パスワードを忘れた? アカウント作成
14075194 story
交通

ホンダ、電動スクーターを法人向けに発売へ 47

ストーリー by hylom
200台ということはまだ実験的という感じだろうか 部門より

maia曰く、

ホンダがビジネス用電動スクーター「BENLY e:(ベンリィ イー)」シリーズを発表した。販売開始は2020年4月を予定している。

法人向けで、希望小売価格(税込)は73万7,000円〜74万8,000円。年間200台の販売を目指す。着脱式バッテリー2個搭載で、原付1種と2種 、フロントバスケット・大型リアキャリア・ナックルバイザー・フットブレーキの有無の違いがある。航続距離は原付1種が87km(時速30キロ定地走行テスト値)、原付2種が43km(時速60キロ定地走行テスト値)。充電は車体からバッテリーを外して行う。ゼロから満充電は約4時間。想像はしていたが、価格に衝撃。

  • by nemui4 (20313) on 2019年12月23日 17時06分 (#3735829) 日記

    電動バイクって売ってませんでしたっけ。
    近所の蕎麦屋さんの出前が電動バイクになって、えらい静かに走ってたのを見た記憶があった。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2019年12月23日 20時49分 (#3735953)

    うちの父が酔う毎に「昔乗ってたバイクはベンリーっと言って…」と、
    壊れたレコードみたいに同じ話を繰り返してた事を思い出した。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      たくさんある [wikipedia.org]んで、特定が難しい。
      一番古いベンリイJ型は1953年6月発売。1952年のカブ(いわゆるモペット)より新しいが、1958年のスーパーカブより古い。

    • by Anonymous Coward

      でも最近は「ホンダのギアね」って人も。

  • by Anonymous Coward on 2019年12月23日 17時11分 (#3735832)

    国内のバッテリー交換型はホンダが音頭を取っている様で国内には入れられないっぽい。
    それならそれで、さっさと展開してくれれば良いのだが、当のホンダさんのタマが揃わないとって事っぽかったんで、この辺りはその最初の一つ?
    でもベンリィだと共用のステーションで交換とかしそうも無いんだよなぁ。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2019年12月23日 17時23分 (#3735838)

    ヤマハのE-Vinoは2015年から売ってるし、ホンダのPCX Electricは去年からリース販売してる。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2019年12月23日 17時44分 (#3735848)

      ヤマハ・パッソル [wikipedia.org]は2002年11月発売、2007年9月にリチウムイオンバッテリのリコールのため発売中止。
      #早すぎたんだ

    • by Anonymous Coward

      E-Vinoは航続距離29km、その3倍になったから業務にもいいよってことか。
      でもお値段も3倍とは。

      • by Anonymous Coward

        現状だと現実的な値段&性能と見ると、XEAM niu N-GT [www.xeam.jp]あたりか。
        中華な奴のローカライズ版っぽいし、原付二種のスクーターと見ると未だまだ高いけど。

        • by Anonymous Coward

          原付一種のniu Uは約18万円で航続距離70kmですか。いいですねこれ。
          予備バッテリーが約9万円か。本体も9万円くらいの車体ということですかね。

          • by Anonymous Coward

            >予備バッテリーが約9万円か。本体も9万円くらいの車体ということですかね。
            結局電動スクーターなんかの問題はコレなのね。
            バッテリーに全て左右されると。

            • by nemui4 (20313) on 2019年12月24日 11時38分 (#3736218) 日記

              >バッテリーに全て左右されると。

              革新的なバッテリーが開発された。
              というようなニュースをかなり昔から時々見てる気がするけど、どれもまだ実用化されないのかな。

              どれかが実用化されたら個人電動モビリティも流行りそう。

    • by Anonymous Coward

      テレビにも出てるね。あの番組結構長い間やってるんで、電動原チャの認知度は上がったかもね。
      ただ…なかなか新型出さないので売れてないのかなぁ…と思ってました。

  • by Anonymous Coward on 2019年12月23日 18時21分 (#3735866)

    国際競争力を考えない商品開発ですね>ホンダさん

    ここに返信
    • では、こんなのは如何?
      カラバリ4色、大人かわいい「yuppe2」
      http://e-time.tsubame-group.co.jp/yuppe2/ [tsubame-group.co.jp]

      --

      “人生の大半の問題はスルーカで解決できる...

    • by Anonymous Coward

      知らんのか。法人向け=リース販売という名のベータテストなんやでこれ。
      クリーンなイメージに釣られたカモを実験台にして改善したら晴れてコンシューマに投入する戦略なのだ。
      個人ユーザー向けに出す頃にはコストダウンができてもう少し安い値段を提示できる。

    • by Anonymous Coward

      ■製造事業者/五羊-本田摩托(広州)有限公司  ■製造国/中国  ■輸入事業者/本田技研工業株式会社
      (ホンダ社ニュースリリースより引用)

      • by Anonymous Coward

        なるほど、中国製だから日本で製造するより高くつくのか。

  • by Anonymous Coward on 2019年12月23日 23時01分 (#3736025)

    まだですか?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      フロスティ―EVでググれ。

  • by Anonymous Coward on 2019年12月24日 1時25分 (#3736061)

    うちの原二カブの燃費(カブシリーズの中でもかなり悪い方)がリッター40kmくらいでガソリン代は140円てところ。
    同じ距離をガソリンより遥かに安い電気代で走れるとして、差額でバッテリー代の元を取るには何km走るのか、何回充電するのか、寿命とどちらが先なのか気になる。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      つか条件良しで航続距離40km程度じゃ使えない所が多そう

      • by Anonymous Coward

        自動車なら40kmが短すぎるのはわかるが、これスクーターだぞ。一度にそんなに走るの?
        電池着脱式なんだから、日中事務所に戻る時に交換という手もあるし。

        • by Anonymous Coward

          航続距離が短いので街中でもちょっと不安でしょうね。
          工場とか大学キャンパス内とかサーキットとかクローズドなところの移動用とかでテストしたらどうですかねえ。

          • by Anonymous Coward

            航続距離40㎞でも不安なく乗り回せる範囲なら自転車で十分な気がする

          • by Anonymous Coward

            ピザなんかの飲食宅配は大体2から4キロ圏が配達範囲ってところが多い。
            店に充電機と予備バッテリーを準備して5、6回配達したら電池交換、って感じで使える。
            所詮スクーターなので、都市部では40Kmあればそれほど困らない。
            ただバッテリーと充電器が高すぎで、そうは使えないが…。

            • by Anonymous Coward

              田舎だと5km超でも結構配達範囲だったりするけどな。
              なので暗線マージンみて2~3回でバッテリー交換になると微妙だよね。

        • by Anonymous Coward

          最寄りの駅まで10km20kmって場所は多いよ

          • by Anonymous Coward

            田舎だとそういうところも多いですね。

            自分の実家は駅から5kmでしたが、もっと遠い集落はありましたから。

            自分の実家の場合、途中から1kmくらい山道を登るので、バッテリー的
            には厳しそう。回生ブレーキが付いていれば、理論的には垂直方向の
            位置エネルギーは行きと帰りでチャラになるんですけどね。

            なお、この機種に回生機構が付いてるかどうかは、リンク先のリリース
            記事からは判断できませんでした。

          • by Anonymous Coward

            そういう地域は考慮してないんだろうね。

            東京二十三区内でウーバーイーツ的な商売やるなら使えるかな。それでもガソリン車のほうがトータルコストは安いだろうけど。

        • by Anonymous Coward

          その航続距離40kmじゃたいして業務用には使えんな
          業務で走行なめすぎ

typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...