パスワードを忘れた? アカウント作成
16498456 story
アメリカ合衆国

ニューヨーク市で試験運用中の騒音計付きカメラ、騒音運転手に罰金などの成果 15

ストーリー by nagazou
採用拡大 部門より
ニューヨーク市は昨年、コロナ禍の経済回復に伴い増加した削岩機や車、トラックのクラクションといった騒音対策として違法な騒音を発する車両を特定するための音響測定器を搭載した交通カメラを試験的に運用している。このシステムではレーダー式の速度取締機と同様に、違反者のナンバー プレートを記録する。車の所有者は、最初の騒音違反で罰金800ドル。3回目の違反聴聞会を無視した場合、2625ドルの罰金が取られるという。Independentに掲載された記事によると、過去1年間の試験運用中に少なくとも71人のドライバーが騒音規則違反で切符を切られているそうだ。市の環境保護局は効果があったとしてこの交通カメラの採用を拡大する計画を立てているという(Independent)。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

読み込み中...