パスワードを忘れた? アカウント作成

あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年8月5日の記事一覧(全9件)
13974685 story
ビジネス

リクルート、同意なしに就活中の学生の個人情報を企業に提供していたとの報道 32

ストーリー by hylom
情報をどう使うかまで明示しないと揉める 部門より

Anonymous Coward曰く、

就職情報サービス「リクナビ」を提供しているリクルートが、就職活動中の学生のプライバシに関わる情報を同意なしに企業に販売していたことが報じられている(ITmedia日経新聞)。

問題とされているのは、「リクナビDMPフォロー」というサービス。このサービスは企業が自社の新卒採用に応募した学生について、「採用選考のプロセスが途絶えてしまう可能性」を提示するとうものだという。

リクナビによると、このサービスは過去に就職活動中の学生がリクナビで行った活動ログと対象の学生の活動ログを分析することで、選考・内定を辞退する可能性を5段階のスコア化していたという。

リクナビはこのサービスについて、利用者が同意したリクナビのプライバシポリシーに基づいており個人情報保護法上の問題はないと主張している(リクルートの発表)。ただ、「関係各所から当社のプライバシーポリシーの表現が学生に伝わりにくいものとなっているのではないかとご意見をいただいた」とのことで7月31日でサービス提供の中止を決めたという。

13974694 story
ニュース

熊本県で屋外に駐機した航空機の燃料が高温になったため欠航するトラブル 44

ストーリー by hylom
こんな影響もあるのか 部門より

8月1日、猛暑によって離陸前の航空機の燃料が高温になってしまい欠航するという珍事が起きていたという(NHK乗り物ニュース朝日新聞産経新聞)。

欠航したのは、熊本県の天草空港や熊本空港などを発着する便を運行している天草エアラインの天草空港発着便計6便。出発時間を午前10時10分から12時55分に変更して駐機時間が伸びた結果、航空機のタンク内の温度が基準を超える事態になっていたという。消防車で放水して機体の冷却を試みたものの、結局午後の全便が欠航したとのこと。また、熊本空港でも燃料温度が基準値以上となる事態となり、翌2日や3日にも同様の理由で欠航が発生している。同社の機体は座席数が48席という小型なもので、そのため熱の影響を受けやすいようだ(天草航空の導入機材ページ)。

13974700 story
ビジネス

DRAM価格の下落は止まらない? 15

ストーリー by hylom
欲しい時が買い時 部門より

半導体メーカーがDRAMやフラッシュメモリの減産を決めているが、台湾の市場調査会社TrendForce傘下のDRAMeXchangeによると、それでもDRAMが供給過多になっている状況は変わらず、価格は下落していくと予想されるという(PC Watch)。

供給過多の要因として、PCやスマートフォンの出荷台数が減少していること、一部のメーカーが減産を決めたといっても実際に削減される生産量は限られること、まだ在庫が多く残っていることなどが挙げられている。

また、日韓の「ホワイト国」問題については実質的な影響はないとも予測されているが、これを名目としてサプライヤーが価格引き上げを狙う可能性があるとも言及されている。フッ化水素輸出の制限についても、韓国SamsungやSK Hynixは一定量を備蓄しているほか、他の地域・国から入手できる可能性もあり、短期的には大きな問題にならないという(マイナビニュース)。

13974710 story
インターネット

単にデザインやレイアウトを変えるだけのWebサイトリニューアルでは効果はほとんどなく、むしろ逆効果という調査結果 42

ストーリー by hylom
分かる 部門より

Webサイトをリニューアルしても、成約数(コンバージョン、CV)や成約率(CVR)は改善しないという調査結果が発表されている(WACULの発表)。

WACULはAI技術を使ってWebサイトの診断や改善提案を行うサービスを提供しており、このサービスに登録しているサイトのうちリニューアルを実施したことのあるサイト20件を抽出して分析したという。その結果、Webサイトリニューアルによって成約数や成約率の両方もしくはいずれかが上昇したのは3割に留まり、また上昇した場合でも成約率の向上は最大1.2倍程度だったという。

また、サイトの構造を変更したサイトはいずれも成約数や成約率が改善した一方、デザインや書式、レイアウトといった表層的な変更を行った場合成約数や成約率が改善したのは2割だったという。

このことから、構造的なWebサイトのリニューアルには効果があるものの、単にデザインを変えるだけといった表層的変更には効果がないとの結論付けられている。

13974720 story
お金

転職後に給料が増加した転職者の割合が減少、人材不足とされるITエンジニアも同傾向 33

ストーリー by hylom
「3割も」か、それとも「3割しか」か 部門より

Anonymous Coward曰く、

リクルートキャリアによる、2019年4〜6月期の転職時の賃金変動状況調査結果によると、転職したITエンジニアのうち賃金が1割以上上がった割合は前年同期比で2.6ポイント減の29.7%だったそうだ(リクルートキャリアの発表日経新聞)。

