パスワードを忘れた? アカウント作成
15348699 story
教育

文部科学省、卓越した能力を持つ子供「ギフテッド」への教育支援を議論へ 188

ストーリー by nagazou
出る杭は打たれるからなあ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

朝日新聞の記事によると、文部科学省は、いわゆる 「ギフテッド」と呼ばれる卓越した能力を持つ子供の教育支援を検討するそうだ。

ギフテッドは記憶力、言語能力、数学力等に優れているが、学校での学習に問題があり不登校になる場合があり、米国では飛び級等の教育プログラム上やこだわりや注意力偏在等の障害への対応等で支援されているそうだ。国内ではそうした支援がなく、不登校になったりして十分な教育がない場合があるようだ。こうした現状に対し、文部科学省は有識者会議を設け、議論を行うらしい。

皆様の周囲にギフテッドやそうだと思われる子供はいただろうか。能力の発揮だけでなく、人として生きていくためにギフテッドはどのような支援が必要だと思うだろうか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 親子 (スコア:3, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2021年07月15日 11時35分 (#4071330)

    子供が2Eタイプの(ほぼ)ギフテッドで、自分も未検査だけど多分同じ。
    子供も苦労してますが、自分も高校に入るまでは精神年齢が合わず大変でした。

    成人されている方は、自分が今小学校に入学したらどうなるか想像してください。
    自分より頭の悪い教師の思いつきや癇癪に付き合ってあげないと内申点落とされるし、
    周りのガキは些細なことで怒るわ泣くわ、そんな連中に周りも同調する中、
    一人だけ全く同調できず冷めた視線で見ていると仲間はずれにされるわ。
    中学に入ると素行の粗さでマウントを取り合うゴリラと同じ檻の中。
    (そこで同調するのが社会性だろという声もあるでしょうが、同調する価値がある連中とは思えませんでした)

    あの時、隔離してもらえたならどんなに良かったことか・・・

    • by Anonymous Coward on 2021年07月15日 13時40分 (#4071466)

      自分もIQ検査するたびに親が呼び出されるようなギフテッドですが、状況を楽しんでましたけどね。
      まあ、ADHDなのでどんな環境でもハッピーという、性格によるものかもしれませんが。
      私に似た娘も学校が大好きですよ。
      同じ2Eでも、ASD入ってる人は大変だね。

      親コメント
  • by t_mrc-ct (5292) on 2021年07月15日 7時52分 (#4071169) 日記
    将来性とか関係なく、学校での学習に支障がある子は誰でも支援してやれよ。 つぼみの大小に関わらず咲くまで支援するのが公教育だと思うんですが。
    • いや多分、すでに障害の部分は支援してるんだと思うよ。
      でも、天才的な部分を伸ばす支援をしてこなかったので、これからはこっちも支援できるように体制を整えましょうという話ではないかなと。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        FSSのマイトみたいなもんだなー、と

        試験を受けたら途中をスッ飛ばして完璧な解答を出す
        納得いかねえおめぇ不正やってんだろと疑われる
        でも本人も分かるんだから分かるとしか言いようがない
        理解されずに溝が深まっていく
        現実には、そこまでとは思いませんが…

        NPO法人としての日本ギフテッド協会 [jagifted.org]はありますが、行政からのテコ入れも必要でしょうね。

    • by Anonymous Coward

      今までは障害者だけ支援の対象だったのを、対象を拡大するって話じゃないの?

      • by Anonymous Coward

        ギフテッドて障害者のうち才能がある人のことでは?
        有り体に言うと頭のいい発達障害とか学習障害。

        • by Anonymous Coward on 2021年07月15日 8時39分 (#4071185)

          てっきり障害者って表現をオブラートに包むための誤魔化しだと思ってた。ただの障害者とギフテッドな障害者に分類されたらそれはそれで残酷だね。

          親コメント
          • 標準レベルとそこに満たないレベルにしか対応してないから、
            標準を超えるレベルにも対応しましょうって話で、
            それを障害と呼ぶかどうかは別問題というか。

            芸術方面に秀でた人なら、算数ができてもできなくてもギフテッドだと思うんですがね…

            親コメント
        • by Anonymous Coward on 2021年07月15日 13時21分 (#4071443)

          ああ一応ギフテッド=障害者てのは

          ギフテッドは記憶力、言語能力、数学力等に優れているが、学校での学習に問題があり不登校になる場合があり、米国では飛び級等の教育プログラム上やこだわりや注意力偏在等の障害への対応等で支援されているそうだ。国内ではそうした支援がなく、不登校になったりして十分な教育がない場合があるようだ。こうした現状に対し、文部科学省は有識者会議を設け、議論を行うらしい。

