パスワードを忘れた? アカウント作成
14106159 story
テクノロジー

DARPA、空中で射出・回収できるドローンを開発中 20

ストーリー by hylom
分離合体システムとかどうでしょう 部門より

Anonymous Coward曰く、

米国防高等研究計画局(DARPA)が飛行機から空中で射出できる軍用ドローンを開発、テストを実施した(テスト動画MIT Technology Review)。

このドローンは輸送機や爆撃機から射出され、その後任務を行なった後、空中でケーブルにドッキングして巻き上げられて回収することを目指している。

すでに昨年11月米ユタ州で飛行試験も実施されているという。ただ、射出には成功したが、回収には失敗したという。

  • XF-85ゴブリン (スコア:4, 参考になる)

    by simon (1336) on 2020年02月07日 15時32分 (#3758070)

    米空軍「爆撃機の航続距離は伸びたけど護衛する戦闘機の航続距離が足りなくて随伴できない…せや!爆撃機に護衛戦闘機を搭載すればええんや!」

    かくして爆撃機の爆弾倉に収納され、敵地上空で敵機が寄ってきたら空中発進、敵機撃墜後に爆撃機に空中収容されるというヤドリギ戦闘機が開発され・・・たんですが、まあ例によってアイデア倒れというか「空中発進はできるが空中収容なんかできねえよアホ」と開発が中止になりました。(1949年)

    https://ja.wikipedia.org/wiki/XF-85_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F) [wikipedia.org]

    やっとこの「空中収容」という米軍の半世紀越しの夢が実現されたとゆーことですね

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      ドップをドローンにすれば、
      ガウ攻撃空母も夢じゃない、かな?

      • by Anonymous Coward

        空母の方 [google.com]を飛ばしてしまえばいいだろう?という着想

        • by Anonymous Coward

          米空軍のB-36+XF-85ゴブリン(1940年代後半)に続いて、米空軍はTip Tow計画でETB-29A+EF-84B×2機を、Tom-Tom計画でGRB-36D+RF-84F×2機を(以上は母機の翼端に子機を付ける構造の為、翼端渦で失敗した)、FICON計画でGRB-36F+F-84E or GRF-84F or RF-84Kを胴体下に吊るす方式が試され、末尾の偵察機型はU-2に切り替わるまで10ペア程が実運用されたらしい(1950年代の半ばまで)。

          なおB-36の前に空母の本家米海軍で、硬式飛行船(USS Macon ZRS-5)+複葉戦闘機(F9C×5機)も試されている(1930年代前半)。

  • > 射出には成功したが、回収には失敗したという。

    「もう、この子は、またおもちゃ出しっぱなしにして!ええ加減片付けんと、捨てるで!」

    #お母ちゃんに取ってはドローンはおもちゃ。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      大人のジョークも思いつきますよね。内容は分かりやすいので敢えて書きませんが。

      • by Anonymous Coward

        一ヶ月だけのヘルプで出向したはずなのに・・・・・。
        何年たっても呼び戻してもらえず。ついに体を壊してフェードアウト。
        #死んじゃうからデスマーチって言うんですよ。

  • by hakikuma (47737) on 2020年02月07日 15時06分 (#3758049)
    軍事目的ならば
    任務完了後は回収なんかせずに
    ドロンといなくなるタイプの方がいいんじゃない?
    ここに返信
  • 回収失敗するところまでそっくり。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      夢の空中空母ですなー。

    • by Anonymous Coward

      結局ドローン(無人機)でも、相応の滞空時間・航続距離を有する物は、相応の機体規模になってしまう。

      • by Anonymous Coward

        それ考えたら、親機を空中給油機にして一緒に飛んで行った方が良いのかも。

        • by Anonymous Coward

          小型機の方のパイロットが、狭いコックピットで一人長時間操縦し続けるという
          負荷がかかってしまうのです。
          その解の一つがツインムスタングなわけで。狭いコックピットは変わりませんが。

          • by Anonymous Coward

            まぁ今時は、移動は自動操縦なんだろうけどな…。
            F16で日本から米国まで手動操縦でフェリーするとか考えたくない。

  • by Anonymous Coward on 2020年02月07日 15時08分 (#3758055)

    回収がとても難しいようですね。

    F85 で検索したら、違うモノがいぱーい

    ここに返信
typodupeerror

人生unstable -- あるハッカー

読み込み中...