パスワードを忘れた? アカウント作成
754060 submission
携帯通信

ドコモの「2in1」、総務省は1契約とみなすと判断

タレコミ by astro
astro 曰く、
ケータイ商戦夏の陣のはじめに、「DoCoMo2.0」という謎のフレーズとともに登場したNTTドコモの複数番号利用サービス「2in1」。ドコモではこれを2契約とカウントすると発表し、5月のTCAもそれにしたがって純増数を公表したが、ケータイWatchによると、総務省は「1契約」とするのが妥当であるとの判断を示したそうだ。
ドコモによると、「2in1」はオプションサービスではなく名義による契約が必要なため、2契約とカウントするとしており、TCA(電気通信事業者協会)に報告する契約者数も2契約とカウントしたとしている。しかし総務省は「競合他社からの問題提起により」検討した結果、現在のサービス内容では2つの番号が同一名義でなければ契約できない点や料金プランがそれぞれ選べない等、多くの制限事項があるため、「1契約」とするのが適当、と判断し、TCAを通じて会員企業に通達することになった。
総務省としては「多様なサービス展開を制限するものではない」として、今後「2in1」が別名義で契約できるなどの内容になれば「2契約」とするのが妥当だろうとしている。
ドコモとしては、インフラ側・端末側から作りこんで満を持しての投入なのに、それはないだろう、という思いもあるだろうが、そもそも発表当時から、やり方が姑息という指摘もあり、実質上オプションサービス扱いになっていることから考えても、総務省の判断は「妥当」なのではないだろうか。やはりユーザに直接メリットのない純増数などを争うのではなく、堂々とサービスの中身で競争してほしいと思う。現在ドコモを使ってるタレコミ子だが、最近のドコモにちょっとあきれてきていて、諸般の事情もあってそろそろauにMNPしようかと思っている。
typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...