パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年3月1日の記事一覧(全7件)
14124224 story
アメリカ合衆国

米インディアナ州最高裁判所、無断で取り付けられたGPS追跡装置を自動車の所有者が取り外す行為は窃盗に当たらないと判断 24

ストーリー by headless
消滅 部門より
米国・インディアナ州の州最高裁判所は20日、捜査機関が密かにGPS追跡装置を自動車に取り付けた場合、それを自動車の所有者が取り外す行為は窃盗に当たらないとの判断を示した(裁判所文書: PDFArs Technicaの記事)。

この裁判は麻薬所持などで逮捕・起訴された被告が証拠は違法に収集されたものだと主張し、一審・二審判決を不服として上告していたものだ。

2018年夏、ウォリック郡保安官事務所は被告が麻薬を密売していると考えて令状を取り、被告の自動車にGPS追跡装置を取り付けた。しかし、7日後に装置からの信号は受信できなくなる。捜査員は装置の「窃盗」容疑で被告の自宅と父親の所有する倉庫に対する家宅捜索令状を取得。捜索中に麻薬などが見つかったため、改めて麻薬の捜索に関する令状を取って捜索した結果、被告は複数の違法行為で逮捕・起訴されることとなった。

被告は最初の令状2件の宣誓供述書では犯罪行為が行われたとする相当な理由が示されておらず、不合理な捜査や押収を禁じた合衆国憲法修正第4条やインディアナ州憲法に違反すると主張。後の令状2件による捜索を含め、証拠をすべて除外するよう求めた。一方、州は令状が有効であり、無効でも善意の例外が適用されると反論し、一審・二審ともに証拠を有効として有罪判決が出されていた。

州最高裁では最初の令状2件に関する宣誓供述書が窃盗の要件である 1)他人の所有物であると知りながら許可なくその権利を奪う 2)他人から意図的に何らかの価値を奪う、のいずれも示していないと指摘。宣誓供述書は自分の車で見つけた謎の黒い箱を被告が取り外した可能性を示しているだけであり、被告が「意図的」に価値を奪ったとするのは捜査員の勘に過ぎないと判断した。

後の令状2件は相当な理由を示さずに取得した最初の令状2件による不当な捜索結果を悪用したものであり、善意の例外を適用してしまえば修正第4条を骨抜きにすることになる。証拠を除外すれば犯罪を見逃すことになるが、勘に頼った不当な捜索を防ぐことが重要だという。その結果、家宅捜索で押収したすべての証拠を無効とし、下級審への差し戻しを命じた。
14124226 story
iPhone

米国家運輸安全委員会曰く、Tesla Model Xによる2018年の死亡事故の原因はAutopilotに対する過信と注意散漫、道路安全設備の整備不良 7

ストーリー by headless
原因 部門より
米国家運輸安全委員会(NTSB)は2月25日、2018年3月23日にカリフォルニア州マウンテンビューで発生したTesla Model Xの死亡事故の原因を特定する委員会を公開で開催した(プレスリリースNTSB委員長の開会スピーチMac Rumorsの記事Mashableの記事)。

事故はAutopilotを使用して走行中のTesla Model Xが州道85号線と国道101号線の出口にある交通島へ進入し、損傷により機能しない衝撃吸収装置に時速70.8マイルで衝突したというもの。ドライバーの男性が衝突を回避しようとした形跡はなく、衝撃で破損したTeslaのバッテリーは発火。男性は炎に包まれる前に救出されたが、複数の鈍器損傷により死亡した。また、他2台の車両がTeslaと衝突し、負傷者が1名出ている。

NTSBではAutopilotの限界とドライバーのAutopilotへの過剰な依存・注意散漫が衝突の原因だと特定。ドライバーの注意力低下を監視するTeslaの機能が効果的でないことも衝突の一因としている。また、カリフォルニア州のハイウェイパトロールが道路の安全設備破損を適切に報告せず、交通局が整備を怠っていたことが男性の負傷の深刻度を高めた一因とのこと。

死亡したドライバーの男性は事故当時iPhoneでゲームをプレイしていたとみられている。NTSB委員長のロバート・サムウォルト氏は委員会の冒頭で、男性を雇用していたAppleがテクノロジーのリーダーでありながら運転中のパーソナル電子機器(PED)使用に関するポリシーを設けていないことを批判。また、現時点で自動運転自動車は市販されていないことを強調し、2017年には先進運転システムが自動運転システムとして利用されることを防ぐよう自動車メーカー6社に勧告したにもかかわらずTeslaだけが勧告を無視したことや、政府の規制当局がNTSBの勧告を無視し、十分な監督を行っていないことも批判している。

