パスワードを忘れた? アカウント作成
61023 submission
Linux

Debian GNU/Linux 5.0リリース 46

タレコミ by 双眼鏡は走り出した
双眼鏡は走り出した 曰く、
2009年2月14日、Debian GNU/Linux バージョン 5.0(コードネーム「lenny」)がリリースされた。このバージョンでは玄箱PROやHP Media Vault mv2120、ASUSのEee PCなどのサポートが追加されたほか、インストール時のシステム再起動前にベースパッケージなどのアップデートが行われるようになり、セキュリティアップデートが適用されないというインストール時のセキュリティ不安が解消されている(Windowsも標準でそのようになればいいのだが)。

例によって各種パッケージのバージョンはあがっているが、ポイントとしては、X.Org 7.3の統合、Java関連だろうか。 OpenJDK、GNU Java コンパイラ、GNU Java バイトコードインタプリタなどがmainリポジトリで整備され、Javaベースのアプリケーションもmainリポジトリに入れられるようになっている(何が入ったかまでは見ていないが)。

普段Debianを使っているユーザーだとアップデートして終わりといったところだと思うが、このバージョンでの見所やポイント、不安点などあれば、ぜひ。

情報元へのリンク
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by kawa-t (37052) on 2009年02月15日 21時24分 (#1514079) 日記

    当方は、木、金曜日にアップデート作業を行いましたが、設定ミスなどもあり、若干、てこずりました。設定ミスと言っても、sources.listの設定が正しくなかったという、ごくごく基本的なことです。

    インストール後に発生した問題

    • グラフィックボードのドライバが消え、Xが起動できなくなった。

      →vesaのドライバ(xserver-xorg-video-vesa)を入れるか、対応(当方は、nVidia)のドライバを入れる。/etc/X11/xorg.confでとりあえず、ドライバを"vesa"にしてみる。

    • KDEが高解像度のディスプレーで見やすいようにしたためか、全体的に隙間が多い感じ。

      →設定をいじる。

    • qt-gtkがうまく機能していない。

      →qt-gtkの再設定。

    • 音が出ない。Skypeやamarokでは問題ないが、flashplayerやシステムサウンドがでない。

      →Webカメラのマイクが優先的に設定され、内蔵のサウンドデバイスが使えていない。まだ、完全には解決していないが、とりあえず、Webカメラを後から接続すれば、問題は発生しない。

    よくなった点

    • Iceweasel(Firefox)のバージョンが上がった。
    • emacs22が使える。
    • KDEの完成度が上がった。メニューが整理された。見た目が改善された。
    • scim-qtimmが使えるようになった。
    • UVC (USB Video Class)対応のWebカメラがドライバを入れることなく使える。(多分)
  • ARM EABI (スコア:4, 参考になる)

    by bero (5057) on 2009年02月16日 11時35分 (#1514421) 日記

    リンク先のITMediaの記事

    そして今回、主に組み込み用途で使われるARMアーキテクチャについてARM EABI(armel)のサポートが公式に追加された(従来のARMは「OABI」として区別される)。armelでは、従来、ソフトウェア側で行っていた浮動小数点演算部分をハードウェア側で処理させることが可能で、OABIより高速に動作するのが特徴となっている。

    間逆。
    従来はFPUがあること前提でハードウェア浮動小数点演算命令を使っていたが、
    組み込み向けCPUにはFPUなんか積んでないので
    不正命令をトラップしてソフトウェアエミュレーションしていた。

    EABIではFPUがないこと前提で浮動小数点演算部分をはじめからソフトウェアで処理するので、トラップによるコンテキストスイッチがない分高速。

    あとarmelのelは(他のCPUでも)Endian Littleの略でEABIは関係ないと思う

    参考:
    Why ARM's EABI Matters [linuxdevices.com]

  • Google Trendsによれば"Debian"という用語の検索回数は5年間の間にかつての1/3程度 [google.co.jp]になってます。
    これは5年間の間にDebianユーザーがNon FreeであるGoogleに反対するボイコット運動を始めたか、もしくは単にDebianユーザー数が激減したことを意味するんじゃないでしょうか。
    • by hidemasu (28486) on 2009年02月16日 6時04分 (#1514283)
      ソースはありませんが、UbuntuやKnoppixのようにある種の調整を施したパッケージの方が使い易いと感じる人が増えてきてて、ベースとなる「素の」Debianにまで興味がいかないだけではないかなぁ、と。
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2009年02月16日 9時28分 (#1514322)

