パスワードを忘れた? アカウント作成
188752 submission
変なモノ

家を浮かせるには何個の風船が必要か 38

タレコミ by soara
soara 曰く、
asahi.comの記事によると、映画「カールじいさんの空飛ぶ家」(注意:音が出ます)のように、風船で家を浮かせるには何個の風船が必要か、をミニチュアの家で実験したそうだ。

日本の建築基準法に合せた家屋の場合はどうなるんだろう、と考えてしまったのは大人になったせいなのだろうか。

情報元へのリンク
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • http://www.imdb.com/title/tt1049413/trivia [imdb.com] によれば,
    仮定に仮定を重ねて,ですが,

    it would take 12,658,392 balloons to lift his house off the ground.

    だそうです.
    この記事の「245個」の「約6万倍」=14,700,000個,となかなか近い数字ですね.

    • by crowe (39543) on 2010年02月02日 5時41分 (#1712256)

      上空にそのスペースを作ることが最大の問題だ

      親コメント
      • by Anonymous Coward
        野暮ですまんが、
        風船ふくらませて家の中に格納した段階で浮いてしまわないか?

        屋根から出る一瞬で全部の風船にガス詰めたんだろうか?
    • by Anonymous Coward
      • 家を浮かせるには何個の風船が必要か。
        約1500万個。ただし、屋根に取り付けるスペースが必要。
      • 家を浮かせるには何基のヒンデンブルグ号が必要か。
        1基。ただし降ろすときには家の原型は残ってない。
      • 家を浮かせるには何人のスーパーマンが必要か。
        2人。一人が家を持って固定し、もう一人が地球を押し下げる。
      • 家を浮かせるには何人のウルトラマンが必要か。
        何人集まっても無理。それ以前に家を潰さずにすませることが無理。
      • 家を浮かせるには何人の日本人が必要か。
        22人。一人が「家浮かせマシン」を設計し、一人がそれを作って操作する。その家が無許可で飛行したことに対する始末書を、役所と警察に提出することになり、残りの20人がその書類を処理する。
  • 世間体を気にしなければ (スコア:3, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2010年02月02日 9時49分 (#1712307)
    奇抜な色で外装を塗れば簡単に(周囲から)浮くことができます。
    • by Anonymous Coward
      赤と白の横縞ですか?
  • 基礎部分があるのだから空なんか飛ぶわけないだろと思ったが、「カールじいさんの
    空飛ぶ家」のプレビューを見た後、ああ基礎は計算に入れなくていいんだなと思い探したページ。

    建物の重さ [ads-network.co.jp]

    建築基準法では、建物の構造と用途によって、建物の自重(建物本来の重さ)と積載荷重(乗せて大丈夫な荷重)が定められています。

    カールじいさんの家は木造二階建にみえるから、「自重+積載荷重」は 600kg/m2 で「建築面積16坪」だと仮定すれば 30t。

    もっとも空を飛ぶ構造ではないから、離陸直後に床が抜ける事態は十分想定できるけれど・・・というわけで、あとはヨロシク。


    ところで空飛ぶ風船といえば昔してやられた心理テストを思い出すな。

    あなたは夢の中で風船で空を飛ぼうとしています。そのとき持っている風船の数は何個?
    と訊かれ、「1個」と即答したら思いっきり笑われた。___風船の数が精神年齢だってさ(ぉ
    # スーちゃん元気にしてるかな?

    --
    今のスラドはアレゲサイトじゃなくてただの掲示板
    • by Anonymous Coward

      ふつうの家って、基礎の上に家が載っかってるだけじゃないの?

      • by Anonymous Coward

        固定しているかってこと?
        固定してないと地震があれば家がひっくり返るよ。

        固定してても、ひっくり返った例もたくさんあったけどな。
        #強度を超える力が加わって引きちぎられる。

      • by Anonymous Coward
        基礎と家結び付けなきゃ基礎要らないだろ・・・
        • 寺社や古い民家は基礎となる石の上に「乗っかって」あります。
          「石場立て」といいます。基礎がないと構造物が地面に沈み込むので、
          木造建築なら腐ってしまうし、そうでなくても傾いてしまいます。
          石場立ての耐震性についてはいろいろ議論があります。例えばこんなの。
          http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/57259/1/26... [kyoto-u.ac.jp]
          親コメント
        • by Anonymous Coward
          ただ乗っかってるだけの古い建物は基礎なんかなくても大丈夫だったんですね!!勉強になります!!
          • by Anonymous Coward

            大丈夫というか、そういう古い時代の建物は、地震や火事でぶっ壊れたらば再建すればいいや、というライフサイクルモデルだよね

            • by Anonymous Coward on 2010年02月02日 9時49分 (#1712306)

              基礎に固定していない古い建物に耐震補強を行ったら小さな地震で壊れたなんて話も。
              乗っかっているだけなら揺れに対する力は自重に由来する物だけ。だから土台から落ちないと意外と壊れない。
              それを固定しちゃうと付随した地表の分まで構造材に負担が掛かるから構造材自体が破壊されたりする。

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                古い建物に見られる「乗せただけ」「嵌めただけ」っぽい構造って、実はちゃんと考慮した上での免震構造なんじゃないかとか思ったり。

            • by Anonymous Coward

              いや、そうじゃなくて、「基礎の上に乗ってるだけだったら基礎要らない」なんて馬鹿な話はないだろ?と突っ込んでるコメントでしょ?
              #別のコメントでも指摘されてるが、乗ってるだけでも基礎に意味はある。

