パスワードを忘れた? アカウント作成
769465 submission
グラフィック

インクジェットプリンタ冬の陣

タレコミ by zeissmania
zeissmania 曰く、
キヤノンがPIXUS冬モデルを発表すると共に、エプソンもカラリオの新シリーズを発表した。
どちらも10月3日発売で、キヤノンはフラッグシップモデルの990iで「4800×2400dpiの最高解像度、全弾2plのスーパーフォトノズルなどを備え、従来の6色に加えてRedインクを追加することで色域を拡大」と写真出力に重点を置き。同社のデジタルカメラとの連携を高めたものとなっている。
対してエプソンは「耐光性80年、耐ガス性30年と保存性を高めた新インクを「つよインク」と名付け、保存性をアピールしていく」と、MC-2000, PX-4000で進めて来た顔料インクプリンタを大幅にシリーズ拡張。写真画質と同時に保存性を全面的に押し出して行く模様。
タレコミ人は200年画質に惹かれて未だにMC-2000ユーザーなのだが、これは写真印刷時の画質が劣るのも事実。PX-4000は画質が向上したものの耐光性は大幅に減退して購入する気になれず。今度のエプソン PX-G900は、画質も耐光性も満足できそうで、期待大です。
typodupeerror

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

読み込み中...