          という記事内の記載に従ったgiftedのていぎですよ。学習障害とか注意欠陥多動性障害もち以外の単に頭がいい人はここで上がってるような問題を起こさないので。ギフテッドと天才、ジーニアスの境界は曖昧というかほぼない。あえていうと障害持ちにギフテッドが使われて健常者に天才が使われる傾向がありそうってことくらい。あるいは何かを成し遂げるまではギフテッド成し遂げてからはジーニアス?
          幸福最大化と最小不幸の改善の話とかもあるし。まあそもそもみんな違うのだから画一的な教育は非現実的だと思うけど。
          当然だが絵を書くのが美味かったり詩を作るのがうまかったりするギフテッドもいます。
          もちろん障害がありなんの取り柄もない人もいるがそいつらをカーズドとかはたぶん呼ばない。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          障害がなくても(障害というほど日常に支障がなくても) ギフテッドですよ。ベン図で描いてみて。
          単に天才とか天災とか変わり者とか言っても良いですが。

        • by Anonymous Coward

          https://ejje.weblio.jp/content/gifted [weblio.jp]
          giftedとは
            天賦の才のある,有能な,(…に)才能があって,有能で,恵まれて

          ギフテッド=障害者という訳ではない。

        • by Anonymous Coward

          才能に対する嫉妬を感じるな。

    • by Anonymous Coward

      綺麗事じゃ社会は回らねえんだよ

  • by Anonymous Coward on 2021年07月15日 11時15分 (#4071301)

    息子の小学校の同級生で、とてもピアノ演奏が素晴らしい男の子がいた。ピアノを習っている子は男女問わず多い土地柄で、小学校の低学年でもクラス合唱の伴奏は子供が弾くのが普通。みんな子供なりに上手なんだけど、その子は一人だけ音が弾んでいたというか、感情が乗っているというか、とにかく小学生のレベルではなかった。
    3年生ぐらいからその子の伴奏を楽しみに毎年合唱会に足を運んでいたけど、6年生の時にその子が出てこなかった。妻にどうしたのか聞いたら、ADHDという診断をされて障害児学級のある学校に転校させられたとのこと。また、転校を強いられたことをピアノのせいだと本人が思い込んでしまい、ピアノを止めてしまったということで、もったいないことだと嘆息しました。こうして才能はつぶされるのだな、と。

  • by northern (38088) on 2021年07月15日 19時12分 (#4071734)

    身近じゃないが藤井王位棋聖かな
    会見とかでも冷静な受け答えができてて年齢不相応としか思えん

  • by Anonymous Coward on 2021年07月15日 8時36分 (#4071182)

    教育できんのよw

    • by Anonymous Coward

      教育自体はできるよ。学校での全体教育に向いていないだけ。
      出来ないレベルというならそれこそ大学で研究でもさせとけばいい。

      • by Anonymous Coward

        学問だけできるコミュ障が完成というわけですね。

        • by Anonymous Coward on 2021年07月15日 12時55分 (#4071414)

          BBCのドキュメンタリーだったと思うが
          インドで見出された数学の天才少年に対し
          イギリスに呼んで調査した学者チームが出した結論は
          イギリスで英才教育を与える、ではなく
          必要な支援は与えつつ地元に戻して同年代の子供といっしょに育てる、だったな

          年齢相応の社会経験をするのが大切、ということで

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          この場合はそれでいいんだよ。
          今までは特定分野に突出した才能を持ちながらそれを無駄にして単なるコミュ障で終わってたところを、
          才能を伸ばす方向で支援できる体制を整えようか、って話なんだから。

    • by Anonymous Coward

      教育や指導が「できる人間ができない人間にノウハウを施す」っていうのはもう化石レベルの考えですよ
      丁稚や内弟子の制度が幅を利かせていた時代の概念
      まあそれがところどころ根強く残っているも事実ですが

      今は「教育者や指導者は教育・指導を受ける側のサポートを行う」という考え方が主流
      今より高いレベルに上る人に対して、足りないことを補ったり、自分の訓練に集中できるよう環境を用意するという考え
      テストだって自分で問題考えたり集めてきたりして自分で採点して…ってだけじゃ効率悪いでしょ

