パスワードを忘れた? アカウント作成

あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2020年6月15日の記事一覧(全9件)
14211690 story
ニュース

暖房・空調機器などを手がけるコロナ、新型コロナウイルスに関連したメッセージ広告を掲載 35

ストーリー by hylom
普通はまあ関係あるとは思わないが 部門より

暖房器具やエアコン、給湯器などを手がけるコロナが、新型コロナウイルスに対するメッセージ広告を新潟日報に掲載した(家電Watch朝日新聞)。「新型コロナウイルスにまつわるニュースに心を痛める社員らに、自信を取り戻してもらいたい」という理由だという。

この広告は「コロナではたらくかぞくをもつ、キミへ」というもので、新型コロナウイルス感染拡大後、社員の子供などが「落ち込んで帰宅してきた」といったことがあったことからのメッセージ掲載となったという。

14211700 story
Firefox

Firefox 75で導入されたアドレスバーの拡大/縮小仕様、てんかんの引き金になると報告を受け対応 49

ストーリー by hylom
こういうのもトリガーになるのか 部門より

Firefox 75ではアドレスバーにフォーカスへの入力時、自動的にアドレスバーが拡大表示されるといった仕組みが導入されたのだが、この挙動に対しててんかん発作の引き金になるとの指摘が出ている(MozillaのBugzilla)。

Firefox 75以降では、アドレスバーをクリックするなどしてURLやテキストを入力できる状態になると、アドレスバーが枠から浮き上がるかのように拡大され、また頻繁にアクセスするサイトや過去の履歴などから表示するページの候補などが表示される。しかし、この挙動が視覚的な刺激となり、てんかん発作が引き起こされたという報告がBugzillaに寄せられた。そのため、FirefoxではOSの設定で「動きを減らす」(Reduce motion)を有効にした場合にこの動きを抑制するように変更すると共に、設定オプションでもこの挙動を変更できるようにするとのこと。

14211711 story
Sony

ソニーの「TOUGH」SDカードをV60/V90対応機器で利用するとデータの破損が発生する不具合、無償交換へ 14

ストーリー by hylom
高機能高性能化は大変だ 部門より

ソニーのSDXC/SDHCカード「SF-M」シリーズおよび「SF-G」シリーズで、「ビデオスピードクラス」対応のカメラで動画撮影を行なった際にデータの破損などが発生する問題が確認された。そのためソニーが対策済み製品への無償交換を行うとのこと(ソニーの発表デジカメWatch)。

昨今ではSDメモリカードを動画撮影向けのストレージとして利用することが増えている。高画質な動画撮影にはより高速な記録速度が求められるため、SD Associationでは動画撮影に向け90MB/秒でのアクセスが「V90」や60MB/秒でのアクセスが可能な「V60」といった規格を定義している。今回問題となったSDカードでは、V60/V90対応のカメラで動画撮影を行う際に問題が発生するという。

14211730 story
お金

キャッシュレス決済、美容業や小売業での利用が進む 65

ストーリー by hylom
意外なところが 部門より

キャッシュレス決済サービスを手がけるSquareが、同社の決済サービスを利用する事業者(Square加盟店)のデータから集計したキャッシュレス決済の利用状況分析を公表したImpress Watch)。

このデータはSquareが提供するPOSレジ機能「Square POSレジ」で集計したもので、集計期間は2019年6月から2020年5月まで。昨年10月には消費税増税による家計負担緩和のためキャッシュレス決済使用時にその金額の一部を還元する事業が開始されたが、これによってキャッシュレス決済の利用量は増加し、さらに新型コロナウイルスの感染拡大に対する緊急事態宣言発令後にはさらに増加したという。

業種別では、ヘアサロンやネイルサロンなどを含む美容業での利用が多く、美容業のSquare加盟店のうち40%でキャッシュレス決済が現金決済を上回ったという、また、小売業では同じく30%でキャッシュレス決済が現金決済を上回った。一方、飲食業でキャッシュレス決済が現金決済を上回ったのは10%ほどだという。

