パスワードを忘れた? アカウント作成

最新から新しい日記やタレこみを確認できますよ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2020年4月12日の記事一覧(全6件)
14159173 story
グラフィック

Unicode 14.0、リリース時期を6か月先送り 42

ストーリー by headless
延期 部門より
Unicode Consortiumは8日、2021年3月に予定していたUnicode 14.0のリリースを6か月先送りして2021年9月に変更することを明らかにした(The Unicode Blogの記事9to5Macの記事Mashableの記事Android Policeの記事)。

Unicode Consortiumはボランティアの作業に強く依存しており、多くの人が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けていることから今年は例年通りのスケジュールで進めることが困難だと判断したとのこと。この変更により、Emoji 14.0の提案締め切りも9月まで先送りされ、実際に絵文字が実装されるのは2022年になることが見込まれている。一方、3月に発表したUnicode 13.0に含まれる新しい絵文字には影響がなく、Emoji 13.1で新たな組み合わせの絵文字をスケジュール通りリリース可能かどうかを検討しているそうだ。ICUプロジェクトやCLDRプロジェクトに大きな影響はなく、6か月ごとのリリースサイクルを維持できるという。ただし、ICUとCLDRのサブプロジェクトについては若干の影響を見込んでいるとのことだ。

なお、この発表の後でUnicode Consortiumの技術的なWebサイトをホストするデータセンターで大規模障害が発生し、復旧には2週間ほど要する可能性もあるとのこと(The Unicode Blogの記事[2])。
14159219 story
地球

海底のエビがマイクロプラスチックをさらに微細化するとの研究成果 57

ストーリー by headless
咀嚼 部門より
ヨーロッパアカザエビが海底に沈んだマイクロプラスチックをさらに微細化するという、イタリア・カリアリ大学などの研究グループによる研究成果が発表された(ニュースリリースSlashGearの記事論文アブストラクト)。

海底に住むヨーロッパアカザエビがマイクロプラスチックを食べることや、実験室の環境では海底よりも浅い海に住む別の種類の甲殻類がマイクロプラスチックを食べて微細化することが過去の研究で判明しているが、実際の海洋環境で同様のことが起きるかどうかは不明だったという。これを調べるため、研究グループは地中海のサルデーニャ付近でヨーロッパアカザエビを採取。消化器官の内容物を調べたところ、腸内のマイクロプラスチックは胃内のマイクロプラスチックよりもはるかに細かく、量も多かったという。ヨーロッパアカザエビは胃に胃咀嚼器を持っており、粒子の大きなマイクロプラスチックは胃にとどまってすりつぶされてから腸に送られ、排泄されるとみられる。このようにして生成される「二次的」なマイクロプラスチックは深海でのプラスチック分解に重要な役割を果たす一方、より小さな生物に影響を与える可能性もあるとのことだ。
14159324 story
バイオテック

SARS-CoV-2のスパイクタンパクの構造を可聴化した音楽 12

ストーリー by headless
突起 部門より
コロナウイルスの特徴である突起状のスパイクタンパクの構造を用い、AIで新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を可聴化(ソニフィケーション)した音楽「Viral Counterpoint of the Coronavirus Spike Protein (2019-nCoV)」がSoundCloudで公開されている(MIT Newsの記事Ars Technicaの記事)。

制作したMITのMarkus Buehler氏によれば、SARS-CoV-2の突起は3本のからみあったタンパク質が非常に興味深いパターンを形作っており、これを可聴化することで多層構造の織り込まれたメロディーができたそうだ。これにスパイクタンパクのもう一つの構造であるアミノ酸配列を可聴化して組み合わせることで、対位法音楽のような作品が完成したとのこと。

タンパク質の構造を目で見るには高性能な顕微鏡が必要となるうえ、階層構造のすべてを同時に見ることはできないが、可聴化することで音程や音色、音量、旋律、リズム、和音として同時に聴くことが可能になるという。これにより、科学者がタンパク質の構造を理解するためのもう一つのツールとなり、SARS-CoV-2による感染症(COVID-19)対策の確立につながる可能性もあるとのことだ。
14159366 story
Mozilla

Mozilla Thunderbird 76.0 beta Windows版、通知領域への最小化オプションを追加 39

ストーリー by headless
格納 部門より
Anonymous Coward曰く、

Mozilla Thunderbird 76.0 Beta Windows版で、タスクバーの通知領域(システムトレイ)に最小化するオプションが追加された(リリースノートBug 1626161)。

この機能は拡張機能によってサポートされていたが、Thunderbird側の仕様変更により既存の拡張機能は動作しなくなっていた。Thunderbird 76.0は一般リリースされず、次のメジャーバージョンはThunderbird 78.0。6月30日以降のリリースが見込まれている。

一般リリースされるThunderbirdはFirefox ESRと一致するメジャーバージョンが割り当てられており、Firefox ESRリリースの1週間後にリリースされることが多い。現在のところFirefox ESR 78.0は6月30日のリリースが予定されている。

14159386 story
Google

AppleとGoogle、SARS-CoV-2 感染者との濃厚接触を検出する技術の開発で協力 43

ストーリー by headless
濃厚 部門より
AppleGoogleは10日、Bluetoothを利用して新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染者との濃厚接触を検出・追跡する技術の開発で協力していくことを発表した(各種仕様ドラフトSlashGearの記事The Vergeの記事Ars Technicaの記事)。

GPSの位置情報やBluetoothの近接通信を利用して濃厚接触を検出するアプリは既に利用されているが、ユーザーのプライバシーやセキュリティに関する懸念や相互運用性に関する問題も指摘されている。両社はこれらの問題を解決すべく、5月には公衆衛生当局が提供するアプリを利用するiOSおよびAndroid端末間での相互運用を実現するAPIをリリースする。その後数か月かけてBluetoothベースの濃厚接触検出プラットフォームをOSレベルで実現することを目指す。Bluetoothベースの濃厚接触検出は誤検知が多いことも指摘されているが、両社の取り組みにより改善されるだろうか。
14159415 story
Windows

Windows 10 バージョン2004はリリースを延期すべきか 92

ストーリー by headless
延期 部門より
Microsoftが上半期にリリースを予定しているWindows 10 バージョン2004(20H1) について、ComputerworldのGregg Keizer氏とWoody Leonhard氏がそれぞれ別の記事でリリースを延期すべきだと主張している(Computerworldの記事[1][2])。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響が広がる中、MicrosoftはWindows 10 バージョン1709 Enterprise/Education/IoT Enterpriseのサポートを6か月延長し、セキュリティコンテンツを含まないオプションの更新プログラムの提供を5月以降一時停止することを発表。Surface Neo/Windows 10Xの年内リリースを取りやめたとも報じられている。一方、Windows 10 バージョン2004については特にリリース計画の変更などは発表されていない。
typodupeerror

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

読み込み中...