パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2021年11月26日の記事一覧(全13件)
15494706 story
お金

AliExpressで偽500円硬貨のようなものの販売が確認される 54

ストーリー by nagazou
ご注意 部門より
Aliexpressで偽造500円玉と思われるものが流通していたそうだ。すでに該当する製品は削除されているが、日本国内で買った人物などもいたようだ。販売時の価格は日本円で236円だったという。この問題を警告するツイートによれば、外観はかなり本物に類似しており、支払時に使われる一瞬であれば見逃しかねないとしている。見分けるのは重さ以外ではかなり難しいのではないかとする指摘もある模様(よたかすずめさんのツイートPoutingさんのツイートTogetter)。
15494652 story
宇宙

NASA の惑星防衛実験ミッション DART、打ち上げ成功 17

ストーリー by nagazou
実験 部門より
headless 曰く、

SpaceX は 24 日、NASA の惑星防衛実験ミッション DART (Double Asteroid Redirection Test) の打ち上げをバンデンバーグ宇宙軍基地で実施した(NASA のブログ記事 [1][2][3]動画)。

ジョンズホプキンス大学応用物理学研究所が開発した DART は小惑星に宇宙機を衝突させることで軌道がどのように変化するのかを確かめることが目的であり、地球近傍小惑星 65803 ディディモスの衛星ディモーフォスがターゲットとなる。

DART 宇宙機を載せた Falcon 9 ロケットが打ち上げられたのは日本時間 24 日 15 時 21 分。およそ 55 分後に惑星間遷移軌道へ宇宙機を投入し、打ち上げは成功した。その数分後には最初のテレメトリーデータが送信され、太陽電池アレイを展開するのに安全な向きへの転換を開始。ディディモスへ向かって旅立った。

今回の Falcon 9 ロケット第 1 段はこれまでに 2 回のミッションで使われたもので、今回も打ち上げから約 9 分後に太平洋上のドローン船「Of Course I Still Love You」へ無事着陸し、回収も成功した。

宇宙機は 2022 年 9 月にはディディモスへ到着し、およそ 6 km / s でディモーフォスへ故意に衝突する。衝突によりディモーフォスの軌道は数分短くなると予想されており、地球上から望遠鏡で変化を正確に測定する。この結果により、小惑星に与えた衝撃による軌道変化を予測するコンピューターモデルが改善できるとのことだ。

15494669 story
SNS

駅前でチョコパイを無料配布、事前に情報をつかんでいた警察や市役所職員ら数十人が警戒 67

ストーリー by nagazou
日本の話とは思えない 部門より

19日午後4時ごろに富山駅南口周辺で、若者数百人が集まるという騒ぎがあったそうだ。原因は「チョコパイ」。Twitterやインスタなどで「富山駅前でチョコパイを無料で配る」との情報が流れたことから高校生ら数百人が集まり、富山中央署員や富山市職員らが警戒に当たるまでの事態となったそうだ(富山新聞)。同駅周辺にでは2018年11月にも同様の騒ぎが起きていたとのこと。

15495951 story
医療

南アフリカ中心にCOVID-19の新変異株「B.1.1.529」が増加。英国は渡航制限処置 92

ストーリー by nagazou
新変異株 部門より
南アフリカ共和国で、COVID-19の新しい変異株「B.1.1.529」が検出されたと報じられている。南アフリカ共和国の国立伝染病研究所などが25日に発表した。免疫を回避する性質や高い感染力を持つ可能性があるとして警戒が強まっている(AFPBB NewsSankeiBizBloombergSputnik)。

この変異株では従来とは異なり、32種という「非常に多くの変異」が発生しており、免疫を回避する性質や高い感染力を持つ恐れがあるとされる。南アフリカ共和国では首都プレトリアや最大都市ヨハネスブルクのあるハウテン州などで確認例が急増。1日当たりの感染者数は、今月初めの約100人から24日には1200人を突破。南アフリカからの旅行者経由でボツワナや香港でも感染例が発見されているそうだ。

英国政府は26日から南アフリカ共和国など一部のアフリカ諸国からの航空便を制限する方針を決めた。追加制限の対象国は南アに加え、ナミビア、レソト、エスワティニ、ジンバブエ、ボツワナだとしている(Bloomberg)。
15495744 story
ゲーム

