パスワードを忘れた? アカウント作成
3635937 submission
Google

Oracle v Google: 著作権紛争ついに決着。APIに著作権は発生しない

タレコミ by BonTf
BonTf 曰く、

長らく続いていたJavaの著作権者であるOracleと、その言語仕様の一部を再実装してAndroidに搭載したGoogleの間の法廷闘争に一応の決着がついた(本家Groklaw) 。Java内の37APIを再実装したことが著作権違反であるとして争われた今回の裁判だったが、カリフォルニア連邦地裁のAlsup判事は、APIは著作権で保護されないと結論を下した。

この裁判は、APIが著作権で保護され得るか否かという、現在のソフトウェア業界のあり方の根幹に関わる問題がその争点であったために、内外からの注目を集めていた。 仮に、APIが著作権下で保護されると判断されていたのならば、プログラミング言語の再実装を始めとする多大な範囲の活動に悪影響があると懸念されていたが、今回の判決によってこれらの懸念は払拭された。

また、GoogleはOracleの持つバーチャルマシーン関連の特許に抵触していないとの判決が先頃下されている。更にそれ以前には、Googleによる9行のコードと8つのOracleの配布物からデコンパイルされたテストファイルの使用に関して著作権侵害が認定されているが、この事による賠償金の額は些少であるとの予測されている。

今回の判決により、損害賠償額以外の争点について一定の結論が得られており、一連の法廷闘争は実質的にGoogleの勝利と言えるだろう。Oracleは今回の判決を不服とし控訴する意向を既に示している。

この議論は、 ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

読み込み中...