また、転職者全体のうち、賃金が1割以上増加したのは29.0%で前年同期比1.1ポイント減。そのほかの職種では、機械・電気・化学エンジニアが25.8%(0.5ポイント減)、営業職が30.6%(0.5ポイント増)、事務系専門職が27.0%(0.7ポイント減)、接客・販売・店長・コールセンターが33.2%(2.9ポイント減)

なお、転職時の賃金変動状況は景気指標と連動する傾向が強いという。

13974724 story
スラッシュバック

ホバーボードによる英仏海峡横断、2度目の挑戦で成功 10

ストーリー by hylom
ボードと言って良いのだろうか 部門より

headless曰く、

先日ホバーボードによる英仏海峡横断に失敗したFranky Zapata氏が2度目の挑戦を行い、今回は無事横断に成功した(BBC NewsFranceinfoVergeZapata氏のツイート)。

Zapata氏は7月25日に1度目の挑戦を行ったが、中間地点でボート上の給油用プラットフォーム着陸に失敗して打ち切りとなっていた。そのため、Zapata氏はホバーボード「Flyboard Air」をアルミ製フレームとリモートコントローラーのプラスチック製ケースだけ残して完全に組み直し、ボートとプラットフォームを大型化して再挑戦したという。

Zapata氏がフランス・カレーに近いサンガットの海岸を飛び立ったのは8月4日6時17分(GMT)。組み直したホバーボードの十分なテスト時間が取れなかったことを心配していたZapata氏だったが、今回はプラットフォーム着陸も成功し、出発から22分後に約35㎞離れた英国・ドーバーへ到着したとのこと。最高時速は160~170kmに達し、風圧に耐えるのが大変だったそうだ。

なお、Zapata氏はFlyboard Airが一般用だけでなく軍用であっても実用的なものになるとは考えておらず、誰でも利用可能な乗り物として空飛ぶ自動車を開発しているという。空飛ぶ自動車は既に機能するプロトタイプができており、年内の発表を計画しているとのことだ。

13974733 story
交通

炎天下の車内に牛肉を放置することでおいしいローストビーフができる 38

ストーリー by hylom
手軽な低温調理器 部門より

炎天下の自動車内で健康を害する事件は度々起きているが、真夏の直射日光に晒された車内はローストビーフを作れるほどの温度になるという(クリッカー)。

記事によると、生の牛肉をバットに並べて車内のダッシュボード上に2時間ほど置くことで、全体がレア状態になったローストビーフができたという。その後表面を10秒ほど焼いて食べたところ、非常に美味しかったそうだ。

13974752 story
ニュース

京大防災研、京アニ放火火災の分析結果速報を公開。出火から30秒程度で生死が決まる厳しい状況 127

ストーリー by hylom
どう逃げるのが正解だったのだろうか 部門より

京都大学防災研究所が、京都アニメーション第1スタジオで発生した放火殺傷事件の分析結果速報を公開した

現地の焼損状況から、火災性状の一端と、出火から30秒間の火災初期を推定したもの。事件現場の建物は内部に螺旋階段と内階段があることはすでに報じられているが、分析結果では放火現場は1階螺旋階段の西側と推定されている。

建物の焼損状況からは、放火によって1階で発生した火炎が直接2階や3階に延焼したわけではなく、発生した高温の気体が2階や3階に流れ込み、それによって可燃物が温められ着火した可能性が高いという。

また、出火から30秒後までのシミュレーションを行ったところ、出火から5秒後には1階部分に514.3℃の煙が広がり、15秒後時点で2階部分に89.9℃、3階部分には125.7℃の煙が広がる状況だったという。そして30秒後には3階および屋上出口部分がほぼ高温の煙に包まれる状態になっていたと推測されている。

ここから、3階は出火から10数秒で極めて危険な状態となり、また内階段は比較的煙の温度が低かったものの、煙には有害成分が含まれていることからすぐに避難が難しい状況になったと推定されるそうだ。

こうした背景から、出火から遅くとも30秒程度で生死がほぼ決まる状況だったとも記されている。

13974873 story
インターネット

「表現の不自由展・その後」に対する脅迫FAXの送信元が特定できないという話が話題に 284

ストーリー by hylom
抗議活動として最低な内容 部門より

愛知県で開始されている芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画の1つであり、過去に公共の文化施設での展示が排除された作品などを展示不許可となった理由と共に展示した「表現の不自由展・その後」に対し脅迫などがあり、その結果展示が中止となった。出展された作品についてはWebサイトで公開されているが、天皇や慰安婦を表現した作品などが含まれており、これに対し抗議の声も出ていた(ハフィントンポスト)。

また、中止の理由の1つとして、FAXで「ガソリン携行缶を持っていく」という脅迫があったことが報じられているが、この脅迫文の送信元が特定できないという話も話題になっている

これについては真偽のほどは不明だが、インターネット経由でFAXを送信できるようなサービスを使って匿名の回線を使えば足がつかないのではないか、とも推測されている。

なお、FAXだけでなくメールでもガソリンを撒くという脅迫メールも届いているという(朝日新聞AbemaTIMES)。

typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...