NTSBでは事故の原因となった安全上の問題を特定したほか、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)による新型車評価で前方衝突回避性能のテストを拡大すること、ドライバーの注意力低下監視システムの標準を開発すること、企業が従業員に対し運転中のPED使用を制限するポリシーを設けること、自動車走行中にはPEDでドライバーの注意を低下させる機能を使用できなくなるメカニズムまたはアプリケーションを開発することなどを勧告している。
14124228 story
バイオテック

レッサーパンダは系統発生学的に2つの種に分類されるという研究結果 20

ストーリー by headless
分類 部門より
遺伝子解析の結果、レッサーパンダが系統発生学的に2つの種に分類されるという中国科学院の研究グループによる研究成果が発表された(論文BBC Newsの記事The Guardianの記事CNNの記事)。

レッサーパンダは形態学的・生物地理学的な違いにより、ヒマラヤ系のネパールレッサーパンダ(Ailurus fulgens)と中国系のシセンレッサーパンダ(Ailurus styani)の2亜種に分類されてきた。2亜種を独立した種に分類することも提案されているが、遺伝学的証拠がないことで論争が続いている。過去にミトコンドリアDNAやマイクロサテライトのマーカーを用いてこの問題を解決する試みが行われたものの、ヒマラヤ系のサンプル数が非常に少なかったことや、遺伝子マーカーによる解析の限界から失敗に終わっていたという。今回の研究では次世代シーケンシング技術を用い、野性のレッサーパンダ65頭(うちオス49頭)から採取したサンプルの全ゲノムおよび49頭分のY染色体とミトコンドリアDNAを分析。ヒマラヤ系と中国系では遺伝子的に大きな差異があることが判明したとのこと。

中国系のレッサーパンダはヒマラヤ系と比べて頬骨の幅や頭蓋骨の最長部がはるかに大きく、前頭骨の出っ張りも大きい。また、毛の赤みが強く、尾のストライプ(輪)がよりはっきりしているといった特徴がある。2亜種の生息地は中国(チベット~雲南)・ミャンマー・タイを流れるサルウィン川で分かれると考えられていたが、今回の研究ではこれを否定する結果が出ている。境界としては中国(チベット)・インド・バングラデシュを流れるヤルンツァンポ川が有力だという。ただし、この仮説を証明するには今回のサンプルに含まれていないブータンとインドのサンプルを調査する必要がある。また、2種に分類されることが判明したことにより、種の保存の観点からは個別の計画を立てる必要が出てくる。特にヒマラヤ系は個体数が少なく、遺伝子的多様性が小さいことから早急な対策が必要になるとのことだ。
14124383 story
法廷

公正取引委員会、楽天の送料無料化について東京地裁へ緊急停止命令を申し立て 120

ストーリー by headless
緊急 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

公正取引委員会は2月28日、楽天に対する緊急停止命令を東京地方裁判所に申し立てた(報道発表資料Bloombergの記事日本経済新聞の記事CNETの記事)。

楽天は同社のオンラインモール「楽天市場」に出店する事業者に一定額以上の注文に対する送料を無料化するよう通達しており、独占禁止法違反の疑いで公正取引委員会が調査を行っている。しかし、排除措置命令を出すまでには半年程度かかり、楽天は送料無料化の実施を3月18日に予定していることから、このままでは店舗側に重大な影響を与えるため緊急停止命令の申立を行ったとのこと。楽天はサービスの名称を「送料無料ライン」から「送料込みライン」に変更しているが、公正取引委員会審査局長は実質同じものだと指摘する。

緊急停止命令は2004年に有線ブロードネットワークス(現USEN)とその代理店に対する申立が行われて以来16年ぶり(編注: この件は被申立人が対象行為を取りやめたため取り下げられている: PDF)。

緊急停止命令が出された場合、従わなければ30万円以下の過料が科されるが、即時抗告で不服を申し立てることもできる。楽天側は法令上の問題はないとして予定通り実施する構えを見せているとのことだ(CNETの記事[2])。

