パスワードを忘れた? アカウント作成
14246725 story
おもちゃ

22万円の「ガンダリウム合金モデル 1/144 RX-78-2 ガンダム」予約開始後に瞬殺される 62

ストーリー by nagazou
お金はあるところにはある 部門より
今年はガンダム40周年ということで、21日からプレミアムバンダイで22万円(税込)というセレブ価格の「ガンダリウム合金モデル 1/144 RX-78-2 ガンダム」の予約が開始されたそうだ。とはいえ売られていたのは一瞬だったようだ。一説には10秒単位で予約が締め切られてしまった模様(プレミアムバンダイの予約ページHOBBY Watch)。

1/144スケールということもあり、サイズは約125mmというコンパクトサイズ。22万円という価格の根拠となっているのは、素材としてガンダリウム合金を採用している点だろう。

ガンダリウム合金はガンダム世界の架空の合金(厳密に言えばRX-78の場合はルナチタニウムとすべきだとは思うが)だが、本製品の場合はアニメ設定ょ元にして本物のチタンとアルミニウム、希土類イットリアを混ぜた合金で再現している点。ニッパーの刃も通らない強度だという。金属部はランナーレスだそうだが、仮にバリがあったら取り除くのは大変ではなかろうか。

ちなみに予約ページには1次受注と書いてあるので2次受注の可能性もあるかもしれない。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • アニメ設定ょ元にして (スコア:3, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2020年07月22日 15時39分 (#3856974)

    かな入力派がいるぞー

  • 2次:2021年2月発送分の予約が可能になっています。予約ページは1次予約と変わらず。

  • by Anonymous Coward on 2020年07月22日 22時20分 (#3857287)

    私程度では調べても分からなかったのですが
    金属部品の製造を請け負ったエプソンアトミックって、セイコーがチタンの時計を安く作るための焼結化の開発製造の為に作った所が母体になってる気がするんですが、どうなんでしょう

    #焼結なのでヒケもバリも気にしなくて大丈夫だと思われます

    • by Anonymous Coward

      寸法安定性が一番大変だったのではと思います。焼くと縮むので。

  • by Anonymous Coward on 2020年07月22日 15時37分 (#3856969)

    チタンとアルミニウム、希土類イットリアを混ぜた合金

    イットリアはイットリウム酸化物のことだから「希土類イットリウムの酸化物」か「希土類酸化物イットリア」でないと座り心地が悪い。…と思ったんだがプレミアムバンダイの予約ページを見ると「アニメの設定に倣い、チタニウム、アルミニウム、希土類イットリアを混ぜた合金」と書いてある。う~む。

  • by Anonymous Coward on 2020年07月22日 15時46分 (#3856984)

    ガンダムといえばガンプラ(プラモデル)だが
    昔は「超合金○○」みたいななおもちゃもあったとかで
    一周して戻ってきたような感じ

    # だが誰が本当に合金を作れと

    • by Anonymous Coward on 2020年07月22日 18時07分 (#3857111)

      ガンダムの玩具を売っていたのはクローバーという玩具会社(1983年、ダンバイン放送中に倒産)。
      超合金(ポピー→バンダイ)に対抗してブルマアクのジンクロン合金、タケミのビッガー合金等
      「〇〇合金」というブランドをつけた玩具メーカーは多かったけど、クローバーはそういう名称は
      特につけてなかったかな。
      主力商品たるガンダムDX合体セット(Gアーマーのセット)もほぼオールプラだったはずだし。
      (ザンボット3やダイターン3なんかはけっこう金属パーツ多くて重量感ばっちりだったんだが)

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        ポピーはバンダイの子会社ね。当時の見本市(現ホビーショー)でバンダイ本体と一体の豪華なバインダーカタログを業者向けに配っていたので、玩具店だけでなく模型屋でもポピー製品ってバンダイ関連って認知されてたんですよね。ただ、流通経路が違っていたので三ツ星商店等から卸を受けることができず、蔵前で玩具問屋を回る必要があったので、ポピー製品を扱っている模型屋は少なかったですけどね。

  • by Anonymous Coward on 2020年07月22日 15時54分 (#3856994)

    >バリがあったら取り除くのは大変ではなかろうか。

    ダイヤモンドヤスリが100均で買えるぐらいに入手しやすいのでバリ程度なら問題ないかな。
    ただヒケがあるとパテ盛するわけにもいかないので・・・・・。(ルナチタパテを大至急求む)

    #バリをダイヤモンドヤスリで削った粉を溶剤で練ってパテにするか。

    • by Anonymous Coward

      ナナハチがガンダリウム合金のはずはないから実際はルナチタニウムの筈である。
      178でさえまだルナチタニウムだった。
      したがってバリとりにはガンダリウム合金製のヤスリを使えば良いものと思われる。

    • by Anonymous Coward

      100均のダイヤモンドヤスリは鉄削った位でもすぐ駄目になるから
      今回の合金を削れるかな?

