パスワードを忘れた? アカウント作成
16656931 story
中国

中国企業発表のx86互換CPU、Intelリブランド疑惑を完全否定。「コピーではなくコラボ」 62

ストーリー by nagazou
リスペクト並みに便利な言葉に 部門より
過去記事でも取り上げているが、2023年5月に中国企業のPowerLeader(宝徳)がx86互換のCPUを発表している。このCPUは、モデル名「P3-01105」として発表されたが、中身はIntel製CPUと酷似しているとの指摘がでており、ラベルを貼り替えただけの製品ではないかとの疑惑が指摘されていた(微博での説明The RegisterGAMINGDEPUTYGIGAZINE)。

宝徳はこの疑惑に対し新たな声明を発表した。曰く「P3-01105はIntelの支援を受けて設計されたカスタマイズCPU」であり、コピー製品ではなくIntelとのコラボ製品だと主張しているという。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by annoymouse coward (11178) on 2023年06月14日 16時50分 (#4477555) 日記

    The Registerの記事の見出しが秀逸ですね
    https://www.theregister.com/2023/06/09/boade_x86_intel_collab/ [theregister.com]

    Intel on-side, not inside
    インテルの支援は受けてるけど,インテル製CPUは入ってない,と.

    • by Anonymous Coward

      セカンドソースとはまた違うのだろうか。
      昔のあったNECのV33とか日立の68000とか東芝の84015とか

      • by nekopon (1483) on 2023年06月14日 17時10分 (#4477569) 日記
        セカンドソースと互換品ではだいぶニュアンスが異なるのですが
        // ふつうセカンドソースというとデッドコピーなので上記だと68kだけが該当
        親コメント
        • by Anonymous Coward

          正規ライセンス生産品とデッドコピーも全く違うものだと思いますが?

          • by Anonymous Coward

            #4477569が言っている「デッドコピー」は設計が全く同じという意味。
            #4477572が言ってる「デッドコピー」は設計が同じで不正に製造されてるという意味。
            混ぜるな危険。

            互換品ってのは同じように動作すりゃ良い。しかしオリジナルとは(内部の作り等が)異なるもののこと。
            セカンドソースは製造者が異なるだけでオリジナルと同一なので互換品とは言わない。

            本来、デッドコピーという言葉には非正規品というニュアンスが含まれるので、#4477569の使い方は誤りとも言えるけど、言いたいことは「中身の作りが同一」ということなのでそこを理解すべき

            • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 22時14分 (#4477769)

              設計が全く同じ場合、クローンと呼ぶのが普通。クローンのうち、非ライセンス品がデッドコピー、ライセンス品がセカンドソース。
              独自の回路設計をした場合は互換品。互換品は、初期のAMDのように非ライセンス品もあれば、現在のAMDのようにライセンス品もある。

              日電のV30などは、インテル上位互換の回路設計だが、SONYとOKIなどがセカンドソースをしたはず。
              日立のHD68HC000などは、CMOS化の際に共同で回路設計したが、実質はモトローラがセカンドソースをしたはず。
              東芝のTMPZ84C00などは、CMOS化の際に独自に回路設計したが、逆にザイログがセカンドソースをしたはず。

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                クローン・デッドコピー・セカンドソースの間にそんな明確な定義分けってあったっけ?
                機能が同じならクローン、議論の範囲内で完全同一ならデッドコピー、畏まった言い方がセカンドソースだと思ってた
                本来はセカンドソースだったらピン互換機能互換じゃないと意味ないけどCPUだとコピー品にしかならないから定義がブレたのかと

                上の3つは重複して当てはまるものもあるし特に「クローン」についてはかなり刺す幅が広いと思う

              • by Anonymous Coward

                >設計が全く同じ場合、クローンと呼ぶのが普通。
                1980年代のDOS互換機は俗称としてPC cloneと呼ばれていたけど、リバースエンジニアリングされたBIOSを使用したものがほとんどであり、別にIBM PCのデッドコピーではなかった。それどころか、BIOSのリバースエンジニアリングをしておらず、DOSが動くというだけで挙動が異なるものすらあった。なので、クローンという言葉自体そう厳密に定義されたものではない。

              • …というわけであいまいな書き方になっちゃいました(すみません)
                親コメント
              • by Anonymous Coward

                定義なんてないね。そもそもクローンって遺伝子が同じだけだからクローン元とは色々異なる個体になるし。

      • by Anonymous Coward

        日立の68000(HD68000)はセカンドソースだと思う(CMOS版はMotorolaとの共同開発だったし)。セカンドソースじゃない互換品なら、Z80上位互換のHD64180じゃないの?

