パスワードを忘れた? アカウント作成
14255727 story
火星

NASA、火星探査車Perseveranceの打上げに成功 11

ストーリー by headless
成功 部門より
NASAとUnited Launch Alliance(ULA)は7月30日、火星探査機「Perseverance」を載せて火星へ向かう宇宙機「Mars 2020」の打ち上げミッションをケープカナベラル空軍基地LC41で実施した(NASAのブログ記事[1][2][3]JPL Newsの記事動画)。

ULAの Atlas V 541ロケットによる打上げが行われたのは日本時間20時50分。約1時間後にMars 2020はAtlas Vロケットから分離し、さらに約27分後にはMars 2020が送信したテレメトリーデータを地上で受信することに成功し、確実に火星へ向かっていることが確認された。その後、宇宙機の一部で予期したよりも若干温度が低いことが判明し、必要最低限のシステムだけ残して電源を切るセーフモードに入っていたが、現在はセーフモードも解除されてチームは惑星間の旅に集中できるようになったとのこと。

Mars 2020は今後7か月間かけて火星へ向かい、2021年2月18日にジェゼロクレーターに着陸する予定だ。Mars 2020ミッションは火星探査初の往復ミッションであり、Perseveranceはジェゼロクレーターで探査を行いつつ岩石や塵のサンプルを収集し、最終的に地球へ持ち帰ることを目指す。

Perseveranceには火星で初の動力飛行デモを計画しているヘリコプター「Ingenuity」が搭載されているほか、さまざまな機材が搭載されている。また、5種類の宇宙服素材とヘルメットに使用するポリカーボネート素材のサンプルも送られ、スペクトロメーター「SHERLOC (Scanning Habitable Environments with Raman & Luminescence for Organics & Chemicals)」により宇宙線の影響を調査するとのこと。

  • by Anonymous Coward on 2020年08月01日 15時35分 (#3862963)

    悪くはないけどあまりカッコ良くもないというか
    日本だと「頑丈」とか「長寿」みたいなネーミングしちゃったみたいな
    ネイティブの人から見た語感はこっちからしたら違うんだろうけど
    このへんの感覚もクオリア? 違)

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2020年08月01日 17時19分 (#3863002)

      名前を人気投票で選んだこと
      投票の結果「Perseverance」に決定したこと

      どちらもスラドでも今年話題になっていますが、もう忘れちゃってんですかね?(記事は関連リンク先にある)

      来年にはPerseveranceが火星を探査する話題が出てくる筈です
      その時にまた「忍耐」かぁとか言わないようにしっかりと覚えておいてくださいね

      • by Anonymous Coward

        そんなのいつ誰が気がついて言おうが勝手だがな
        毎回話題に上るたび言われるたびにネチネチ指摘してくれ給え

      • by Anonymous Coward

        でも、今年スラドで話題になった記事にある「困難や失敗にも関わらず続けられる努力」って要するに「忍耐」じゃ?

    • by Anonymous Coward

      音節が多い=なんか難しくてかっこいい! と感じてるフシがある。
      とはいえ、ミサイルに「愛国者」とつけたりするセンスとは一生分かり合えない気がする。

      • by Anonymous Coward

        開発者が冗談でつけたコードネームがそのままほんちゃんまで行っちゃった、
        のかも。
        「平和維持者」だってなんだかなぁ。だし。
        # 日本でつけるなら「いざ鎌倉」

      • by Anonymous Coward

        「S」があるとかっこよく聞こえるとどこかで見たな。
        日本人だと「V」とか好きそうだけどその辺りの感覚も違うんだろう。

  • by Anonymous Coward on 2020年08月02日 8時46分 (#3863204)

    移動能力の上がった両国の機体が現地で偶然出くわして...

    ここに返信
typodupeerror

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

読み込み中...