      GoogleでDebian固有のEmacsの設定について調べる場合を考えてみよう。
      5年前は、"Debian Emacs"で検索してたと思うし、それで十分だった。
      でも、今は"Debian Emacs"なんかで検索すると、EtchやらSargeやらWoodyやらの情報が混ざって、非効率的過ぎる。
      だから、"Lenny Emacs"のようにコードネームで検索するようになった。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2009年02月16日 6時10分 (#1514287)
      そりゃ減っているでしょ。
      5年前にはdebian以外にdebian系のLinuxなんてknoppix位しかなかったし。
      今は別に無理して使いにくく、更新の遅いdebian使わなくても便利なubuntuなど他の選択肢がありますから。
      親コメント
      • by Anonymous Coward

        >5年前にはdebian以外にdebian系のLinuxなんてknoppix位しかなかったし。

        その昔、omoikane [omoikane.co.jp]というディストリがあってだな…。(今もあってビックリした)
        それは流石にマイナーだけど、Xandros(Corel Linux) [xandros.com]や後に吸収されたLindows(Linspire)の事もたまには思い出してあげてください。
        corelはインストールがしやすく、windowsとの共有が簡単だったので日本語さえ使えれば…
        あとubuntuは2004年に最初のリリースが出ているので「5年前には…しかなかった」というより、
        「5年前はubuntuもマイナーで環境がいまいちだった」というべきかも。

      • by Anonymous Coward
        枯れてる良さも分からない人には向かないかもしれませんね
        unstableなUbuntuなど私には何の魅力もない
    • by Anonymous Coward on 2009年02月16日 7時06分 (#1514293)

      > もしくは単にDebianユーザー数が激減したことを意味するんじゃないでしょうか。

      いや.そうではないでしょう.例えばwindowsでトレンドを検索してみれば,windowsの検索が半減していることが分かります.このトレンドはユーザー数に比例する訳ではないのでしょう.

      linuxの検索の推移と比較してみれば,debianはlinuxの中ではわりと健闘している方だと分かります.ubuntuだってdebianベースだし,ここ数年のdebianはむしろ実りが多かったと考えるべきでしょう.

      macintoshの検索がすさまじく減ってますね...いや何度も言いますが,ユーザー数とは関係ないことですから,気にしない気にしない(笑)

      # redhatのdecay具合が素晴らしく美しい...母数となるユーザー数がそれだけ大きいということでしょうか?

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      ああ、etchからデスクトップでDebianを使い始めた私はtrendsに真っ向から立ち向かうマイノリティということですね。わかります。

      じゃあWindowsなんかどんどんユーザ数が減ってるor戦略を間違えてインストールベースが減っているからWindows Vistaは使うまでもない、7でトレンドを変えられるか?ということで。

      うーん。後者はあたってるような。

      • ああ、etchからデスクトップでDebianを使い始めた私はtrendsに真っ向から立ち向かうマイノリティということですね。わかります。

        別に卑下する必要はないんじゃないか。何でもお仕着せより、必要なものだけ、安定指向でやりたければ、Debianの方がいいのではないでしょうか。非力なマシンを使っていると、何でも入れられてしまうのは、迷惑な話しです(と言いつつ、KDEでまとめて入れまくっていますが)。それに、スタンダードがある程度決まってからのアップデートの方が、変更に振り回される悩みが減ります。人に使わせるマシンも、頻繁にアップデートすると、混乱を招くので、無理に最新版を追い掛けない方が良いです。

        とは言え、セットアップのし易さで言えば、御仕着せの方が便利ですし、最新版は魅力的で、そちらの方が受けるのは当然でしょう。UbuntuはLinuxのユーザ層を広げるという点で、非常に価値があります。

        ただ、実際のところ、Ubuntuでも、インストールはともかくとして、その後は、コマンドラインからの操作が必要になることが少なくなく、Debianと大して変わらないように見えます。解決法が、同じだったりするので、Debianユーザとしては便利ですが、残念でもあります。その辺りで、挫折してしまう人も見られますし。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        台数ベースでは言うほど減って無いと思うよ。

    • by Anonymous Coward
      成功例 [google.co.jp]
    • by Anonymous Coward
      まさか、こんなに早く lenny がリリースされるとは、予想だにできなかった。

      いつの間に!早速、debianで 検索だ。
    • by Anonymous Coward
      紹介だけ。

      八田真行,Linuxディストリビューションの比較―DebianとUbuntu,赤門マネジメント・レビューVol.8 No.1 2009

      要約:代表的なLinuxディストリビューションとして知られるDebian(デビアン)とUbuntu(ウブンツ)を、開発の経緯や組織的な特徴から比較する。Debianから派生したUbuntuは、技術的にはほぼ同じものであるにも拘わらず、市場における受容には大きな差が生じた。本稿では、その理由を開発プロセスの違い、およびリーダーシップのあり方の違いに求める。 キーワード:オープンソース、ソフトウェア開発、プロジェクトマネジメント

      赤門マネジメ [www.gbrc.jp]