        東芝に84015はTMPZ84C015のことかな? これもCPU部分はCMOS版Z80そのもので、Z80用周辺回路を集積したもの。

        • by taka2 (14791) on 2023年06月14日 21時16分 (#4477735) ホームページ 日記

          シャープ LH0080A: ザイログから正規にライセンスを受けたセカンドソース(シャープが生産しただけで、物は本家Z80と同じ)
          日本電気 μPD780C-1: ザイログから訴えられた
          東芝 TMPZ84C00: 正規のライセンスを元にした独自設計の同等品(同機能だけどCMOS化のための再設計をしてる)
          日立 HD64180: 命令セット互換なだけの全然別物。

          Z80は一世風靡したからいろんなパターンがあるからややこしい。
          HD64180とかTMPZ84C015みたいに、ザイログの方がセカンドソースでZ64180とかZ84C15を出してるものまであるし。

          286までは、AMD Am80286(intel 80286の正式なセカンドソース)とかあったけど、
          80386からはセカンドソースを認めなくなったので、AMDは独自設計x86互換CPUの道を進むことになった。

          親コメント
          • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 22時11分 (#4477765)

            > 80386からはセカンドソースを認めなくなったので、AMDは独自設計x86互換CPUの道を進むことになった。

            よくこういわれてるけど、Am386もAm486も顕微鏡で見たら (C) AMD の近くに (C) INTEL って書いてあるんすよ。
            286時代にライセンスを受けた何かに対する表記なのかもしれないけど。

            親コメント
          • by Anonymous Coward

            日立 HD64180: 命令セット互換なだけの全然別物。

            今ちょっと調べてみたらIXH,IXL,IYH,IYLが使えないらしい。互換性低いぞ(笑)

            54180は本家ZilogのZ180のベースにもなってた筈なんだけど、Z180はIXHとか使えたんだろうか

            • by Anonymous Coward

              未定義命令を実装していないと互換性が低いといわれるとはまるでWindowsみたいだ

  • よく分からん (スコア:4, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2023年06月14日 17時10分 (#4477570)

    要するに中身VIAだとさ。つまんないね。
    想像したのは以下のパターン。

    1. Intelから正規に購入したパッケージに印刷しただけ。
    2. Intelから正規に購入したダイに独自でヒートスプレッダーとかを付けた。
    3. IntelからARMみたいに設計とライセンスを貰って独自で製造/外部委託した。
    4. Intelの中古品をゴミからサルベージしてヒートスプレッダーとかを付け替えた。
    5. Intelに正規で発注したカスタムのCPUを売ってるだけ。
    6. Intel風のパッケージにIntel製ではないCPUが入っている。

    最初は中古品パターンかなと思ったけど、結局6とのこと。

    そしてIntelがよく分からん中国のメーカーに便宜を図るとしたら理由は何?

    1. 支援ってのは普通にウェブ公開や有料の資料を提供しただけ。
    2. 何かしらの輸出規制逃れで不思議なことをしている。
    3. 中国が「米国製CPUは安全保障上使えない」みたいな政府向け需要で、形だけ中国製にして誤魔化してる。

    実際AMDは合弁で中華版Ryzenみたいなの作らせてたりしたからあり得ないとは言えないが、そもそもIntelの支援ってのが何なのか分からんせ。

    • by akairaiden (11916) on 2023年06月15日 6時49分 (#4477873) 日記

      兆心はVIAと上海市政府とのジョイントベンチャー企業なので、ライセンス的にはまんまVIA系ですね。
      中身ライセンス含めては旧セントール系のWinchipの子孫です。

      ちなみにインテルは2021年にVIAに金を払って旧セントール系の技術者の一部を
      リクルートしてたりしますのでまぁ横のつながりは結構あるはずですし、
      設計に対してアドバイスやら情報共有なんかの支援があっても不思議ではないですね。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      3. だろ?
      Intel から支援を受けた = Intel から技術(設計)を買った。

      • by Anonymous Coward

        インテル入ってる

      • by Anonymous Coward

        AMDに作ってもらったHYGONと同じ流れでしょ。何で元コメがVIAを持ち出してるのか知らんけど。
        IntelもAMDもカスタムSoC製造サービスをやってるから、そこに変更点ゼロで「カスタム品」を発注して、
        それを「外部の委託は一部あるが自国で独自設計した」と言い張ってるだけ。