              • by Anonymous Coward

                柱とかはどうなんですかね。乗ってるだけなのか、刺さっているのか。基礎工事の規模にも拠る話だし、土間がでこぼこでいいのかって話でもありますね。

                流石に特殊な建築法を除いては平らなところに建てようとするわけで、プレハブを設置する程度の地ならしを基礎工事と見なすか否か……

              • >柱とかはどうなんですかね。乗ってるだけなのか、刺さっているのか。
                個々のケースはいろいろあるだろうけど。

                古い木造民家の場合は、柱に根っこが無いか、あっても浅い場合があります。
                どういう事かと言うと、電気や水周りをきっちり縁切りして、
                重機でよいしょっ と引っ張れば、建物を動かせる場合があるのです。
                (いや、まぁ、実際はそんな簡単な話じゃないけど)

                移動後の建屋は、地面の上に置かれた箱状態なワケですが、
                意外となんとかなる感じで、暮らそうと思えば暮らせるレベルでした。
                (いや、まぁ、法規上は住居にできるかどうか、分かんないけど)

                親コメント
              • 小学生の頃、家ごと引っ越しするのみたことありますよ。
                どういうことかというと、家をジャッキアップしてコロをかませて移動させるのです。
                たしか200mくらいだったと思いますが、畑を横断して移動してました。
                毎日、少しずつ動いて行くんですよ。子供心にインパクトありましたね。30年くらい前の話ですがまだ記憶に残っています。

                父の話によると、しょっちゅうやってるわけではないが、そんなに珍しくもないようなことを言ってました。
                父の通っていた小学校の校舎も川を越えて移動したとか。
                私も同じ小学校に通ったのですが、すでにその校舎はありませんでした。

                歴史的な建造物を移動するのに使われてるのをニュースなんかで見たことがありますが、私の見たのは普通の民家でしたね。
                曳家という工法だそうです。

                ちなみに、JUKIの6階建ての本社ビルを同様の手法で移動したそうです。
                http://www.fujita.co.jp/information/news/2002/2002_1210juk.html [fujita.co.jp]
                親コメント
              • by Anonymous Coward on 2010年02月02日 9時16分 (#1712292)

                そういえば。
                わたしの通っていた小学校も、在学中に校舎の建て替えで旧校舎(木造二階建て)を移動したような。
                移動後も新校舎(鉄筋三階建て)が出来るまでは普通に授業をしていたような気がします。
                今にして思えば、長期休暇時に移動してた・・・のかな?

                #ン十年前の話なので思い違いも大いにありそうだけど(汗)

                親コメント
              • by Anonymous Coward
                >川を越えて移動したとか

                その川にはサンダーバード4号は来たの?
                (さすがに古すぎるのでAC)
              • by Anonymous Coward

                見たみた、思い出した、うちの近所でも、道路の拡幅で数十メートル動いた家があったの思い出した。
                割と大きな、でもごく普通の一部2階建て木造家屋でした。

              • 以前タモリ倶楽部でやってました。
                今は引くというより押していますけどね、みたいなことを言っていました。

                #youtubeにありそう

                親コメント
              • 旧横浜銀行本店は地元なので知っていたのですが, こちら [maseken.co.jp]のページによると他にも京都の二条城駅とかも移動しているんですね.

                親コメント
              • すいませんs/二条城駅/二条駅/でした.

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                現在の首相官邸新築の際に、旧首相官邸を建物ごと移動してますね。

                ちょっとよいリンクがなかったです。
                http://bizboard.nikkeibp.co.jp/kijiken/summary/20031212/NCR0340H_17328... [nikkeibp.co.jp]

              • by Anonymous Coward
                つい最近のビフォーアフターでやってましたよ。
                石を並べただけの基礎に乗ってる古い家の下に、ちゃんと現代的な基礎をつくるため、
                一度家屋をどかしてました。

                ジャッキアップして、小さなユンボで引っ張って30分。
            • by Anonymous Coward
              地震や風雪には強いです。
              火事には弱いけど、定礎とか関係ないですね。
    • by Anonymous Coward
      エアー免振 [airmenshin.com]であれば、基礎は関係ないな。
      しばらく前にテレビで見て、びっくりした。
      • by Anonymous Coward
        免震「してるフリ」かと思った・・・
  • by Anonymous Coward on 2010年02月02日 0時03分 (#1712177)
    てっきりアダムとジェイミーが作って、トリーが載せられたものとばかり……
  • by Anonymous Coward on 2010年02月02日 3時41分 (#1712247)
    ご存知かもしれませんが、実際にやってみた方がいらっしゃいます。

    http://www.youtube.com/watch?v=2ml-Tr4vxc8

    チャリティー目的でもありますが、企画発案者(と集まった子供と大人)は本気でした。

    Keep Santa Cruz Weird.
  • by Anonymous Coward on 2010年02月02日 0時03分 (#1712178)

    >日本の建築基準法に合せた家屋の場合はどうなるんだろう

    空を飛ぶんだったら、耐空性審査にも合格しないといけませんね。
    突風だとか落雷耐性とか氷結防止策とか、やることは色々ありそう。

    それよりもまず、鳥衝突に耐える風船を開発するのが最初かな?

  • by Anonymous Coward on 2010年02月04日 6時00分 (#1713547)

    家の形をした気球を、昔どっかで見たなぁと思い探してみました。
    http://bst-web.hp.infoseek.co.jp/balloons/house.html [infoseek.co.jp]
    屋根に猫も付いてました。

typodupeerror

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

読み込み中...