    • by Anonymous Coward

      パーティングラインがガッツリ出てるけど、これ綺麗にするのは厳しそうやな。

  • by Anonymous Coward on 2020年07月22日 15時56分 (#3856995)

    まあ、
    小さい分装甲が厚めとか
    インナーフレームはプラとか
    違いが多くて正しくないことはわかるが
    こいつの重量の約300万倍が実際のガンダムの重量なのかと妄想してニヤけるには大変いい素材

  • by Anonymous Coward on 2020年07月22日 16時04分 (#3856998)

    2次受注、3次受注以下は下請けなのでは

  • by Anonymous Coward on 2020年07月22日 16時20分 (#3857008)

    10秒単位で予約が締め切られてしまった予約って、人力で買うのはほぼ無理では

  • by Anonymous Coward on 2020年07月22日 16時23分 (#3857014)

    TiとAlの合金粉末にイットリアの粉末を混ぜて金型にインジェクションしてから焼結しているとのこと。
    劇中のルナチタニウムが本当にこれだということではありませんが、「月面の低重力を利用した特殊な合金」を「イットリア粒子の均一な分散」と解釈してそれらしさを出しています。
    お前がやれと言われたら絶対に嫌です。

    • by Anonymous Coward on 2020年07月22日 17時12分 (#3857058)

      10年ぐらい前、ガンプラ展の類だったと思うが、ガンダリウム合金とその他金属のインゴットの持ち比べができるコーナーがあって

      「本物あるのかよ!」

      と驚いた記憶がある。
      見た目のわりに、かなり軽かった。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2020年07月22日 17時24分 (#3857069)

        見た目のわりに、かなり軽かった。

        密度2.7g/cm3のアルミと4.5g/cm3のチタンが主成分の合金だから鉄(7.8g/cm3)なんかに比べると軽くて当然だと思います。

        親コメント
        • by Anonymous Coward
          ガンダムは10式戦車より軽いからなぁ
    • by Anonymous Coward

      もしかしたら3Dプリンタの方が楽かも?
      同じく微粉末の状態で混ぜて焼結すればいいので。

      ただ、3Dプリンタだと22万ではコスト割れになってしまうのかな。

  • by Anonymous Coward on 2020年07月22日 17時06分 (#3857055)

    実物大だと144^3*22=6569億1648万円かー。チタンでロボット作っちゃダメ。ぜったい。

    • by Anonymous Coward on 2020年07月22日 17時34分 (#3857080)

      B2スピリット「ほんそれ」

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        F15「せやな」

        • by Anonymous Coward

          F-14やF-15がチタン合金多用していて当時の「子どもが思い浮かべるすげえ素材」というと
          チタン合金だったんだろうとは想像する。

          後の作品だとカーボンナノチューブに行くわけだけど。

          • by Anonymous Coward

            ジュラルミンもアイシテ!

    • by Anonymous Coward

      実物?は約50トンでめちゃくちゃ軽いです。
      1/144スケール換算だとたった16グラム相当。

      チタンを使ったとしても、装甲は極薄だろうから、コストとしては影響無さそう。

      • by hig (25417) on 2020年07月24日 10時35分 (#3857896) 日記

        そんなに軽いのか。
        宇宙空間で殴り合いの格闘戦をやるけど、軽い方がより吹き飛ばされるとか?
        あんなに変幻自在に飛び回ることができるので、加速しながら殴り合いしてるだけかも。

        --
        The Suruh Force is with you,young commenter.But you are not a sradder yet.
        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2020年07月22日 17時51分 (#3857096)

    2021年2月発送予定とのこと。

  • by Anonymous Coward on 2020年07月22日 19時57分 (#3857190)

    どうせ転売屋が買い漁ってるんでしょ

    • by Anonymous Coward

      名前刻印サービス(本名、強制)とかにしたら、
      ファンはうれしい、テンバイヤーは悲しいってならないかな?

      • by Anonymous Coward

        過去、シャア・アズナブル専用とされた商品がどれだけ転売されたかと。

    • by Anonymous Coward

      転売価格が定価割るまで受注続けると宣言したら転売屋への牽制にならないかな。チケット販売みたいに法規制で取り締まれるようにするのが一番だろうけど。

  • by Anonymous Coward on 2020年07月22日 20時47分 (#3857223)

    今年はガンダム40周年

    ダブルオーセブンティエイト、つまり0078 年が 1978 年だったと記憶してるんだが。
    と、すると、40 周年は 2018 年だったんではないか、と。

    • by Bill Hates (2038) on 2020年07月22日 21時23分 (#3857249) 日記

      ガンプラ40周年の誤りのようです。

      1980年に誕生した「1/144ガンダム」 [bandai-hobby.net]

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2020年07月23日 3時54分 (#3857406)

      一年戦争はダブルオーセブンティナイン、宇宙世紀0079年ですよ。
      最終2話のア・バオア・クー戦が大晦日で、最終回の最後のナレーションで言われる
      ジオン(映画とTVでジオン公国かジオン共和国か異なる)と連邦の休戦協定が0080年元日に結ばれるんです。
      (うーむ、ガンダムの世界の話で大晦日だの元日だの書くと妙な違和感が)
      で、現実のガンダム第一話の放送日が1979年4月7日で、そこからUC0079が取られたわけですね。

      親コメント
    • もしその場合だと40周年は2019年になります。
      「1周年=丸々1年たちました」なので。

      TVアニメは1979年に初回放送だったらしいので、それを基準に40周年なのではないでしょうか?

      --

      ψアレゲな事を真面目にやることこそアレゲだと思う。
  • by Anonymous Coward on 2020年07月23日 2時27分 (#3857389)

    商品ページには、「イットリア(Yo)」などと書いてあるが、
    希土類単酸化物なら「YO」とOを大文字表示しなければならない。
    優良誤認表示ですかね?

typodupeerror

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

読み込み中...