パスワードを忘れた? アカウント作成
1103919 submission
数学

6×8は正解でも8×6はバッテン? 1

タレコミ by sillywalk
sillywalk 曰く、
6×8は正解でも8×6はバッテン?あるいは算数のガラパゴス性」と題するブログエントリが、一部で話題となっています。筆者の娘(小2)が受けた小学校の算数テストについて、

8人にペンをあげます。1人に6本ずつあげるには、ぜんぶで何本いるでしょうか。
 
ご覧のように、「8×6」だとバッテンで、「6×8」だと正解らしい。何じゃこりゃ。僕がテストを受けたとしても「8×6」と書く。だって問題文はその順番に書いてあるから。
さらに答の48本もバツ。丁寧に赤ペンで48本と直してくれている。さらに意味不明。

と述べられているのですが、この場合、「かける数」と「かけられる数」の関係を正しく理解していないと、正解にはならないようです。
なかなか興味深い内容にブログのコメント欄、ツイッターの「#掛算」ハッシュタグ、2chなどでちょっとした議論を呼んでいます。大人であれば「『8×6』『6×8』のどちらでも答えは同じ」と理解していますが、さて、掛け算の基礎を学ぶ小学2年生の段階ではどのように教えるべきなのでしょうか。/.J諸氏の見解をお聞かせ下さい。


情報元へのリンク
この議論は、 ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
  • by parsley (5772) on 2011年12月25日 20時40分 (#2071698) 日記

    りくつがわかるまでは、交換したら×派です
    いろんな理屈は読んできたけど、どうも自分を正当化しようとしている言い訳にしか見えない。
    初等教育は初等教育なりのルールで進んでほしい。

    逆でも同じになったよって見つけた子供には、すごいね。でもこれは△なのよ。あとでゆっくり考えて見てねって教えればいい。

    --
    Copyright (c) 2001-2014 Parsley, All rights reserved.
typodupeerror

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

読み込み中...