パスワードを忘れた? アカウント作成
14299187 story
音楽

639年かけて演奏される曲の和音が7年ぶりに変わる。演奏現場に見物客 30

ストーリー by nagazou
気の長いことです 部門より
前衛音楽家のジョン・ケージ氏が1985年に作曲した「As Slow As Possible(ASLSP:できるだけ遅く)」は、演奏に639年が必要な曲だそうだ(BBC動画)。

この曲は現在、ドイツ中部ハルバーシュタットにある教会で演奏されているという。その和音が5日に7年ぶりに変わったことで話題になった模様。和音が変更されるのを聞こうと多くの人が詰めかけたようだ。ちなみに前回変わったのは、2013年10月5日で、次回は2022年2月5日だとのこと。演奏は2001年9月5日からスタートし2640年に終わる予定らしい。

ちなみに曲自体には演奏時間の指定はなく無限に演奏することも可能だそう。ハルバーシュタット教会での演奏時間の639年は、パイプオルガンの寿命から逆算されたものであるとのこと。

  • by esuta (40045) on 2020年09月10日 22時56分 (#3886727)

    > 山頂の奏楽堂で演奏に一万年もかかる交響楽を演奏し続ける楽団は、演奏開始三百年のいま、最大の難所「八百人楽章」を迎えていた

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      中井紀夫 [wikipedia.org]さんの短編だよね。
      最近は創作活動はやってないのかな。

  • by Anonymous Coward on 2020年09月10日 13時39分 (#3886286)

    > 演奏は2001年9月5日に開始された。2003年2月5日までは持続的な休符のため無音であり、
    > 最初の和音はその後2005年7月5日まで演奏された。

    これって2001年9月5日に演奏を始めたって言えるの?
    無音の1年5カ月をカウントするのって、どうなんだろう。

    #参考リンク「ピッチドロップ実験 [wikipedia.org]」

    ここに返信
    • by nekopon (1483) on 2020年09月10日 13時51分 (#3886300) 日記
      作曲者はジョン・ケージだもの (4'33"のあの人)。
      • by Anonymous Coward

        ま~たおまえかよ。ネタにはしってばかりとは情けない。

    • by Anonymous Coward

      カウントしないと4分33秒 [wikipedia.org]を演奏できない

      • by Anonymous Coward

        そこの説明に
        >「無」を聴くより、演奏会場内外のさまざまな雑音、鳥の声、木々の揺れる音、会場のざわめきなどを聴くものとされている。
        とあるから単なる休止時間じゃないんじゃない?

        #きっと4分33秒を誰か書くと思ってた

        • by Anonymous Coward
          2001年9月5日から2003年2月5日までも休止時間ではない。
          同様に演奏会場内外の様々な雑音が聴こえたと思う。
          パイプオルガンのふいごの音とか
        • by Anonymous Coward

          実際に演奏会で「4分33秒」を聞いたけど、

          「3楽章構成」という作曲者の意図を演奏家がどう表現するか、という表現芸術だった。
          その演奏家は楽章間の「休み」を、ピアノの鍵盤蓋を閉じてリラックス姿勢をすることで示していた

          演奏(?)が終わった後に、司会がいうことには
          「皆さんがどう騒ぎ出すか、興味津々でした」なので、
          ライブパフォーマンスとして、聴衆の「偶然性の行動」も芸術として考えに入れられてるんかなー、と

          長ったらしい音楽で和音が変わるときのみに聴衆が集まる、というのも面白いね。

          地方都市の教会の鐘のうち一つを鋳造しなおしたんで音が変わるかもと
          町のみんなが集まって初めての試し鳴らしを聞きに来た観
          「あしたから朝の教会の鐘はこんな感じかー」って言ってみんな散る

          状況を夢想すると楽しいのが音楽

          • by Anonymous Coward

            あのお方のことですから、きっと短い方もやってるに違いない、と思ったらやっぱりあったのね。0分00秒 [wikipedia.org]
            しかし読んでみると、演奏時間は不定で、なにもせず0秒で終わっても可というものらしく、4分33秒の第二番なんだとか…???

