パスワードを忘れた? アカウント作成
14978958 story
アメリカ合衆国

米大統領選挙、決着は郵便投票を巡る法廷闘争に 148

ストーリー by nagazou
混沌 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

現地時間3日に行われたアメリカ大統領選挙の開票が進むが、事前の予想に反して接戦となった結果、兼ねてより危惧されていた通り、決着は郵便投票の有効性を巡る法廷闘争を経る形になりそうな状況である(ロイター, 日経新聞)。

3日夜の開票では、事前の世論調査によるバイデン候補有利との分析に反して、現職のトランプ大統領が過半数の州を獲得するペースで開票が進んでいた。しかし勝敗の行方を左右するウィスコンシン州ミシガン州等において、当初のトランプ氏優勢から急激にバイデン氏の票が増加、バイデン候補が逆転する状況となっている。

この票の急変は、バイデン氏が支持者にコロナ対策として郵便投票を呼び掛けた一方、トランプ氏は郵便投票は不正に繋がるとして直接投票を呼び掛けたことから、郵送の票が偏ったためとみられる(NHKの選挙前の解説)。これに対して、トランプ陣営は郵便投票の信憑性を疑問視して、これを含めるべきではないとの法廷闘争に臨む考えを明らかにしている。

たしかに米選挙の郵便投票ではちょくちょく問題が起きてはいるようなのだが、果たしてどういった判断となるのだろうか?技術的に解決できなかったのだろうか?しかしどんな結果が出るにしろ支持者は納得しないと思うので、個人的には望ましくない展開である。

情報元へのリンク

typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...