パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2021年9月7日の記事一覧(全12件)
15408757 story
変なモノ

青森上空に正体不明の白い球体。住民らが発見 59

ストーリー by nagazou
今年も参上 部門より
青森県八戸市で3日早朝、上空に白い球体が浮かんでいたのが目撃されたそうだ。仙台管区気象台は正体不明だとしており、気象庁の機器である可能性は低いと話しているという(産経新聞)。

昨年6月にも宮城、福島両県の上空で白い球体の目撃例があった。昨年、宮城県がまとめた報告によると、白色の気球状の物体に十字形の部品、2基のプロペラがあったとしている。今回発見されたものも白い本体に円形。拡大写真を見ると下部に紐のようなものがあるようにも見える。昨年目撃時の指摘にもあった気象観測用の「ラジオゾンデ」に類似した形状となっている。
15408748 story
交通

トラック荷台からアームを使ってショベルカー下ろす手法で事故。労基は想定外な方法だと驚く 127

ストーリー by nagazou
よく見かけるしテレビでも取り上げてたような 部門より
6月にトラックの荷台に載せたショベルカーを下ろす際、機体ごと地面に転落。乗っていた作業員が亡くなる事故があったという。この事故の原因として、降りるときにスロープ等を使わず、アームの操作のみで降りる移動手段を用いたことが原因だったと報じられている。こうした手法は裏技的なものとして業界で日常的に使われていたとされる。高松労働基準監督署は「想定外で危険な方法」と驚いたとしている(朝日新聞まとめまとめ動画)。
15408728 story
音楽

ヤマハ製66万円以上のレコードプレーヤー、低温時に回転数が上がりにくい問題と対策 146

ストーリー by nagazou
電気会社よりも室温のほうが大事だった 部門より
ヤマハミュージックジャパンは1日、同社の販売する高級アナログプレーヤー「GT-5000」が、低温環境下で回転数が規定値に達しない指摘への対策案内を出した。同製品はブラック版は66万円(税込)、ピアノブラック版は88万円相当の製品(同)(ヤマハミュージックジャパンAV Watch)。

同製品では許容動作温度は10℃から35℃に設定されているが、冬場ではこれ以下の気温になることは珍しくない。GT-5000では、本体が冷えた状態から回転を始動した場合、ターンテーブルの速度が上がらず規定の回転数に達しない、または規定の回転数に達するまで時間がかかる症状が報告されているという。

GT-5000は音質を優先するため、回転時のトルク変動を抑える目的でトルクの小さいモーターを採用した。このためセンタースピンドルの軸に塗布されたグリースが低温により粘性が高くなると、先のような回転数に影響が出る状況になるという。同社は対策として部屋を一定時間以上室温20℃程度を目安に暖めること、ターンテーブルを回転方向にゆっくりと手で回す動作補助などを行うことで対処できるとしている。
15409587 story
アニメ・マンガ

KADOKAWAの小説投稿サイト「カクヨム」を模倣したフィッシングサイト 16

ストーリー by nagazou
こんなジャンルまで 部門より
KADOKAWAのは9月3日、小説投稿サイト「カクヨム」の偽者が登場しているそうだ。ユーザーのアカウントやパスワードを盗み出すことが目的とみられている。この偽サイト上では、一部の作品がコピーされて掲載されているほか、外観上はかなりそっくりに作られている模様。ただし、作者名などを削除された形で表示されるような変更が行われているとされる(カクヨムからのお知らせ(3日)同6日リリースITmedia)。

KADOKAWA側は関連して3日と6日に分けてリリースを公開している。3日のリリースによれば、コピーサイトが使用していたとみられるIPアドレスからのアクセスを遮断したほか、ホスティング企業に対し、削除要請の手続きを行っているとしている。6日のリリースでは、マルウェアやコンピューターウィルスに感染可能性があるといったコピーサイトにアクセスした場合の問題点などをまとめている。
15409602 story
医療

免疫低下能力があるとされる「ミュー株」、コロンビアで主流に。日本国内では2例 78

ストーリー by nagazou
新種対応に追われる 部門より
国内でも2例の感染例が報告されている、COVID-19の変異ウイルス「ミュー株」。この南米コロンビアを中心に広まっている変異株で、同国で4~6月に発生した第3波の期間中、死者のうち3分の2近くがミュー株への感染者だったとみられている。ただ現時点ではコロンビアでも感染のピークは越えたそうだ。9月2日のジェトロの記事によれば、直近の1日当たりの新規感染者数は2000人程度となっている(時事ドットコムジェトロAFPBB News)。

