パスワードを忘れた? アカウント作成

Idle.srad.jpは、あなたの人生において完全な時間の浪費です。見るなよ、見るなよ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年11月30日の記事一覧(全8件)
14058696 story
お金

いつ終わるかわからないモノポリー「Monopoly Longest Game Ever」 9

ストーリー by hylom
ちょっとやってみたい 部門より

headless曰く、

プレイ時間が過去最長になるという「モノポリー」「Monopoly Longest Game Ever」が米Amazon.com限定で発売された(Monopoly公式アカウントのFacebook投稿製品情報The VergeSlashGear)。

モノポリーは双六のようにサイコロを使って盤上のマス目を進みながら盤上の「不動産」を取引していくゲーム。Monopoly Longest Game Everは兎と亀を模したコマを用い、サイコロは1つのみ。プレイヤーは破産してもゲームを抜けることができず、1人のプレイヤーが66の不動産すべてを所有するまでゲームは終わらない。対象年齢は8歳以上となっているが、夜更かし禁止の子供がプレイするのは難しいと思われる。価格は19ドル99セントで、日本への発送も可能とのこと。

14058679 story
Wikipedia

Wikipedia日本版、第2回加筆大会のエントリーを受け付け中 15

ストーリー by hylom
めざせスタブハンター 部門より

Wikipedia日本版が12月1日から12月31日にかけて「第2回加筆大会」を開催する。

ログインユーザーもしくは期間中IPアドレスが変動しない固定IPユーザーが参加可能で、スタブとなっている記事に加筆し、それを報告ページで報告することでポイントを獲得できる。

14058701 story
テクノロジー

カナダ・ハイパーステルス社、透明マントが実現可能な量子ステルス素材を開発 48

ストーリー by hylom
現実的っぽい 部門より

Anonymous Coward曰く、

カナダのハイテク企業ハイパーステルス社が、「透明人間」を可能にする素材を開発した。この素材は物体の周りで光を屈折させ、背景しか見えないようにするというもの。電源も不要でどのような環境でも動作する。人や物、航空機といったものさえも隠すとしている(ロイターギズモード・ジャパンミリブロNews)。

この素材には13種類のバリエーションが用意され、あらゆる方向に影を移動させたり、熱や紫外線、赤外線スペクトルを曲げるなどの機能があるという。同社はこの「量子ステルス」素材について、軍事利用だけでなくスピード違反を行う警官の使用や、空調装置を目立たなくするなどさまざまな用途で使われることを期待しているそうだ。

14059174 story
マイクロソフト

サティア・ナデラ、Fortuneの2019年を代表するビジネスパーソンに選ばれる 17

ストーリー by headless
代表 部門より
Microsoft CEOのサティア・ナデラ氏がFortuneの「Businessperson of the Year 2019」で1位にランクされている(ナデラ氏の紹介ページWindows Centralの記事)。

ナデラ氏がMicrosoft CEOに就任したのは2014年。ビル・ゲイツ氏のような創業者でもなく、スティーブ・バルマー氏のように強烈なキャラクターを持ったセールスのリーダーでもないナデラ氏は知名度も低く、CEO就任は驚きをもって迎えられた。経営者としての実績がないナデラ氏だったが、ブラッド・スミス氏をプレジデントに、キャスリーン・ホーガン氏をチーフピープルオフィサーにそれぞれ昇進させ、ナデラ氏のCEO就任前から最高財務責任者(CFO)だったエイミー・フッド氏を加えた強力な経営チームを構築する。その結果、過去3年間の年平均成長率は売上11%、利益24%となっており、Microsoftの時価総額は1兆ドルを超えている。Microsoftが米国防総省のJEDIクラウドシステムの契約を勝ち取ったのも、チームによるアプローチの成果とのことだ。
14059176 story
クリスマス

マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」が3つのギネス世界記録に認定される 58

ストーリー by headless
これが邦題だったのか 部門より
クリスマスソングの定番となっているマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス (All I Want For Christmas Is You)」が3つのギネス世界記録に認定されたそうだ(Guinness World Recordsの記事)。

1994年発売のアルバム「Merry Christmas」に収録された「恋人たちのクリスマス」は世界で最もよく知られるクリスマスソングの一つ。今回ギネス世界記録に認定されたのは、「ソロアーティストによるBillboard US Hot 100で最高チャートのホリデー(クリスマス・新年)ソング」「Spotifyで24時間のうちに最もストリーミングされた女性アーティストのトラック(2018年12月、10,819,009回)」「英国のシングルトップ10チャートに入った週の数が最も多いクリスマスソング(20週)」の3つだという。

