パスワードを忘れた? アカウント作成
14100724 story
テクノロジー

10年前のボーイング737型機事故の教訓は生かされていたのか、疑問の声 6

ストーリー by hylom
過去と現在 部門より

Anonymous Coward曰く、

2009年2月25日、オランダ・アムステルダムでボーイング737-800型機が墜落、乗員4人と乗客9人が死亡する事故(トルコ1951便事故)が発生した。この事故の原因は機材の不具合と操縦者による対処ミスによるものとされていたが、2018年10月と2019年3月に発生したボーイング737 MAX機の墜落事故と、このトルコ1951便事故には類似点があるとの指摘が出ている。

機密情報とされているトルコ1951便事故の調査報告書を元にしたNew York Timesの報道によると、トルコ1951便事故とボーイング737 MAX事故には顕著な類似点があるという。どちらの事故でも、1つのセンサーの故障によりシステムトラブルが発生して壊滅的な結果をもたらした。加えて、故障に対応するために必要な情報をボーイングがパイロットに提供していなかった点も同じだった。

トルコ1951便事故の報告書は、オランダの安全委員会から調査を依頼された航空安全の専門家シドニー・デッカー氏によるもの。同氏はボーイングに対しパイロットにもっと警告を出すように求めており、またボーイングが設計上の問題から注意をそらそうとしていると非難する内容が含まれていた。

しかしオランダの安全委員会は、ボーイングと米国政府、そして米国人のチームからの反論に押され、最終報告ではメーカー側の問題点については軽いものに変更させられた。またシドニー・デッカー氏の報告書についても機密扱いになったようだ(Orlando SentinelSlashdot)。

typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...