パスワードを忘れた? アカウント作成
14251711 story
医療

嘱託殺人事件が起きたことで「死ぬ権利」の議論が再燃 266

ストーリー by nagazou
難しい 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者本人から頼まれ、医師二人が薬物を投与して殺害した嘱託殺人事件が起きたことで「死ぬ権利」の議論が再燃しているようだ(産経新聞NHKTBSNEWS中日新聞)。

今回の事件は医師二人が患者と事件の約1年前からTwitter上で交流、薬物投与により殺害したとされる。この事件は、Twitter経由で行われたこともあって、Twitterで「死ぬ権利」で検索すると多くの意見が見られる。

時事通信の記事によれば、自らの意思で死ぬことを求める尊厳死への対応は国によってまちまちだという。欧州ではオランダとベルギー、ルクセンブルクが安楽死を合法化している。フランスでは延命を拒否する権利があるほか、自殺の幇助を容認しているスイスのような国も存在しているとされる(SWI swissinfo.ch)。

ポルトガルやスペインでは合法化への議論が始まったようだが、宗教的な理由でカトリック教会などからの反発があるようだ。ポルトガルでは医師団が治療方法は学んだが、死に導く準備はしていないといった声や、殺すな、治せというそれができたら苦労しない声もある模様。

  • by Anonymous Coward on 2020年07月28日 18時55分 (#3860399)

    何回も言われてると思うけど
    現状で死ぬ権利認めたところで自殺圧力高まるだけで何も有益なことはないよ
    自殺したい人も、自殺したくなった原因が大抵の場合はあるわけで、
    それを可能な限り取り除く努力かラ始めないと
    月300時間労働の人に「自殺の権利あるから死んだら?」
    都下言うんじゃなくて、勤め先から避難させるのが先だよね
    今はそれが出来てない
    だから議論には早いと思う

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      つまりコールドスリープ技術の実用化が待たれる、と

    • by Anonymous Coward

      ではALSの治療法は任せました。

  • by Anonymous Coward on 2020年07月28日 19時28分 (#3860434)

    「すべての生命は尊い」と教え込まれたことをなぜ尊いのか言わずに、一部の界隈では政治問題のように扱うのは、大変幼稚な行動に思います。
    一部の人達は「私は尊厳が服を来て歩いてる」と公言している人が、過去にテレビ画面で「豚野郎は氏ね!」と大声で怒鳴っています。

    人命の価値に差が有った時代が、人類史には確かにありましたが、なぜ「人命の価値に差が無い」のかを誰もが理解できる言葉で繰り返して
    言わないと正しい事は伝わりませんし、時代に沿いません。もちろん「人命の価値に差がある」という主張ではありません

    あなたがサイコパスと煽る人とあなたは同じ命です、きっかけなんて何でも良い、多くの人が正しいと推定されて後世の世で間違いとされない
    正解が出てくれば、いくらでも議論すべきでしょう。もちろん「議論=法律の制定」ではありません

    #人間が議論することを辞めたら、後は独裁的な勢力の数比べや、武力比べしか残りません。

    ここに返信
    • 人命の価値には差があります。
      私にとって、自分自身や親兄弟や友達の命と、赤の他人の命は決して同じ価値ではありません。
      「人命の価値は平等」というのは、キリスト教の「父なる上の前では信徒は皆子羊」的な教えを元にしたお約束でありファンタジーです。
      近代西欧社会では欠くべからざるファンタジーではありますが。

  • by Anonymous Coward on 2020年07月28日 21時27分 (#3860511)

    嘱託殺人を依頼した依頼者に罪は無いんだろうか
    いわば主犯なわけだ

    #何とは言わないけど売らなきゃ買えないのと同じじゃないのか

    ここに返信
    • by goldenslamber (49013) on 2020年07月28日 22時18分 (#3860544)
      法哲学的には「自殺とは自分自身に対する殺人」との考えもあるようなので、これに則ると嘱託殺人の主犯は本人かもしれませんね。 ただ、殺人罪が成立した時点で本人を罰することはできないので、実務上の問題はなさげ。
  • by goldenslamber (49013) on 2020年07月28日 22時41分 (#3860562)
    日本も含む近代社会の原則(のひとつ)って、「自分のことは自分で決める」って事だよね。 素朴な感想として、死に方だけは自分で決められないのは違和感がある。 もちろん、うつ病など一時的に自由意志が阻害されている場合は配慮が必要だろうけど。
    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2020年07月28日 18時41分 (#3860385)

    自死もできないほど弱ってしまった人は、どうすれば自分の意志を尊重してもらえるのか

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2020年07月28日 18時45分 (#3860387)

    逮捕された医師の一人は、医師免許取得時の資格詐称の可能性が指摘されてますね。国内の医学部を中退した後、海外の医学部を出たとしていたけど、その事実が確認されなかったとか。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2020年07月28日 18時53分 (#3860397)

    将来、病気や事故でまともに意思疎通できないような状態になった時はいっその事、安楽死させてほしいのですが、この場合は将来の合法化を見込んで遺言状のようなものを用意したほうがいいのでしょうか?仮に安楽死が合法化されるとしても、本人の意思の確認は絶対条件でしょうし、病気や事故が起こって意思疎通ができなくなってからでは遅いので。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      ・延命治療はしないでほしい(現行法で問題なし)
      ・合法になっていたなら安楽死させてほしい
      って書いたのを遺言状が認められるのと同じ条件で用意しとけばいいんじゃない?
      あともちろん、その存在と内容を身近な人に伝えておくほうが良いですね。

      • by Anonymous Coward

        それだと「やっぱり死ぬの止めよう」ってなった時に困るんじゃね?
        一度死ぬと決めたら絶対翻意しないって人ばかりじゃないだろうし。

        殺す側が罪にならないにはどうすればよいかって事にしか目が行ってないように見える。

    • by Anonymous Coward

      遺言状じゃないけど重病で入院する時は延命治療の可否を選べたと思う。
      脳死状態での臓器移植に賛成する意思表示をしておけば脳死に至った段階で延命措置は終了するよ。

typodupeerror

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

読み込み中...