      • 八田真行ってデビアンの人だよねw
        そんなの利用者重視ディストリであるUbuntuと、開発者の自慰ディストリのDebianという違いに決まってるでしょ。 pdfにはgoogle trendsの結果が載ってますねw
        Debianの検索数はゆるやかに減ってるとか言ってるけど、実は1/3になってることに気付いてないな、この人(笑)
        親コメント
        • by Anonymous Coward

          八田さんはGNUの人ですよ。Debianの開発者「でも」あるという事だけで。
          とかいうと、DebianてGNUなんじゃないの?という超FAQに流れそうですが、
          Debian的にFreeであることが認められればGNUと関係あろうが無かろうがこだわりは以下略。
          逆にGNUと戦うことも辞さないところということで。詳しくはググレーカス。

  • by gonta (11642) on 2009年02月16日 12時23分 (#1514462) 日記

    昨日Lenny-RCのnetinstのCDでインストールしたんで、偶然正規版になってしまった。

    気持ち悪かったのは、インストール時に利用目的(?)の選択で、今まではStandard Systemにだけ選択されていたのが、今度はDesktop Systemも選択されていたこと。Standardのほうの選択はずしたのにGnomeがインストールされて、あせった。

    Fedora/CentOSと異なって、できるだけシンプル、というアプローチのいいディストリだと思っています。

    --
    -- gonta --
    "May Macintosh be with you"
    • by Anonymous Coward

      etchでもデフォルトで「デスクトップ環境」にチェックが入っていましたよ。

  • by jordan_beth (10928) on 2009年02月16日 14時08分 (#1514574) 日記

    etch では問題なく起動できていた Microsoft Virtual Server 2005 R2 ではインストール時に起動ができなくなっているようです。
    もしかしたらカーネルオプションが必要なのかも知れません。

    # 私は VirtualBox に移行することにしました。

    --
    ん? 俺、今何か言った?
    • by Anonymous Coward
      グラフィック関係の問題。 vga=731 とかで問題なし。Virtual PC 2007も同じ。
  • apt-get dist-upgrade (スコア:1, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2009年02月16日 8時13分 (#1514302)
    家のサーバ、更新がめんどいので、debian 安定板なんだが、アップグレードで特に問題なし。 sambaが早くなった。X関連は入れてないので分からず。texは相変わらず日本語はEUCオンリーみたい。
    • by Anonymous Coward
      > texは相変わらず日本語はEUCオンリーみたい。
      いわゆるJIS7も大丈夫じゃないですか?
      ではなくて、UTF-8対応の話ですよね。
      今どきだと楽に導入できるのはどこのディストリビューション?
  • by Ringeril (37169) on 2009年02月16日 11時28分 (#1514416) 日記

    Debian “squeeze” Release Information [debian.org]

    squeezeってToy Storyのどのキャラクタだろうと思いましたが、エイリアン [wikipedia.org]ですね。

    #個人的にこのキャラクタは可愛いと思うので、ちょっと嬉しかったり。

    --
    Ringerilの3%は気の迷いで出来ています。
  • by meteor (18001) on 2009年02月16日 12時02分 (#1514438)
    一週間前までlenny RCが動いてたのに、正式版が出るころにはubuntuに変わっていたという罠。
    ubuntuっぽさ(デフォルトでrootになれないなど)は全部なくしたけど、やっぱり拍子抜けするほどの初期導入の容易さは魅力的だと感じた。
    debianが機能を足してく作業が必要なのに対して、ubuntuは削っていく作業で、ここらへんが好みのわかれるところでしょうか。
    長い目で見れば(そもそもubuntuはdebianの派生だし)同じ環境になるなら、メンテナンスの多く、活発なコミュニティがあるubuntuのほうが伸びてきているのは納得です。
  • /proc/sys/net/ipv4/ip_forward
    が勝手に 0 になってしまったようで、iptables によるNATが動作しなくなってました
    サーバはちゃんとネットにつながるのに配下のクライアントはつながらない、しかし
    iptables -t nat -L
    をやるとちゃんとチェインは存在しているということですぐに原因を発見できましたが。
  • by Anonymous Coward on 2009年02月16日 15時55分 (#1514659)

    PPC MacにDebianを入れている。
    aptitudeで推奨パッケージを自動インストールしない設定にしているんだが、アップデート後しばらくしてからシステムが起動しなくなってハマり中。

    etch→lennyした際に、linux-image-2.6.18-6-powerpc→linux-image-2.6.26-1-powerpcとなったんだが、これが原因らしい。
    linux-image-2.6.26-1-powerpcは、mkvmlinuz [debian.org]が依存→推奨に変化していて、古い2.6.18-6を削除した際にmkvmlinuzも削除してしまったんだと思う。

typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

読み込み中...