14211721 story
Java

スマホ連携の全自動コーヒーメーカーが登場。HTCPCPへの対応は不明 22

ストーリー by hylom
そろそろちゃんとHTCPCPに対応する機器が出てきても良いのでは 部門より

IoTデバイスの販売や企画を手がける+Styleが、専用スマートフォンアプリからの操作に対応するコーヒーメーカー「スマート全自動コーヒーメーカー」を発売する(日経xTECH)。

今回発売されるのはコーヒー豆を挽くミル機能も搭載したコーヒーメーカーで、豆と水を投入しておくことで、IoT機器やセンサーと連動してコーヒーを自動的に淹れるといったことが可能になるという。

なお、コーヒーポットを制御するためのプロトコルであるHyper Text Coffee Pot Control Protocol(HTCPCP)への対応については記載されていない。

14211745 story
Chrome

延期されていたTLS 1.0/1.1のデフォルト無効化、6月から順次実施 18

ストーリー by hylom
設定のご確認を 部門より

新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていたTLSバージョン1.0および1.1(TLS 1.0/1.1)の無効化がついに行われるようだ。Firefoxでは、6月30日公開のFirefox 78でデフォルトでTLS 1.0/1.1の無効化が行われる(MozillaのBugzilaFirefoxサイト互換性情報)。

HTTPSなどの暗号化通信で使われるTLSのバージョン1.0および1.1では脆弱性が発見されており安全ではないとして、2020年中に主要WebブラウザではTLS 1.0/1.1のサポートが廃止される方針だった

Firefoxだけでなく、Google Chromeの次期バージョンであるChrome 84でもTLS 1.0/1.1のサポートが削除される予定(窓の杜)。

14211799 story
プログラミング

Gitのデフォルトブランチを「master」から「trunk」に変更する動き 199

ストーリー by hylom
英語は難しい 部門より

Anonymous Coward曰く、

アメリカにおける黒人差別問題が再び大きく話題となる昨今だが、プログラミング界隈でもGitのデフォルトブランチ名である「master」が奴隷制に基づくものであるとして「trunk」に変えようという動きが上がっているらしい(outsider reflexblacklist/whitelist master/slave に関する情報集め)。

特に大きな話題となっているのは、GitHub公式のCLIツールが、デフォルトブランチ名を「master」から「trunk」に変える変更を行った話である。この件についてのissueは反対意見も出ていたものの、管理者の一存で5月27日にマージされており、今後利用者に大きな影響を与えることになるとみられる。

なおGitでは「slave」は使われておらず、Gitの「master」は奴隷と関係ない「master」ではないかという意見もあるが、Gitの「master」は古のBitKeeperに由来しており、BitKeeperでは「master」「slave」として使われていたとのことで、関係が無いとは言い切れないようだ。一方の「trunk」は、同様にSubversionに由来する。

14211832 story
ニュース

対応周波数帯の異なる個体が出回っていることが確認された「Rakuten Mini」に対し総務省が報告徴取を求める 94

ストーリー by hylom
結局どうなるんだ 部門より

Anonymous Coward曰く、

先日、楽天モバイルの販売するスマホ「Rakuten Mini」で公開されている仕様とはバンド対応が異なるものが見つかるという話題があったが、これに対し総務省が認証を受けた工事設計に合致していないおそれがあるとして楽天モバイルに対し報告徴収を行うと発表した日経新聞CNET)。

楽天モバイルはすでに再申請を行なっており「技適番号に変更はない」としているが、一方で最近違う番号で新たに認証番号が取得されたという話もある

万が一番号が変わる場合は端末で表示される認証番号表示を変更する必要があり、表示変更のアップデートや修理・交換もありうる。

14212086 story
アメリカ合衆国

Internet Archiveの電子図書館サービスに対し出版社らが著作権侵害として提訴 37

ストーリー by hylom
やはりこうなるのか 部門より

やや旧聞となるが、米国で複数の出版社がInternet Archiveに対し著作権侵害訴訟を提起した(Current Awareness Portal)。

Internet Archiveは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、電子図書館サービス「Emergency Library」を開始したのだが(過去記事)、裁判ではこのサービスに対し出版社らは書籍の違法な複製を行なっていると主張している。

米国では公正な利用(フェア・ユース)であれば著作権侵害とならないというルールがあるが、出版社側はEmergency Libraryに対しフェア・ユースには該当しないとも主張している。

typodupeerror

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

読み込み中...