    • by Anonymous Coward

      楽譜の最初から始めなきゃ、その曲をちゃんと演奏したとは言えないのでは
      音がないから演奏とはいえないっていう理屈は、あまりにも即物的というか
      「たった5分しか作業してないのにそんなに料金取るのか!」みたいな意見に通じるものを感じる

  • by Anonymous Coward on 2020年09月10日 14時16分 (#3886326)

    パイプオルガンの寿命が639年とあるけど、そもそも建物がそんなに持つのだろうか?
    長い休符があってその間に楽器を移設して建物のメンテナンスや建て替えなどをするのかな?
    それから、パイプオルガンといっても小型で専用の特殊なもののようだけど、これだってメンテナンス無しでそんなに使い続けられるとは思えない。何百年も持った送風機なんて人類史上ないわけだし・・・楽器の点検・修理のタイミングなんかも楽譜に記載されているのだろうか。

    ここに返信
    • by Mistbow (12027) on 2020年09月11日 0時34分 (#3886762)
       案外、トンカチや電動のこぎりといった楽器が乱入してセッションが始まるのかもしれない。
      • by Anonymous Coward

        >トンカチ
        ちょっとしたミスでマーラーの6番 [wikipedia.org]で使うようなハンマー持ってきてしまい、
        一撃くらわして教会が崩壊するドリフ的オチを期待。

    • by Anonymous Coward

      >そもそも建物がそんなに持つのだろうか?
      ハルバーシュタット教会がどのような建物か(どのくらいの寿命が見込まれる建物か)は知らないけど、
      世界最古の教会建築だとアルメニアの エチミアジン [wikipedia.org]大聖堂が西暦301~303年の建築だそうだから、なんとかなるんじゃない?
      建築物の補修・保存の技術だってさらに進んでいくんだろうし。

      >楽器の点検・修理のタイミング
      楽譜自体が数百年の演奏専用の書かれたものではない(ピアノ演奏だと20~70分らしい)ので
      そのへんは楽譜にはないでしょう。
      ただ長い

      • by Anonymous Coward

        建造当時はキリスト教ではなかった教会建築なら、ローマのパンテオン(西暦125年)の方がさらに古くなります。
        あれはハンパないです。堅牢さといい、幾何学的で前衛的な香りすらする内部デザインといい、とても1900年前の建物とは思えない。

    • by Anonymous Coward

      多分あと100年もしないうちに「こんな馬鹿がいた」という
      程度の評価になって、中止になるんじゃないかな。

    • by Anonymous Coward

      Wikipediaにある写真を見る限り送風機(ふいご)は3連装*2系統になっているようなので一定の冗長性はあるのではないか

  • by Anonymous Coward on 2020年09月10日 14時34分 (#3886351)

    長い曲はいくらでも理論上は作れるんだから、もっと景気よくビジービーバー関数への再帰的代入をクヌースの矢印表記とやらで適当に作った巨大数回繰り返すとかそれくらい景気よく長い年月にしても良いんじゃないかな?
    639年なんて現実的な年数で物足りない。
    あと、何かしらのアルゴリズムを使うか、頭の方はテンポを上げるかして、最初の数百年程度は客が退屈しないようにして欲しいな。
    ずっと同じ音ってのはちょっと芸に欠けると思う。

    一方で「楽譜を使って従来の音楽の延長として現実的なタイムスケールを想像しうる形で表現する」みたいな意味では余計なことはしない方が良いけど。
    たぶんそういう芸術なんだろうな。
    639年なら完結しそうだと思うし、一音の長さで639年って年月を想像しやすい。
    地球の歴史を一年とすれば人間が産まれたのは年越し23分前みたいな感じで。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      無駄に長くするなら、ついでに、あらゆる有限長の主旋律はこの演奏の一部でしかない、と主張できる仕組みにするとかどうかな。
      あらゆるパターンを短い方から順に繋いで演奏し続ける。

      そして、あらゆる曲の著作権は自分にある、とか主張しようとするんだけど、
      意味のあるメロディに差し掛かるまでに関係者が死滅して数十年以上が過ぎてて不発に終わる。

  • by Anonymous Coward on 2020年09月11日 12時56分 (#3887067)

    全体を認知できないモノに対して、それを曲と捉えるのは妥当なのかな?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      仮に定義があったとしても、曲だけにいくらでも曲解できるのです。

      それよりも縦横まっすぐな線だけでできてる曲という字に曲がるという意味をつけた
      昔の人に俺は真意を問いたい。

typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...