世界保健機関(WHO)は8月31日、このミュー株を「注目すべき変異株(VOI)」に分類した。現在43カ国以上で感染が広まっている模様。WHOによる予備的なデータの段階ではあるが、ミュー株はベータ株と同様、ワクチンなどで得られた免疫の働きが下がるらしい。ただ詳細な性質の把握にはさらに研究が必要だとしている(NHK)。
15409608 story
アメリカ合衆国

ヴァージン・ギャラクティックの初宇宙旅行、実は予定空域を逸脱していた 23

ストーリー by nagazou
これでビジネスされるとまずい 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

先日、創業者リチャード・ブランソン氏の宇宙旅行成功が報じられた、ヴァージン・ギャラクティックのスペースシップ2だが、飛行中に飛行空域の逸脱を示す赤いランプが点灯し、飛行を中止すべき事態に陥っていたにも関わらず飛行を継続していた事が判明。FAAが捜査に乗り出す事態となっているようだ(CNNロイターTechCrunch)。

同社は一般乗客を乗せての宇宙旅行を間も無く予定していたが、調査結果が承認されるまで新たなフライトは禁止される。このフライトの数日後にはライバルであるBlue Originのジェフ・ベゾスの宇宙旅行が迫っており、同社は問題を認識しつつも飛行を強行した可能性も指摘されている。結果的に飛行は成功したが、これはちょっとまずい話になりそうである。

15409600 story
Twitter

尾瀬ガイド協会、不適切ツイートの対応で評価される 101

ストーリー by nagazou
トラブルシューティング 部門より

尾瀬国立公園のガイド団体で構成される「尾瀬ガイド協会」は2日、公式Twitterで不適切な発言を行ったとして、公式サイト上で謝罪を行った上で報告書も掲載した(尾瀬ガイド協会報告書ハフポスト朝日新聞)。

問題となった発言は

「都市部がほぼほぼロックダウン状態になったとしても、貴方の心と尾瀬の湿原は広大です。アフガニスタンやミャンマー・ロヒンギャに比べれば幸せです」

などで、複数のセクシュアルハラスメント、人種差別的な表現を含んだ内容だった。対応内容に関してはタレコミに譲るが、同協会の上げた報告書の経緯の説明から問題点の指摘、その対応まで適切な対応だったことから、危機管理の教科書に載せたいといった高い評価を得ているようだ。

あるAnonymous Coward 曰く、

尾瀬ガイド協会の「不適切投稿」続報。
SNS投稿者のみならず、その後に「不十分な謝罪文」を出した専務理事、およびさらにその後「問題を矮小化するような表現」のある、会長名での謝罪文を出したことに対し、投稿者、専務理事、会長の三者を処分、さらに広報組織の解散再構成、協会メンバー向け人権の勉強会を開く等の取り組みを行う等発表した。

よくある謝罪のように「何が悪いのかよくわからんけど誤解を与えたから謝っとこ」であの体質のまま終わるのかと思いきや。

15409631 story
テクノロジー

みずほリサーチ&テクノロジーズ、受託先のシステム文書消失が判明 37

ストーリー by nagazou
消失 部門より
みずほリサーチ&テクノロジーズ(MHRT)が2016年に起きたシステム障害が原因で、受託先から預かったシステム開発に関連するデータを喪失していたことが分かった。MHRTはみずほフィナンシャルグループ(FG)の子会社でシステムの運用管理を業務にしている(日経新聞)。

日経新聞の報道によれば、受託先の日本カストディ銀行から預かっていた「要件定義書」と呼ばれる文書の電子データを、5年前にMHRTで発生した障害が原因となって喪失していたという。このときも先日のみずほ銀行のシステム障害のようにバックアップも機能しなかったとしている。

この問題は、日本カストディ銀行からの指摘で発覚し、MHRT側で調査していたという。その結果、MHRTは消失を認め、データの完全復旧はできないと判断した模様。日本カストディ銀行側は金融庁に報告したとのこと。
15409589 story
テレビ

スカパー!、50チャンネルが1ボタンで選局できるリモコンをプレゼント 45

ストーリー by nagazou
長過ぎ 部門より
スカパー! が、同社の11ジャンル50チャンネルに対応したというテレビリモコンをプレゼントする企画を行っている。このリモコンは全部のチャンネルがボタンに割り振られている関係で、全長は約50cmと長大なものとなっている(スカパーAV Watch)。

AV Watchのレビューによると、そのでかさ故に実用上は難ありといった感じだが、限定品と言うこともあり、ダイレクトボタンはLEDバックライトで点灯する自照式を採用、複数のイルミネーションパターンなども備わっているなど豪華。応募はTwitterのスカパー!公式アカウント(@sptv_fan)をフォローし、「#日本一長い50chリモコン当たりまスカパー」がついた対象投稿をリツイートすることで完了する。当選した場合、公式アカウントからDMが届くそうだ。
15409621 story
プログラミング