テンセント、ゲームの新規投入を中国当局から禁止。国有企業の微信の使用制限も 29

ストーリー by nagazou
何かが起きている? 部門より
BloombergやSCMPの記事によれば、中国国内でゲーム大手テンセント・ホールディングスが、中国の工業情報省から24日から新規アプリの市場投入を停止するよう命じられているという。11月1日に施行された中国の個人情報保護法の影響によるものだという。すでに投入されているアプリは継続してダウンロードできるものの、中国の工業情報省はアップデートに関しても24日から一時的に停止するよう指示しているとのこと(BloombergSouth China Morning Post)。

またWSJによると、中国政府は中国の国有企業に対し、テンセントのチャットアプリ「微信(Weixin)」にセキュリティ上の懸念があるとして、従業員による使用を制限したと報じられている。それによると少なくとも国有9社の社内で微信の使用を中止して削除すべきとの通達があったとしている。対象となった企業としては通信大手のチャイナモバイル、中国建設銀行、石油大手の中国石油天然気集団(CNPC)などがあるとのこと(WSJ)。
15495769 story
バグ

COCOAの最新版「1.4.0」でアプリが強制終了との報告。iPhoneおよびAndroid版いずれも 83

ストーリー by nagazou
やっちゃったか 部門より
nagazou 曰く、

厚生労働省は25日、COVID-19接触確認アプリ「COCOA」の最新版「1.4.0」の提供をApp StoreGoogle Playで開始した。しかしこのアップグレードにより、iPhoneおよびAndroidともにCOCOAが強制終了する報告が相次いでいるようだ。ITmediaが25日午後7時段階で編集部内で試したところ、iOS 15.1.1を導入したiPhoneでは起動できなかったとしている。厚生労働省も状況を把握はしているようで、COCOAの配布ページ上で「原因を調査の上、別途案内させていただきます」と告知している(COCOA公式ITmedia)。

15495699 story
NTT

「+メッセージ」がドコモ系回線のMVNOでも利用可能に 61

ストーリー by nagazou
拡大 部門より
ドコモは24日からメッセージサービス「+メッセージ」をドコモ回線を利用したMVNOでも利用可能になるよう拡大した。+メッセージはLINE対抗色の強いサービスで、長文のメッセージや画像、動画、スタンプなどが、携帯電話番号だけでやりとりできる。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3大キャリアが、SMSに替わるリッチなメッセージサービスとして2018年にリリースした。これまで大手キャリアでしか使えなかったが、今年8月に+メッセージをMVNOやサブブランドでも利用可能にする方針を示していた(ドコモリリースITmedia)。
15495713 story
アメリカ合衆国

米国防総省、UFOなどの調査を行うための新グループを設立すると発表 9

ストーリー by nagazou
略称をモルダーにしてくださいな 部門より
米国防総省は23日、未確認飛行物体などの調査を行う新たなグループを設立する方針を示した。これまでも米政府はUFOの疑いがある動画公開や目撃情報などの検証を進めてきたが、正体をつかめたとする公式発表はされていない。新たに設立されるグループは情報機関も含めて政府内の幅広い連携を行うことにより、飛行制限空域などにおける飛行物体を発見・識別・特定することを目指すとしている(朝日新聞)。
15495681 story
ニュース

スプレー缶をバケツに入れたお湯で温めて破裂事故。福島県の自動車整備工場 36

ストーリー by nagazou
ご注意 部門より
福島県郡山市の自動車整備工場で21日、「給湯室内の湯沸かし器が爆発した」との通報があった。天井破れ、従業員1人が軽いやけどを負ったという。塗料のでの悪くなったと思われる塗装用スプレー缶数本をバケツに入れて湯煎していたと思われる(読売新聞)。

現在の塗装用スプレーには環境対策からフロン12から圧力の高い"DME(ジメチルエーテル)が使われていることが多く、メーカーはお湯による加熱を推奨していないという。Yahoo!知恵袋によれば30秒ほどよく振ってやるのが一番とのこと。なお同様のトラブルは研究現場などでも起きている模様(Yahoo!知恵袋日本生物工学会)。
15495688 story
ゲーム

ソーサリアンの移植時の解析で分かった技術を解説するサイト 35

ストーリー by nagazou
解析 部門より
ファルコムのPC-8801mkIISR版「ソーサリアン」をX68000シリーズ向けに移植した経験を持つPI.氏。この移植はあくまで個人の範囲内で独自に行ったものだが、同氏はその過程で得られた種々の技術を解説するページを公開している。基本的にはPC-88の内部構造やプログラミングの知識を持つ方向けの内容となっているが、解析により判明したこぼれ話、秘話なども含まれており、一般のソーサリアンファンも楽しめる内容となっている(ソーサリアン~内部解析からわかったこと~ by PI.)。

tamaco 曰く、

mdxで実機からコンバートしたFM音源の曲でよくお見かけしたPI.氏の記事。X68000,FM-7,PC-8801FAなどのエミュレータなどもあります。技術的に読ませる良記事

