パスワードを忘れた? アカウント作成
15160181 story
医療

1回接種型のJ&J製ワクチンの治験結果が発表される。有効性は全体で66% 30

ストーリー by nagazou
アストラゼネカに近い感じか 部門より
米製薬会社ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は29日、同社開発部門ヤンセンファーマが開発中の新型コロナウイルス用(COVID19)ワクチンの臨床試験結果を発表した(Janssen Pharmaceutical K.KJohnson & Johnson)。

同社製ワクチンは2回の接種が必要なファイザーやモデルナ製ワクチンと異なり、1回の接種で効果があることから試験結果が注目されていた。またマイナス20℃で2年間安定保存可能。3か月間は2~8℃の環境で安定保存できるとされている。公表された数値は、中等度から重症化の予防に対して全体で66%、重症化の予防には85%の有効性があると報じられている。ファイザー製が有効性が95%、モデルナ製は94.1%だったのと比べると低め。

なお有効性は治験を実施した地域別で異なっている。米国では72%、中南米が66%、南アフリカでは57%だった。なお、同社の治験はイギリスや南アフリカで変異種が増えている段階で行われており、単純に先行する企業のワクチンと比較しにくい面もあるようだ。同社は2021年2月にはFDAに緊急使用承認を求めていくという(TechCrunch)。この治験結果に関しては、市場ではやや否定的な見方をされている模様。発表後の株価は若干低めに推移している(ロイターYahoo!株価)。
  • by Anonymous Coward on 2021年02月03日 8時00分 (#3971169)

    > ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は
    > 同社開発部門ヤンセンファーマが

    つまりJohnson & Johnson & Janssen か

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2021年02月03日 14時04分 (#3971494)

      Janssen は Johnson の北欧語型だったと思うから、Johnson を現地語で表記しただけじゃないの?

      と思ったら、J&J とは独立に発生して、後から子会社化された会社なんだな。なんという偶然。

    • by Anonymous Coward

      長いからJ3 (J cube)にしちまえ。

  • by Anonymous Coward on 2021年02月03日 10時16分 (#3971301)

    体質や栄養状態・衛生環境によって有効性が変動するなら
    日本の場合はアメリカと同じくらいになるのでは?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      「アメリカ人」にカテゴライズされる人々の多様さは相当な物で、体質(或いは人種)、栄養状態、衛生環境も、
      一概にこうとは言えまい。

  • by Anonymous Coward on 2021年02月03日 8時56分 (#3971214)

    2回打ったらファイザーやモデルナ並みになったりしないの?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2021年02月03日 12時38分 (#3971407)

      実のところ、「1回で済む」ではなく、「1回しかできない」物なんだよ。

      J&Jのワクチンは、ウイルスベクターというタイプのワクチン。
      普通、ウイルスは感染した細胞に自分の複製を作るRNAなりDNAなりを送り込み、細胞をウイルス生産マシーンに変えてしまうんだが、
      このウイルスを遺伝子操作して、感染細胞にウイルスを生産させるかわりに、目的の病原体の一部部品(抗原)を生産させる
      ようにする。そうすると感染した細胞は抗原生産工場となり、せっせと抗原を作って、そしてそれに対する免疫反応が始まる
      (抗体がつくられる)という仕組み。

      で、問題はウイルスを抗原を作る遺伝子の運び屋(ベクター)につかうので、このウイルスそのものに対する免疫反応も起きちゃう
      ってこと。1回目の接種でベクターとなるウイルスの抗体もできてしまうので、2回目打ったらあっさり返り討ちにあってしまうw
      だから、2回接種しても、効果の上乗せは大して期待できない。

      実はアストラゼネカのワクチンもこのタイプなんだけど、無理やり2回打つことにしてるwww
      1回でも70%の効果 [nikkei.com]。なんだ、1回でもJ&Jよりいい結果じゃんw

      そんでね、面白いのがロシアのワクチン、Sputnik V。これもウイルスベクタータイプなんだけど、
      なんと1回目と2回目で違う種類のウイルスをベクターに使っている [ten-navi.com]そうだ。
      それでウイルスベクタータイプの欠点を回避してるんだな。なんだよロシア、プーチンが
      見え張りたいだけのただのハリボテかとおもったら、イギリスよりよっぽどよく考えてまじめに作ってるじゃんwww

      アストラゼネカも、その辺実はわかっていて、だから
      2回目を(ベクターとなるウイルスが違う)ロシアのワクチンにしたらどやろ? [tv-asahi.co.jp]って治験を始めてる。

    • by Anonymous Coward on 2021年02月03日 11時25分 (#3971349)

      ならないでしょう。

      ご存じかと思いますが、新型コロナは非常にたくさんの型に分かれています。
      効果が95%と66%の差は、どれくらいの型のウィルスに効くかの差でしょうから。

    • by Anonymous Coward

      J&JのCOVID-19ワクチンはアデノウイルスを使っているため、こっちの抗体ができてしまうので2回接種には向きません。

    • by Anonymous Coward

      それよりも、複数種のワクチンを接種したらもっと効果上がったりしないんだろうか。
      仮にそうだったとしても、治験をどうするのかわからんが。

    • by Anonymous Coward

      JnJとアストラゼネカで2回打てばファイザーやモデルナ並みになる可能性はある

      ロシアのスプートニクVは、1回目と2回目で別のベクターを使うので、
      ウイルスベクター型なのに高い効果を発揮する

      ただし、次々あらわれる変異株に対してワクチンの追加接種するとなると、
      ウイルスベクター型は新たなベクターを探して使用しないといけないので、
      変異種が多いと限界がありそう

  • by Anonymous Coward on 2021年02月03日 13時18分 (#3971447)

    ファイザーのは管理が面倒過ぎて日本の田舎では対応が難し過ぎる
    無理してファイザーの使うのはやめて、もっと管理の楽なものの方が良いかと
    元々コロナ対策を徹底してて感染リスクの低い地域の人ならなおさら

    都心部で人の接触を避けられない職業の人で、少しでも早めにワクチン摂取が必要な人は別だが
    普段から医師不足で苦労してる田舎では別の考え方をするべきかと

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      でもなぁ。みなワクチンを打って(しばらくして抗体が出来たら)、
      「さあ、思いっきり外で遊んで宴会してあちこち旅行へ行って羽を伸ばすぞ~」ってのが
      許されるようになるのを期待しているのに、有効性66%という「効くも八卦効かぬも八卦」みたいな
      集団免疫効果も期待できないかもしれない [nichigopress.jp]、
      「やっぱりこれまで通り慎ましい生活を続けてもらわねばなりません」というものだと、
      それこそ「副作用のリスクを冒してまで打つ価値があるものかなぁ」って思う人も結構出てくるんでない?

    • by Anonymous Coward

      モデルナならmRNAワクチンなのに、普通の冷凍庫で保存できる

      • by Anonymous Coward

        mRNAが非常に壊れやすいのでそれを保護するために脂質カプセルに入れるんだけど、
        その脂質カプセルが違うんでしょうな

typodupeerror

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

読み込み中...