    • by Anonymous Coward

      その前に誰がどう判断するのかな?
      何故か政府お偉いさんの子供ばかり選ばれたりしてね。

      • by Anonymous Coward

        それじゃァただの英才教育だ。そんなもんは慶應かそれこそ成蹊へでも放り込めばよろしい。今の「お偉いさん」はむしろ教養より対人スキルやコネクションの方が重要だからね。

        むしろ自分の子供が特別だと思いたい親が、子供に試験で選抜されるギフテッドみたいな行動をする様に教育する方を危惧するよ。『「育ちがいい人」だけが知っていること』みたいな感じでさ。そんなもん付け焼刃でしかないからいずれメッキは剥がれるし、ガチギフテッドに囲まれた普通の人間なんて悲劇でしか無い。

  • by Anonymous Coward on 2021年07月15日 8時49分 (#4071188)

    今回の教育支援とは異なるかも知れませんが、

    発達障害があろうが、無かろうが、
    卓越した能力だろうが、その子なりの得意分野だろうが、
    個々に応じて、探しながら、見つけながら伸ばしてあげられるとよいですね。

    • by Anonymous Coward

      大学とかでも基礎研究がおろそかになっていると言われているように、
      探しながら見つけながらじっくり取りかかるだけの、
      時間(人より数年遅くてもいいやとか数年や速くてもオッケーとかの余裕も)と
      お金(子育て教育に使うお金、教育者を雇うお金とか)がない気がする。
      昔からそうなんだろうけど、時間も余裕もあるお金持ちがたくさんいる
      社会にならない限り解決しないかもね…

  • by Anonymous Coward on 2021年07月15日 8時51分 (#4071189)

    ギフテッド認定制度とその所管組織ができるんかな。
    文部科学省の○○庁みたいな感じで、そして菅首相の相談役デビッドアトキンソンみたいな人をアメリカから呼ぶ。

    小中学校で神童をただの人に矯正する仕事をする人々には、ギフテッドの才能を見抜いて伸ばすのは厳しそうだ。

    • by Anonymous Coward

      実際ほとんどの神童はただの人だろうし、社会の求人もただの人を求めてる
      才能を伸ばしたところで見合う仕事につけるかはギャンブル

      • by Anonymous Coward

        「ほとんどの神童はただの人」って?
        卓越した能力を持つ子供(ギフテッド)=持たない子供(ただの人)ってこと?

        よくわからない。

        • by Anonymous Coward on 2021年07月15日 12時03分 (#4071357)

          ただの早熟とか、モチベーションが噛み合って勝手に進んで勉強してるだけってのも多いという話。

          多くの人が、勉強しろしろと言われ続けて嫌々勉強させられたんでも20年もかければそれなりにものになるレベルぐらいなら、
          がきんちょがなんかで噛み合ってやる気になれば5年10年も掛からずその域には達せる。

          自分なんかが典型例で、中学を出るぐらいには、そこらの、頑張って勉強しました!
          って腕の良い新人SEよりも遙かにプログラミング能力は高かった。
          けど、そこからそっち方面は特に成長できてないので、今それなりの暮らしができてるのは、
          いわゆるコミュ力とか経験とかそういうのの分だけ、おまけで評価されてるに過ぎない。

          そこを、神童だ! 中学生でこれなら、将来はソフトウェアに革命を起こすに違いない! と期待し過ぎちゃいかん。
          ほんとに革命を起こすやつの若い頃もそんな感じなんだろうけど。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          神童と呼ばれてたけど子供の時だけ、とかそういうことでしょ
          卓越した能力を持つ子供(ギフテッド)→(子供の頃が才能の絶頂で)普通の大人、ってこと

          子供のころに才能があってもその才能が大人になるまで伸び続けるかどうかはわからないし、それを支援したところで伸びないのなら期待をかけられてる分重圧になるだけの可能性もある

        • by Anonymous Coward

          十で神童、十五で才子、二十過ぎればただの人

          という言い回しがあります。

  • by Anonymous Coward on 2021年07月15日 9時23分 (#4071204)

    飛び級が無いばかりに平々凡々な大人になる人が多い。
    人それぞれ伸びる時が違うんだから子供を画一的に教育するのはやめればいいのに。

    全然関係ないけど「ギフテッド」を「デブキッド」に空目しちまったい。。。

    • by Anonymous Coward

      それは本当に「飛び級がないから」が理由なのかはわかったもんじゃない。
      どうやって確認した?

  • by Anonymous Coward on 2021年07月15日 10時30分 (#4071274)

    自分で状況よくしていく能力無きゃダメでしょ
    結局人の助けがなきゃなにもできないだけのこと
    居ないも同じ

typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...