パスワードを忘れた? アカウント作成

あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年7月8日の記事一覧(全9件)
13953147 story
交通

東京都、通勤ラッシュ緩和に向け船による通勤の実証実験を実施へ 143

ストーリー by hylom
突っ込みどころは多い 部門より

東京都が7月24日から8月2日にかけて、船を使った通勤に向けた実証実験を行うそうだ(NHK朝日新聞産経新聞)。

実証事件では中央区・晴海の勝どき駅近くの「朝潮運河船着場」と、日本橋駅近くの「日本橋船着場」を結ぶルートが使われ、所要時間は30〜40分ほど。7時30分から9時まで、15分間隔で運行される。船の定員は約40人。屋根はないとのこと。料金は無料だが、乗船には事前予約が必要。

13953149 story
アメリカ合衆国

米攻撃機A-10C、バードストライクにより誤って訓練用爆弾を落とす 32

ストーリー by hylom
まさに誤爆 部門より

taraiok曰く、

米軍の攻撃機「A-10C」が、鳥との衝突(バードストライク)によって誤って爆弾を3個落としてしまったそうだ。落とした場所はフロリダ州北部のスワニー郡で日時は現地時間7月1日午後1時15分ごろのこと。落としたのは訓練用に作られた爆発しない「BDU-33訓練爆弾」だったとしている。当局によると、怪我や損害は報告されておらず、原因を調査中だとしている。また爆弾を発見した場合は、触らずにムーディ空軍基地に連絡して欲しいとも伝えている(Epoch TimesSlashdot)。

同様の誤爆事故は2014年10月16日に発生したことがあるという。このときはオクラホマ州のアパートに直撃し浴室をぶち壊した。こちらも当日は無人であったため人的被害はなかったとしている(News On 6)。

13953153 story
ストレージ

米スタートアップのCATALOG、Wikipedia英語版の全テキストをDNAに収容したと発表 24

ストーリー by hylom
太古の昔のデータも読み取れる 部門より

米国のCATALOGというスタートアップ企業が、英語版Wikipediaの全テキストデータをDNAに記録することに成功したことを明らかにした(ギズモード・ジャパンCNET Japan)。

同社は人工的に合成したDNA鎖を使ってデータを保存する技術を開発しているとのこと。DNAは化学的に安定しているという特徴があるという。記録速度は毎秒4Mbpsと現時点ではまだ遅いが、今後高速化を進めていくようだ。

13953163 story
中国

中国、小学生向けの国語教科書から神の存在を示す表現などを削除 134

ストーリー by hylom
一般国民に文化は不要という感じか 部門より

中国の小学生向け国語教科書に掲載されている外国文学作品では、「神」や「聖書」に関する記述が削除・改変されているそうだ(朝日新聞)。

たとえば、「マッチ売りの少女」ではセリフ中の「神様」という言葉が削除されて別の言葉に置き換えられているという。また、「ロビンソン・クルーソー」では聖書などに関する部分が削除されているそうだ。そのほか「安息日」「礼拝」「キリスト」などの単語も別のものに置き換えられているという。

BITTER WINTERによると、中国政府は学校における反宗教的動きや検閲・思想教育を強めており、クリスマスのボイコットなどを行わせていたほか、宗教や中国共産党にとって都合の悪い単語・言葉・歴史を教えないといった状況になっているという。

13953166 story
ネットワーク

金属製外皮で動物が噛んでも断線しにくいLANケーブル 33

ストーリー by hylom
実際ペットにかじられて断線した経験はあります 部門より

サンワサプライが金属製素材を外皮に使用したCAT6A対応LANケーブルを発売した(PC Watch製品ページ)。

長さは0.5mから3mまでの4種類で、価格は580円から980円。動物が噛みついたり、人が踏んでも損傷しにくいとのことで、ねずみ・ペット対策として有用という。

13953231 story
インターネット

Microsoftアカウント、2年以上サインインしないと削除される可能性 50

ストーリー by hylom
さすがに2年使わなかったら要らない気がする 部門より

headless曰く、

Microsoftが1日付で公開したサポートドキュメントによると、Microsoftアカウントが非アクティブとみなされるまでの期間が短縮されるようだ(Microsoft account activity policyNeowinWindows Central)。

Microsoftサービス規約(MSA)ではMicrosoftアカウントをアクティブな状態に保つようユーザーに求めており、少なくとも5年に1回はサインインしなければ非アクティブとみなされることが明記されている。非アクティブとみなされたMicrosoftアカウントはMicrosoftにより停止(削除)されることになる。なお、Outlook.comの受信トレイおよびOneDriveについては少なくとも年に1回は個別にサインインする必要がある。

