パスワードを忘れた? アカウント作成

過去1週間(やそれより前)のストーリは、ストーリアーカイブで確認できますよ。

2019年9月 記事 / 日記 / コメント / タレコミ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年9月8日のタレコミ一覧(全7件)
13998546 submission
月

インドの月探査機チャンドラヤーン2号着陸機、降下中に通信が途絶える

タレコミ by headless
headless 曰く、

インド宇宙研究機関(ISRO)は7日、月の南極地帯への軟着陸を目指して月探査機チャンドラヤーン2号の着陸機(Vikram)の降下を実施した(ISROの発表[1][2]IndiaTodayの記事[1][2])。

Vikramは2日に月周回機から分離し、3日4日に軌道離脱マヌーバーを成功させていた。インド標準時7日1時38分03秒には降下を開始し、高度2kmを切るまではすべて順調に進んでいたが、その後通信が途絶えたという。テレメトリーデータによると高度2㎞を切ったあたりから降下軌道に乱れが生じ、高度335mで通信が途絶えたようだ。Vikramの現在の状態は不明だが、ISROでは今後14日間にわたって通信の回復を試みる。

ISROによれば、Vikramとの通信は途絶えたものの、ミッションの各段階ではすべて目標の90~95%を達成しており、引き続き月科学に貢献できるという。チャンドラヤーン2号の周回機は計画されていた軌道に投入されており、過去いずれの月探査ミッションよりも高い解像度(0.3m)のカメラによる高解像度の映像は世界の科学コミュニティーに非常に有益な情報を提供可能とのことだ。

13998574 submission
セキュリティ

Apple、iOSの脆弱性に対する攻撃をGoogleが誇張していると批判

タレコミ by headless
headless 曰く、

GoogleのProject Zeroチームが8月末に公表したiOSの脆弱性を狙う攻撃について、実際よりもはるかに大規模な攻撃が行われているように印象付けているとして、AppleがGoogleを批判している(Appleの声明The Vergeの記事[1][2]Ars Technicaの記事)。

Project Zeroはブログ記事で、バージョンごとに異なるiOS(10~12)の脆弱性を組み合わせたエクスプロイトチェーンにより、ハックされたWebサイトを訪れただけでユーザーのiPhoneに監視ツールをインストールする攻撃キャンペーンが少なくとも2年間行われていたと主張している。Webサイトの数は少数で、週間ビジター数は数千人程度、特定のグループを対象にした攻撃、などといった記述がみられる一方、すべてのiPhoneが攻撃の対象になっていたような記述もみられる。

Appleは攻撃がウイグル族をターゲットにしたもので、幅広いiPhoneユーザーがターゲットになっていたわけではないとし、攻撃に使われていたのは12サイト未満であり、攻撃が行われていた期間もProject Zeroが主張する2年間ではなく、2か月程度だったと主張する。また、エクスプロイトで使われていたiOS 12の脆弱性はGoogleから通知を受けた時点で既に修正作業が進んでいたとも述べ、脆弱性の影響が小さいと印象付けつつiOSの安全性に比肩するものはないなどとも主張している。

一方、GoogleはProject Zeroの投稿がセキュリティ脆弱性に関する理解を深めるためのものであり、防御戦略を向上させるなどとして、Project Zeroを支持する声明を出したとのことだ。なお、攻撃はWindowsユーザーやAndroidユーザーもターゲットにしていたとForbesが報じていたが、これに関する言及はない。

13998784 submission
Wikipedia

Wikipedia、コーヒー1杯を700円から300円に値下げ

タレコミ by Anonymous Coward
あるAnonymous Coward 曰く、
日本のWikipediaの寄付のお願い、昔はコーヒー1杯700円だったのが昨日見たら300円、そして今さっきは250円と、どんどんコーヒーが値下げされていってる
https://twitter.com/edgw_KS12/status/1169553072403533824

2016年9月22日 Wikipedia「¥700寄付してください。コーヒー1杯分です」
https://togetter.com/li/1027502
typodupeerror

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

読み込み中...