パスワードを忘れた? アカウント作成
769488 submission
ハードウェア

VIA、12cm四方のNano-ITX発表

タレコミ by mor
mor 曰く、
MYCOM PCWEBによると、VIAは同社が台湾で開催しているVIA Technology Forumにおける同社会長兼CEOのWenchi Chen氏の基調講演において、基板サイズ12cm×12cmのNano-ITXフォームファクタを発表した(VIAのプレスリリース)。
VIAはサイズ以外の詳細を明らかにしなかったが、現行のMini-ITXと同等の機能と静粛性を持つ対応マザーボードを今年中に出荷する見込みとしている。

12cm四方というと、CDと同サイズ、Happy Hacking Keyboardの約2.5分の1の小ささで、Mini-ITX(17cm四方)と比べても縦横それぞれ約30%減、面積比で約半分とかなりの省スペースとなり、無理すれば5インチベイ1つに1台ずつ押し込めそうなほど。色々と遊び甲斐がありそうだ:-)

想像では、今回の発表はおそらくEdenとCLE266のMCMでのファンレス駆動を達成したことによるものと思われる。先日来販売されている某マザーボードにシンクレスで搭載されている謎のCLE266 CEは本物だった(CLE266が抱えていた発熱問題は解決された)のだろう。
なお、Nano-ITXのサイズの制約により、メモリソケットはSO-DIMMかMicroDIMMになり、同時に背面から幾つかのレガシーI/Fが削除される(か、基板上に移動する)と予想される。PCIコネクタの搭載も厳しそうで、VIAがどのように拡張性を確保してくるか見物かもしれない。
typodupeerror

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

読み込み中...