一方、新しいアカウントポリシーでは、少なくとも2年に1回サインインしなければ非アクティブとみなすと記載されている。ただし、そのMicrosoftアカウントで現行のMicrosoft製品・サービスを購入したことがある場合や、有効なサブスクリプションがある場合、Microsoft Storeでアプリを公開している場合などは例外で、2年以上サインインしなくても非アクティブとはみなさないとのこと。このアカウントポリシーは8月30日に発効する。

13953294 story
AMD

第3世代Ryzen、ベンチマークテストでは高評価 82

ストーリー by hylom
高評価 部門より

AMDが5月末に発表した第3世代Ryzenが7月7日に発売された。PC Watch4Gamerによるベンチマークテストおよびレビューによると、この第3世代Ryzenは競合となるIntelを圧倒する性能だという。

第3世代Ryzenでは新たに「Zen 2」アーキテクチャを採用、コア当たりの処理性能が引き上げられているとされており、最上位モデルのRyzen 9シリーズはCore i9シリーズ、Ryzen 7シリーズはCore i7シリーズが競合とされている。

Ryzen 9 3900XおよびCore i9-9900Kのベンチマークテスト結果においては、ベンチマークソフトウェアによってその傾向は変わるものの、おおむねRyzen 9 3900XはCore i9-9900Kと同レベル以上のスコアを示している。また、動画エンコードなど特定の処理においてはRyzenシリーズがCore i9-9900Kを圧倒する結果となっている。

いっぽうで、実ゲームのフレームレートで比較した場合においてはまだCore i9-9900Kのほうが高い性能を見せる傾向があるようだ。さらに、ゲームにおいてはRyzen 7 3700XのほうがRyzen 9 3900Xよりも高いフレームレートが得られるという結果も出ている。ただ、第2世代Ryzenではゲーム向けではCore i9よりも性能が落ちると言われていたが、第3世代ではこれが大きく改善されていることが確認でき、大きくCore i9に遅れを取るという結果ではなくなっている。

いずれのレビューでも特に称賛されているのがRyzen 7 3700Xで、Core i9-9900Kの競合とされても違和感がないとされている。ゲーム用途ではCore i9-9900Kと同レベルの性能で、それ以外では多くのケースでCore i9-9900Kよりも高性能、消費電力は低く、想定売価(4万3,000円前後)もCore i9-9900Kの実勢価格(5万円代後半)より1万円以上安いということで、非常に高い評価となっている。

13953239 story
法廷

JASRAC、音楽教室との裁判対策として職員を音楽教室に2年間通わせる 128

ストーリー by hylom
著作権料で楽器を習えて良いですね 部門より

2017年に日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室での演奏について著作権使用料を徴収する方針を示したが(過去記事)、これに対し音楽教室業界は反発教室での演奏は著作権が及ばないことの確認を求めた裁判に至っている。この裁判に向けて、JASRACが著作権侵害を確認するために同協会の職員を身分を隠して生徒として約2年間通わせて調査を行っていたそうだ(朝日新聞ITmedia)。

弁理士の栗原潔氏によるとこういった行為は違法ではなく、またそれによって得られた証拠についても証拠能力はあるという(Yahoo!ニュース)。ただ、調査員が述べている「教室での演奏はまるで演奏会の会場のようだった」というような主観的意見については証拠能力としては微妙だそうだ。

13953456 story
お金

震災時の避難に向けた保険の開発が進む 32

ストーリー by hylom
共済に近いようなイメージ 部門より

地震や豪雨といった災害時の避難に目を付けた保険の開発が進んでいるという(NHK)。

1つは、一般市民向けの「避難保険」というもの。災害発生時に保険会社などがタクシー会社などと提携し、災害時に保険加入者を避難させるというアイデアだ。ただ、こちらについてはまだアイデア段階であり、実現はしていないという。

もう1つは自治体を対象とするもので、避難勧告や避難指示を出したときに必要となる費用を保険会社が支払うという仕組み。こちらについては損保ジャパンなどが2017年度に商品化しており、すでに全国の市町村のうち約2割がこの保険に加入し、150を超える自治体が保険料を受け取っているという(SankeiBiz)。

国の災害救助法が適用された場合、避難所の設置や生活必需品の提供にかかった費用は国と都道府県が負担するが、そうでない場合は自治体の負担になる。保険に加入することで、こうした費用面の負担を考えずに避難勧告などを出すことができるようになるという。

typodupeerror

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

読み込み中...