個人的にはクリスマス時期に街で流れているクリスマスソングといえば「ラスト・クリスマス」の印象が強いのだが、スラドの皆さんはいかがだろうか。
14059179 story
政治

Apple、ロシアではクリミアとセバストポリがロシア領と表示されるようアプリを修正 38

ストーリー by headless
現地 部門より
ロシア下院は11月27日、Appleが「マップ」アプリと「天気」アプリでの不正確な表示を改め、クリミア自治共和国およびセバストポリ市をロシア領と表示するように修正したとの通知を受けたことを発表した(ロシア下院のニュースリリースThe Vergeの記事BBC Newsの記事South China Morning Postの記事)。

クリミアとセバストポリは2014年にウクライナからの独立を宣言してロシアに編入されているが、ウクライナと西側諸国は承認していない。外務省では「ロシアによる不法占拠」されたウクライナ領と表現している。そのため、ロシア下院はAppleの動きを歓迎する一方、Appleに対する批判の声も聞かれる。ただし、ロシア領と表示されるのはロシアでアプリを使用する場合に限られ、ロシア以外では領有に関する表示が出ないという。BBC Newsが試した限りでは、ロシアのApp Storeを使用するように設定されている場合のみロシア領と表示されるとのこと。本件に関するAppleのコメントは出ていないようだが、ティム・クック氏は以前から現地の法律に従う必要があると述べている。なお、Googleマップでも3月からロシア国内ではクリミアとセバストポリがロシア領と表示されるようになっているとのことだ。
14059311 story
Windows

Windows 10 Insider Preview 20H1ビルド、バージョン2004となる 32

ストーリー by headless
混同 部門より
11月26日に提供が始まったWindows 10 Insider Preview ビルド19033(20H1)では、バージョン番号が「2004」になっている(Windows Experience Blogの記事Neowinの記事BetaNewsの記事The Registerの記事)。

一般提供されているWindows 10の最新バージョンは「1909」だが、20H1ビルドはこれまで一つ前のバージョン「1903」だった。春に提供されるWindows 10の機能更新プログラムではバージョン1703以降、下2桁は「03」となっていた。これは3月リリースを示すものだが、実際は4月~5月にリリースされてきた。そのため、あまり意味のある数字ではないのだが、今回は「Windows Server 2003」のような過去の製品との混同を防ぐため、「2004」を選んだとのこと。

現在の20H1ビルドはリリースブランチ(vb_release)となっており、変更点は修正と改善ばかりで新機能も追加されなくなっている。ビルド19030以降では評価版を示すデスクトップ上のウォーターマークも消えているが、完成を意味するものではないという。その一方で、開発ブランチ(rs_prerelease)からの新ビルド(20H2)提供についても近く開始することを検討しているといい、20H1ビルドにとどまりたい場合はWindows Insider Programの設定で「スロー」を選択しておく必要がある。なお、「Skip Ahead」は廃止になっている。
14059314 story
UNIX

データ分析プラットフォームSplunk、パッチを適用しないと2桁表記された2020年以降の西暦年を認識できなくなる 11

ストーリー by headless
分析 部門より
データ分析プラットフォームSplunkでは、2桁表記の西暦年を含む2020年1月1日以降のイベントのタイムスタンプを認識できない問題があり、パッチの適用が呼びかけられている(Splunkのサポート記事Splunkのブログ記事Computingの記事)。

原因は入力データのタイムスタンプ認識に使用する正規表現の問題だという。問題の正規表現は「datetime.xml」というXMLファイルに含まれており、修正点を見ると「2」から始まる2桁表記の西暦年の存在が考慮されていなかったようだ。

そのため、2020年1月1日以降のイベントでタイムスタンプの年が2桁表記になっていると無効な年が設定されていると誤認識し、現在の年を使用したタイプスタンプを追加するか、日付を誤って解釈したタイムスタンプを追加する可能性があるとのこと。

同じく正規表現の問題により、2020年9月13日12時26分39秒(UTC)以降のイベントでタイムスタンプがUNIX時間で表記されていると、タイムスタンプが認識できなくなる。上述の時刻はUNIX時間で1,599,999,999にあたる。こちらはUNIX時間で1,699,999,999(2023年11月14日22時13分19秒 UTC)まで処理できるよう、正規表現が修正されている。

修正はSplunk Cloudの場合自動更新で適用されるが、Splunk Enterprise/Lightでは修正版datetime.xmlへの置き換えか手作業での修正、または修正済みバージョンへのアップグレードが必要となる。
typodupeerror

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

読み込み中...