パスワードを忘れた? アカウント作成
15486385 story
お金

オプジーボ特許料訴訟でノーベル賞・本庶佑氏と小野薬品の間に和解成立 13

ストーリー by nagazou
和解 部門より
ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑京都大特別教授が、開発に関与したがん免疫治療薬「オプジーボ」の特許使用料をめぐり、製薬会社である小野薬品を訴えていた裁判で、12日に両者の和解が成立していたことが分かった。和解条件としては、小野薬品が本庶氏に解決金などの名目で50億円を支払い、京大に新設される「小野薬品・本庶 記念研究基金」に230億円を寄付する。その一方で引き上げを求めていた使用料の分配率は従来のままとするという内容となっている(NHK産経新聞読売新聞毎日新聞)。

あるAnonymous Coward 曰く、

紛争の経緯について双方の主張に食い違いがあって詳細は不明なのですが、和解出来て良かったです
ノーベル賞もらったほどの研究成果が事業化されて世の役にたって、その収益から研究者に正当な対価が支払われてさらに研究が進むのは良いことです

  • このお金ってもとは健康保険料だよね

    がんを「治す」よりも終末期医療とか介護とか、
    穏やかに安らかに死を迎えることにコストをかけたほうが幸福度が上がるんじゃないかとも思う。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2021年11月17日 17時23分 (#4153996)

    研究者にプラセボの札束を積めば研究が進むのではないか

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      そのプラセボ札束を使った場合、二重盲検で受け取る側も本物かどうかわからないようになっているはず。
      #それなんて精巧な贋札?
      #真に高度な贋札は本物とまったく見分けがつかない。

  • by Anonymous Coward on 2021年11月17日 19時04分 (#4154071)

    中国に釣られそう
    だから円満解決でヨカタヨカッタ

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2021年11月17日 19時54分 (#4154111)

    ほかの免疫療法もあると思ったけど、なかなか表舞台に出てきませんね
    尻すぼみで消えてしまうのだろうか

    がん細胞いじめてちょっと壊して元に戻す、ってのもニュースになってましたけど
    あれはまどろっこしいなぁ

    ここに返信
typodupeerror

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

読み込み中...