸送する姿を見るイベントが開催されるそうだ(まいどなニュース)。

輸送されるのは、同市内の日立製作所笠戸事業所で製造された「Class800シリーズ」という英国向け車両。この車両を、一般市民から見える形で工場から2km先の下松第2埠頭まで約1時間かけて陸上輸送する。同時にグッズ販売や写真コンテストといったイベントも開催されるとのこと。

このイベントはクラウドファンディングで資金調達を行い開催されるもの。目標金額500万円に対し604万円が集まった。クラウドファンディングの支援者にはグッズなどが提供される。

13951366 story
テクノロジー

これからは航空機とドローンの衝突実験が必要になるかもしれない 48

ストーリー by hylom
ある意味交通事故 部門より

Anonymous Coward曰く、

鳥が航空機の機体やエンジンなどに突っ込むと、重大な事故につながりかねない。こうしたバードストライクについて、航空機ではエンジンなどに実際に衝突させて強度を確認する衝突実験が義務付けられている。最近ではドローンによる空港の妨害が増えていることから、ドローンを鳥に見立てた衝突試験も行われるようになるかもしれないという(TechCrunch)。

ドイツ・フラウンホーファー研究機構のフライブルグ研究所では、実際にドローンをエアガンで砲弾のように撃ち出す実験を行っているとされる。チームは、ドローンの質量の大半を占める電池とエンジンをエアガンから射出したところ、ドローンは秒速115〜255mで厚さ最大8mmのアルミ板を直撃。アルミ板は大きく変形し、翼のないドローンは完全に破壊されたとしている。

フライブルグ研究所は、こうしたテストを繰り返すことで、将来のドローン衝突試験の方法の標準化が確立されることになるだろうとしている。

13951376 story
ソフトウェア

米Amazon.com、スマートスピーカーなどから収集した音声やそれをテキスト化したデータの保存期限は無期限と回答 22

ストーリー by hylom
アクセスログ的な意味があるのは分かるが 部門より

Anonymous Coward曰く、

音声認識機能を持つスマートスピーカーでは、マイクで集音した音声をサーバーに送信してサーバー側で音声認識処理を行っている。ここでサーバー側に送信された音声がどのように処理され保存されているのかは以前から議論になっていたが、米Amazon.comでは録音データおよびそれをテキスト化したものを無期限で保存しているという(CNETITmediaSlashdot)。

今年5月に米民主党のChris Coons議員がAmazonに対しデータの扱いを問い合わせた結果、こういった回答が得られたという。回答によると、録音データおよびテキストはユーザーが明示的に削除リクエストを行わない限り無期限に保存されるとのこと。なお、録音データの削除リクエスト機能は5月に実装されたが、音声から変換されたテキストデータは完全には削除されていないことも明らかになった。

Amazon側はこれについて、たとえば外部サービスと連携する際にその際の取引履歴を残しておく必要があるためと説明している。

13951453 story

7payの登録でおにぎり無料クーポンが貰えるキャンペーン、アカウント作成を繰り返すことで何度でもクーポンを入手できる仕様 116

ストーリー by hylom
リセマラ 部門より

7月1日に開始されたQRコード決済サービス「7pay」では、登録を行うことでセブンイレブンのおにぎり1個無料クーポンを入手できるというキャンペーンが行われているが(セブン-イレブンのキャンペーンページ)、この登録の際にはSMSなどでの認証がなく、そのためメールアドレスを複数用意することで繰り返しクーポンを入手できてしまうことが話題になっている(@athlonzのTweetTogetterまとめ)。

登録後に入手できるクーポンの利用後、アプリのデータを削除してリセットし再度別のメールアドレスで登録を行うことで、何度でもクーポンを入手できる状態になっていたという。なお、現在は新規登録が行えなくなっているため、この「無限おにぎり」はできなくなっているようだ。

13951459 story
Intel

Intelの仮想通貨マイニング用ASICで使われている技術が発表される 35

ストーリー by hylom
製品化するわけではないのかな 部門より

Intelが暗号通貨のマイニング(採掘)の高速化に向けたASIC(特定用途向けIC)技術を国際学会「VLSIシンポジウム」で発表したそうだ(PC Watch)。

このASICはビットコインの採掘に向けたもので、ビットコインの採掘で使われるハッシュ関数を高速に実行するというもの。低消費電力で処理を実行できるのが特徴で、製造コストも低いという。

Intelが暗号通貨向けのハードウェアを開発していることは2018年にも報じられており、Intelは関連する特許も取得している。

13951472 story
ビジネス

消費者庁、「花粉を水に変えるマスク」をうたう製品に対し合理的な根拠がないとして措置命令を出す 79

ストーリー by hylom
花粉が水に変わる姿を見たいですね 部門より

clay曰く、

スラドでも話題になった「花粉を水に変えるマスク」に対し、消費者庁が宣伝に合理的な根拠がないとして4社に措置命令を出した(共同通信読売新聞消費者庁の発表)。

対象となったのはDR.C医薬、アイリスオーヤマ、大正製薬、玉川衛材。

「水に変える」を謳って、電車を借りきるなど派手な宣伝していたのがDR.C医薬だが、大正製薬までこんなのに手を染めていたのか……。

これらの製品では、光触媒の効果でアレルギーの原因物質などを分解できるかのように表示されていた。これに対し消費者庁が合理的な根拠を示す資料の提出を求め、4社はこれに応じて資料を提出したが、いずれも合理的な根拠を示すものとは認められなかったという。

これに対し、大正製薬およびDR.C医薬、玉川衛材は次のように述べており、特に大正製薬は強く抗議する姿勢を見せている。

当社が消費者庁に提出した科学的根拠を全く無視した内容で、合理的なものでないと考えております。今後、法的に採り得る対応・措置を検討中です(大正製薬
弊社が提出した根拠資料が表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものとは認められなかったことにより受けたものであり、それらの表現が事実と異なっていると積極的に事実認定されたものではありません(DR.C医薬
あくまで当該表示の裏付けとなる合理的な根拠が十分ではなかったというものであり、本製品の光触媒効果自体が否定されたものではありません (玉川衛材
13951635 story
バイオテック

中国で3人目の遺伝子操作ベビーが誕生か 31

ストーリー by hylom
確かにそういう時期か 部門より

Anonymous Coward曰く、

2018年11月、中国・南方科技大学准教授の賀建奎(He Jiankui)教授がゲノム編集技術CRISPRを使用して遺伝子改変を行った双子を誕生させたと発表、世界に衝撃を与えた(過去記事)。また、後に別の女性1人も同様の遺伝子改変を行った子供を妊娠中していることも判明した(過去記事)。MIT Technology Reviewによると、これによって遺伝子操作された3人目の子供はすでに生まれているかもしれないという。

賀教授が発表を行った2018年11月時点でこの3人目の子供は妊娠初期の段階だったとのことで、一般的な新生児は妊娠から38~42週で生まれることから、6月下旬から7月上旬頃に生まれる可能性が高いという。

しかし、最初の双子が発表されたのち、中国政府は表向きは遺伝子操作実験を非難し規制を拡大すると発表しており、3人目の遺伝子操作ベビー誕生という情報についても現在でも沈黙を守っている。中国政府は情報を厳重に管理しており、3人目の情報については公開しない可能性も高いと見られている(FUTURISMDailyMail OnlineSlashdot)。

typodupeerror

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

読み込み中...