15495707 story
お金

PayPal、残高が指定の銀行口座に誤出金するシステムトラブル 26

ストーリー by nagazou
トラブル 部門より
電子決済大手PayPalの日本法人は23日、日本国内の一部の利用者の残高が0円になるというシステムトラブルが発生したと発表した(PayPalNHKITmedia)。

ITmediaの記事によれば、Twitterでは同日から「PayPal残高が0になっていた」との声が出ていたという。報道などによれば銀行口座への引出し処理が誤って行われ、残高の全額を登録されている利用者本人の銀行口座に送金しようとしていたそうだ。同社はシステムエラーが原因で、不正アクセスによるものではいとしている。現在は大部分の日本円残高に関しては回復したものの、日本円以外の通貨を含む一部のアカウント残高に影響が残ってる模様。同社は早急な回復に努めているとしている。
15495683 story
お金

J.R.R. トールキン作品をテーマに使った暗号通貨 JRR Token、滅びの裂け目に投げ込まれていた 30

ストーリー by nagazou
侵害 部門より
headless 曰く、

世界知的所有権機関 (WIPO) が 9 月、ドメイン名「jrrtoken.com」が商標「J R R TOLKIEN」を侵害しているとして、商標を保有する J.R.R. トールキンの遺産管理団体への移転を命じていたようだ (WIPO の裁定The Verge の記事Ars Technica の記事)。

このドメイン名を使用していた暗号通貨「JRR Token」は「すべてを支配する一つのトークン (The One Token That Rules Them All)」をキャッチフレーズとし、トールキン作品のさまざまな要素をテーマに用いていた。そのため、トークンの提供が開始された直後の 8 月 7 日、トールキンの遺産管理団体が WIPO の調停仲裁センターに申立てを行っていたという。このドメインはセンターが裁定を行った時点で「thetokenofpower.com」にリダイレクトされており、トールキン作品「ホビット」に登場するガンダルフに似た人物を含む複数の魔法使いの画像や、トールキン作品に関連するそのほかの画像が使われていたそうだ。

訴えられたドメイン保有者 (被告) は「jrrtoken.com」が商標の「L」と「I」を含まず、混乱するほど似ていないと主張したほか、トールキン作品のイメージを使用したのはパロディであり、不誠実さをもって使用したのではないなどと主張した。しかし、被告は著名な商標の 1 ~ 2 文字を置き換えたドメイン名が必ずしも商標を侵害しないという WIPO の過去の裁定を依拠としていたが、現在は当時と異なる認知可能性テストにより判定が行われるようになっている。そのため、審査委員は現在の基準で混乱するほど似ていると判断した。また、被告がパロディだと主張した点も商標の想起を認識していたことを裏付けるものとされた。

このほか、ドメイン名に対する正当な権利が被告にないこと、ドメイン名が不誠実に登録・使用されたことも認定され、ドメイン名移転の申立要件がすべて満たされたとのことだ。

15495676 story
インターネット

Apple、イスラエルのNSO Groupを提訴。スパイウェア「Pegasus」開発 15

ストーリー by nagazou
覚悟を決めたようで 部門より
Appleが23日、イスラエルのNSO Groupに対し、Appleユーザーを監視・標的にした責任を問う訴訟を起こした。この件に関しては過去記事でも何度か取り上げられているが、同グループは個人データ、写真、メッセージ、正確な位置情報などを把握できるスパイウェア「Pegasus」を開発し、人権抑圧国家に売却していた(関連その1その2)。ジャーナリスト、活動家、反体制派、学者、政府関係者といった反体制派の言論抑制などに用いられたとされる(AppleリリースReutersTechCrunchEngadget日経新聞GIGAZINEITmedia)。

今回の訴訟でAppleはユーザーへのさらなる悪用と被害を防止するため、同グループがAppleのソフトウェアやサービス、デバイスの使用を禁止する恒久的な差止命令や賠償金支払い命令を求めている。訴状では、NSO Groupが被害者の機器にスパイウェア「Pegasus」を感染させる方法に関する情報なども記載されているという。Appleはリリースの中で、NSO Groupのような国家に支援されている組織が、説明責任を果たさず高度な監視技術に何百万ドルも費やしているとし、この状況を変える必要があるとしている。
typodupeerror

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

読み込み中...