14124423 story
仮想化

ロシアのプーチン大統領、影武者の存在を否定 35

ストーリー by headless
本人 部門より
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は影武者が(何人も)いるのではないかと噂され、インターネット上では写真を比較して別人だと証明するといった記事も見かけるが、プーチン氏本人(だと主張する人物)がこれを否定した(TASSの記事20 questions with Vladimir Putin - Episode 5)。

これはTASSの特別企画「20 questions with Vladimir Putin」でプーチン氏がインタビューに答えたものだ。インタビュアーはインターネットで検索したプーチン氏に関する話題を本人に読み上げさせ、「プーチンのそっくりさんの証明」で止めて「あなたは本物のプーチンか」と確認。プーチン氏が「そうだ」と答えたところで影武者の有無を尋ねた。プーチン氏は影武者の存在を否定したうえで、テロリズムとの戦いが激しかった頃(2000年代初め)には影武者を代わりに送るよう提案されたことはあるが、すべて断ったと述べている。
14124430 story
お金

スティーブン・セガール、ICO投資勧誘に関する違法行為の罰金など計314,000ドルを支払うことで米証券取引委員会と合意 12

ストーリー by headless
沈黙 部門より
米証券取引委員会(SEC)は2月27日、俳優スティーブン・セガールがICO投資勧誘に関する違法行為の罰金支払い等に合意したことを発表した(プレスリリースThe Registerの記事Mashableの記事The Vergeの記事)。

セガールは2018年、Bitcoiin2Gen(B2G)のブランドアンバサダーに就任し、ソーシャルメディアでB2Gの新規コイン公開(ICO)への投資を呼びかける宣伝をしていた。これはICOで売り出される仮想コイン・トークンが有価証券にあたる可能性をSECが自律分散型組織(DAO)に関する報告書(PDF)で警告してから6か月後のことだ。SECでは有価証券にあたる仮想コイン・トークンを著名人などがソーシャルメディアで宣伝する場合、証券取引に関する連邦法の誇大広告防止条項により、宣伝の特質や範囲、受け取る対価の額を公表する必要があることも勧告していた。

しかし、セガールは現金25万ドル、B2Gトークン75万ドル相当を受け取る契約で宣伝していることを公表していなかったという。セガールは誇大広告防止条項違反というSECの判断を認めることも否定することもなく、宣伝による不正利得および判決前利息として157,000ドル、罰金として157,000ドルを支払うことに合意し、デジタルかどうかにかかわらずすべての有価証券について3年間宣伝しないことにも合意したとのこと。

正義漢のイメージが強いセガールの思わぬ失態に、The RegisterやMashableの記事では初主演作「刑事ニコ 法の死角 (1988)」の原題「Above the Law (法を超越)」を引用して「法を超越していなかった」などとコメントしている。
14124562 story
DRM

「NHKプラス」サービス開始 64

ストーリー by headless
開始 部門より
take-ash 曰く、

インターネット同時配信および見逃し番組配信サービス「NHKプラス」が3月1日7時よりサービスを開始した(案内ページ視聴ページ報道資料: PDF)。

NHK-GとNHK-Eの 同時配信視聴についてはID登録(利用申込)不要だが、見逃し配信の利用にはID登録が必要となる。ID登録の際に受信契約情報の入力が求められるが、NHKプラスの利用に対して追加費用は発生しない。サービス開始直後はアクセスが集中しておりID登録画面が表示されない状況となっている。

ID登録は1日15時30分に再開がアナウンスされた。同時配信の視聴は登録不要といっても、画面右下の4分の1程度の範囲に登録を求めるメッセージがオーバーレイ表示されるため、実質的には登録必須だ。テレビなどの受信設備を所有していない場合は受信契約ができないため、ID登録をすることもできない。1つの登録IDで5画面まで同時視聴できるが、海外からの視聴はブロックされる。

推奨環境にはApple Safari/Google Chrome/Microsoft Edgeが挙げられているが、DRMをサポートするモダンブラウザーの多くで視聴可能とみられる。Internet Explorerでの視聴はできない。モバイルアプリ(AndroidiOS)も利用可能だ。標準でDRMをサポートしないBraveでは通知に従ってWidevineCDMをインストールする必要がある。ただし、BraveはDRMの使用に反対しており、設定画面からアンインストールする手段も用意されていないので注意が必要だ。

typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...