パスワードを忘れた? アカウント作成
14148130 story
ビジネス

新型コロナウイルス対策によりインフルエンザなども減少傾向、スマート体温計サービスのデータ分析結果 13

ストーリー by hylom
とはいえ場所によってはインフルも流行っているようで 部門より

Anonymous Coward曰く、

コロナウイルスによる新型肺炎(COVID-19)の感染拡大に伴い、世界各国で不要不急の外出を控えたり、人が集まるイベントや集会の中止が行われている。これは「social distancing」など呼ばれているが、大規模なデータを利用した調査により、この影響でCOVID-19以外の感染症も抑えられている可能性が判明したそうだ(GIGAZINEQuartzSlashdot)。

スマート体温計メーカーのKinsa Healthが収集したデータを匿名化して分析した結果分かったもの。こうしたスマート体温計のデータをインフルエンザ予測に使う研究は過去にも行われているが(ScienceDaily)、COVID-19の症状はインフルエンザと似ていることに着目、COVID-19対策によるインフルエンザなどの感染症への影響を分析したという。

結果としては、インフルエンザ系の感染症の感染者は3月19日までは過去のデータからの予測した値を超えていたものの、それ以降急激に減少していたという。また、収集された体温データからは、3月中旬にはフロリダ州のマイアミ・デイド郡やニューヨークなどで急激に感染症の感染者が増加しているものの、それも19日以降には現象に転じている。これは、フロリダ州でCOVID-19の感染者が急増していることと関連があるのではないかとも推測されている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2020年03月30日 14時36分 (#3788010)

    先月知人の医者が、今年は彼の医院に来るインフルエンザの患者が例年よりかなり少なかったと言っていました。
    まだ外出自粛などが国内で本格化に語られる前で、手洗いうがいマスクを励行しろとしか言われていなかった頃です。
    「おまえらこれまでどんだけ手洗いしてなかったんだ」とこぼしていました。

    最近話を聞いていないけど、今はどうなのかな。

    • by Anonymous Coward

      新型インフルエンザ以降に企業に置かれるようになったアルコール消毒液を使っている人なんて、数えるほどしかいなかった。
      あまりに使う人がいないから、消毒液が切れても、誰も監視しておらず、ほっといたらいつまでも消毒液が補充されない始末。

      とはいえ、原発事故で原子力発電について理解が深まった(原子炉緊急停止できれば、それでOKというわけではない)ように、コロナウイルスにアルコール消毒液が有効なことがわかったし、新型コロナ騒動が終わっても、アルコール消毒液で入室時に消毒する習慣は続くかもしれない。

      個人的には消毒してもドアノブを触れたら効果が著しく損なわれると思っているので、ドアノブに触れなくてもドアが開けられるように、建築基準法や労働安全衛生法が改正されないかな、と期待している。

      • by Anonymous Coward on 2020年03月30日 16時20分 (#3788084)

        特にトイレの出口な……大概横か手前に引っ張るコの字型の奴だから掴まざるを得ない。
        レバーなら袖で押し引き両方対応できるのに。
        トイレ終えて手を洗わんやつ、減ってるといいんだが……

        新型コロナの話では、痰のPCRよりも便のPCRのが検出率良いらしいし、
        つまりそれって下のほうがウィルス居てもおかしか無い訳で……
        いろんな意味でトイレのコの字型ドアハンドル見るたびにいやんなりますわ。
        # そこだけ注意してもしゃーないってのはわかっちゃいるが。

        親コメント
    • by Anonymous Coward

      記録的な暖冬であったことを考慮せず断定するのはあまりにも短絡的。

      • by Anonymous Coward

        多少の風邪程度であれば安易に受診しなくなったことも
        インフルエンザの患者数把握数減少と
        院内での感染減少に影響してるかもね

  • by Anonymous Coward on 2020年03月30日 14時42分 (#3788012)

    日本ではインフルエンザの発生状況は定点医療機関から毎週報告されることになっていますが、それをとりまとめた厚労省からの発生状況の発表をみても、発生数はピーク時でも例年の半分以下と劇的に少ないことが見て取れますね。
    https://www.mhlw.go.jp/content/000613865.pdf [mhlw.go.jp]

    • by Anonymous Coward

      シーズン毎のバラつきとは区別できてんの?

      • by Anonymous Coward

        例年なら年明け後もピークに向けて増えていってるのが、今年は年明けに武漢で何か起こったという報道があった時期から減少に転じているところが興味深い。

  • by Anonymous Coward on 2020年03月30日 14時42分 (#3788013)

    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/k... [mhlw.go.jp]
    に定量的なデータによる報告があります。
    最新版、P.2のグラフが興味深い。

    • by Anonymous Coward on 2020年03月30日 15時23分 (#3788041)

      前もどこかの記事にはったけど
      Top - 疾患名で探す(類型別) - インフルエンザ (seasonal (regular) influenza) - インフルエンザの流行状況(東京都 2019-2020年シーズン)
      更新日:2020年3月25日
      http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/flu/flu/ [tokyo-eiken.go.jp]
      の「1 定点医療機関当たり患者報告数  2020年3月22日(第12週)まで」も興味深い。
      大体の年で年末と年明けの2つの山があり、今年は年明けで状況が変わったのがはっきり見て取れる。

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2020年03月31日 4時57分 (#3788345)

    今年は、37.5℃以上が4日間続かないと病院に来るな、みたいな話になったので、
    いままで風邪で気軽に病院に行ってた人が通院を控えてるのでは?

  • by Anonymous Coward on 2020年03月31日 16時53分 (#3788673)

    インフルエンザ検査が減った
    https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t344/202003/564719.html [nikkeibp.co.jp]
    https://www.primary-care.or.jp/imp_news/pdf/20200311.pdf [primary-care.or.jp]
    という可能性はありませんか?

  • by Anonymous Coward on 2020年03月31日 17時53分 (#3788720)

    武漢で新型コロナが発見されるより一足早く、アメリカではインフルエンザの大流行が始まっていました。
    その中のいくらかはインフルエンザではなくてCOVID-19だったんじゃないかという説もあります。

    そうだとしたら発生時期が気になりますが。

typodupeerror

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

読み込み中...