GitHub Copilot がブロックする語句のリスト 33

ストーリー by nagazou
ブロック 部門より
headless 曰く、

GitHub Copilot が処理を拒否する語句が解析され、リストが公開された(The Register の記事)。

Copilot のテクニカルプレビューには侮辱的な語句をブロックするフィルターが含まれると GitHub は説明しているが、具体的な語句のリストは公開されていない。そのため、ニューヨーク大学の Brendan Dolan-Gavitt 氏は Visual Studio Code の Copilot 拡張機能に含まれるブロック対象語句のハッシュ値を抽出し、語句の解析を行ったという。

公開されたリストには 1,025 の語句が含まれ、うち 1,023 語句がデコードされている。ただし、侮蔑語のリストをそのまま公開してしまうことを避けるため、リストは ROT13 でエンコードされている。ROT13 はアルファベットの前半 13 文字を 13 個分後ろのアルファベットに置き換え、後半 13 文字を 13 個分前のアルファベットに置き換えるというものだ。

リストの語句は大半が侮蔑語だが、「boy(s)」「girl(s)」「female(s)」「male(s)」「man(men)」「woman (women)」「ethnic」「gender(s)」「immigrant(s)」「nationality」といった普通の単語も含まれる。また、地名としては「Gaza」「Israel」「Palestine」が含まれている。このほか、「q rsqrt」「qrsqrt」は Quake III のソースコードに含まれる逆平方根を計算する関数「Q_rsqrt」を指すとみられる。Copilot ではこの関数をそのまま再現することが確認され、話題となった。

なお、リストでは 1,170 個の侮蔑語のうち 1,168 個をデコードしたとの説明がみられるが、これは単語 2 つの組み合わせによる熟語(145個)をそれぞれ 2 個として数えたもののようだ。これにより延べ 1,170 個となるが、重複する単語も含めた数となる。

15409597 story
アップグレード

マツダ、ディーゼルエンジンの性能を向上させるソフトウエアのアップグレードを提供販売 69

ストーリー by nagazou
国内では珍しい手法のような 部門より

マツダは現行車のディーゼルエンジンの制御プログラムを更新、それによりエンジンの性能を高める有償サービスを開始した。アップデート価格は4万6200円で工事費用は別途必要であるという。このサービスは「MAZDA SPIRIT UPGRADE D1.1」という名称で、「SKYACTIV-D 1.8」を搭載する小型車「マツダ3」と「CX-30」の初期型モデルを対象にしたもの(マツダニュースリリースCarWatch日経クロステック)。

ニュースリリースによれば、

燃費性能はそのままに、最高出力が116PS/4,000rpmから130PS/4,000rpm(+14PS)に上がり、発進から加速の時には応答の良さや力強さを感じられ、またアクセルを踏み込んだ時にスムーズな加速を感じていただけます。

とのこと。

15409611 story
人工知能

米連邦地裁、AI が特許の発明者と認められる日はまだ来ていないと判断 25

ストーリー by nagazou
分かれる判断 部門より
headless 曰く、

米バージニア東部地区連邦地裁の Leonie M. Brinkema 判事は 2 日、特許の出願書類に人工知能 (AI) を発明者として記載することはできないとの判断を示した (The Register の記事裁判所文書)。

この裁判は米特許商標庁 (USPTO) が AI を発明者とした特許出願を受理しないのは不当だとして、AI システム「DABUS」を開発した Stephen L. Thaler 氏が知的財産担当商務次官代行兼特許局長の Andrew Hirshfeld 氏や USPTO などを訴えているものだ。出願自体の目的が AI を発明者として認めさせることだが、 USPTO では発明者として記載できるのは自然人に限られると判断している。Thaler 氏は USPTO の判断が「独断で気まぐれ」な措置を禁ずる行政手続法 (APA) に違反すると主張しており、原告・被告双方が略式判決を請求していた。

判事は法人を発明者と認めなかった判例など、過去の判例がすべて発明者を自然人に限っている点や、2011 年の特許法改正 (AIA: America Invents Act) で議会が発明者を自然人に限ると明確化した点、USPTO が実施した意見募集でも AI を発明者とは認められないとの意見が多数を占めていたことなどを指摘。将来的には AI が進歩して発明者と認められる日が来るかもしれないが、現在はまだその日ではなく、その日が既に来ているとしてもそれを判断するのは議会だとして、被告側の略式判決請求を認め、原告側の略式判決請求を却下した。

Thaler 氏は世界各国で DABUS を発明者とした特許の出願を行っており、米国や英国、欧州で発明者として認められない一方、南アフリカとオーストラリアでは発明者と認められている。

typodupeerror

人生unstable -- あるハッカー

読み込み中...