        HYGONの時は挙動が一部違って、多少性能が落ちてるという話だったけど

    • by Anonymous Coward

      ノートPC向けのCPUをデスクトップPCに搭載できるようにする下駄 [impress.co.jp]程度の事はやって欲しかった。

    • by Anonymous Coward

      Geekbenchに登録された情報によると、まんまintelだという話も。
      https://www.nichepcgamer.com/archives/powerstar-cpu-is-intel-comet-lake.html [nichepcgamer.com]

    • by Anonymous Coward

      きっと今頃、テカナリエ清水さんがチップ開封作業しているんじゃないかな。

      https://twitter.com/techanalye1 [twitter.com]

      • by Anonymous Coward

        > テカナリエ清水
         
        誰よと思ってTwitter見たけど、何者ですかこの人?

        • Re:よく分からん (スコア:3, 参考になる)

          by Anonymous Coward on 2023年06月15日 0時52分 (#4477823)

          電化製品解析の会社テカナリエを起業するまで、趣味でチップ開封に何千万円もつぎ込んでいたお方。
          ルネサス(日立)の結構偉いOBで、若い頃はセルライブラリの物理設計を超特急で一人でやってた超人。

          http://www.techanalye.com/about/ [techanalye.com]

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            情報ありがとうございます。ただもんじゃないと思ったけど実際そうでしたね。

    • by Anonymous Coward

      ダイもPCB上QRコードも同じだと言われてる
      となると半導体補助金目当ての2だと予想

  • by KAMUI (3084) on 2023年06月14日 17時38分 (#4477590) 日記
    なんだろう、この何とも言い難いインスパイヤ感 [wikipedia.org]は。
  • by wane (8495) on 2023年06月15日 10時32分 (#4478004) 日記

    三菱のGDIエンジンを思い出した。
    どこぞの海外企業に技術供与したらその企業のサイトでは「自社開発しました」と書かれてたとかなんとか。

  • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 19時51分 (#4477688)

    なんではっきり経緯をアナウンスしないんだろうね。
    PowerLeader(宝徳)もIntelも。
    結局,RTLのライセンス買ってVIAに作らせて外部意匠を同じにしたでいいのかな。
    或いはフォトマスクを買ったのか。
    IntelのFABが生産したのでないなら,どのレベルで同じなんでしょうね。
    裏の目的は,例のサブシステムに中国政府から要請されてのリモート機能を仕込むためだったりしてね。
    ソフト的に見分ける方法がないならヤダなぁホントに。

  • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 17時26分 (#4477582)

    中国という国自体が馬鹿にされかねないと思うのだけど

    • by Anonymous Coward

      新幹線を自国の発明と誇るくらいですので

    • by Anonymous Coward

      そんなの、国内生産できて戦時でも困らなくなることに比べたらどうでもいいでしょ。
      面子と安全保証を天秤にかけて、面子を取るほどアホじゃない。

  • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 17時42分 (#4477594)

    そこもIntelは黙ってるわけ?

    • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 18時29分 (#4477628)

      何も言わないのが大人の対応でしょ。
      下手に協力関係を大きな声で言えば、やぶ蛇をつつくことになる。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        やぶ蛇をつつく?

        • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 19時05分 (#4477652)

          蛇が寄って来たw

          親コメント
    • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 21時48分 (#4477748)

      Intel 黙ってる。Intel in-silent.

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      https://news.yahoo.co.jp/articles/b43abca042f56e264f6b5c9fe92730e28c92226a [yahoo.co.jp]

      インテルとしては中国とのビジネスを継続したいだろうし、敢えて混乱の渦中に飛び込む気はないでしょう。

    • by Anonymous Coward

      工場建設に米国政府から補助金もらう条件が、
      中国と10万ドルを超える取引禁止とかだから
      公式には認めるわけにはいかないよね

  • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 19時05分 (#4477651)

    最初からインテルの協力を受けている、と言ったほうが信頼度が高くなったと思う。

    • by Anonymous Coward

      信頼度よりもグレーな状態を維持したいのでしょう。
      この製品の主要顧客は中国政府だし、政府は事情を知っているはずで、国内生産できるメリットだけを享受できれば十分。

  • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 21時41分 (#4477743)

    コラボだ!と返せばいいのか

typodupeerror

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

読み込み中...