パスワードを忘れた? アカウント作成
127082 submission
宇宙

私たちの銀河には高々10以下の知的文明しか存在しない? 117

タレコミ by DB-researcher
DB-researcher 曰く、
本家より:

フェルミのパラドックスとは、地球外文明の存在の可能性の高さと、そのような文明との接触の証拠が皆無である事実の間にある矛盾のことである。なぜ私たちは「彼ら」に会えないのだろうか? スペインのマラガ大学のカルロス=コッタとアルバロ=モラレスは十分に発達した文明が銀河に集団を作る速度について考察することによってこの問題に挑んだ。様々な分析から、光の10倍の速度の移動手段をもってしても、銀河全体を探索するには50万年単位の時間がかかることが示されている。他の分析では、それには130億年程度を要し、宇宙人の不在を証明するだろうとしている。コッタとモラリスは無人探査機が銀河を探索する速度について考察した(訳注:無人探査機の拡散速度は文明の拡散速度より速い)。そうした無人探査機が文明の証拠を100万年に渡って残し続けることが出来るなら、宇宙には高々10以下の文明しか存在しないことになるという。


情報元へのリンク
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

読み込み中...