パスワードを忘れた? アカウント作成
760728 submission
パテント

PUBPAT、JPEG特許の再審査を請求

タレコミ by wei
wei 曰く、
ITMEDIAのニュースによると、特許監視団体のPublic Patent Foundation(PUBPAT)米特許商標庁(USPTO)に対し、JPEGフォーマットに関する特許(米4698672号: 以下「672特許」と略)再審査(Reexamination)を請求した
PUBPATが web サイト上にて公開している再審査請求書によると、先行技術文献の米4541012号公報は、672特許と同じCompression Labs, Inc.が特許権者である特許で、672特許の出願日(1986年10月27日)より一年以上前の1985年9月10日に特許公報が発行されていると共に、672特許の全クレームの発明特定要件が開示されており、米国特許法102条(b)に基づき新規性欠如により無効である、という趣旨のようです。(参考: 以前のニュース)
これは全く個人的な感想ですが、もしPUBPATの再審査請求書に記されている内容が有効であるとするならば、同一出願人の、たった一年前の先行技術文献を取りこぼすUSPTOの調査能力に若干疑問を感じます。
typodupeerror

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

読み込み中...