パスワードを忘れた? アカウント作成
6533545 submission
数学

数学者が導出した「クトゥルフ的な非ユークリッド幾何学」があまりにもいあいあすぎる。

タレコミ by Tellur52
Tellur52 曰く、

ニュー・ブランズウィック大の数学者、Benjamin K. Tippett氏が、クトゥルフ世界の見識を深めるような蠱惑的すぎてどんな顔をすればいいか分からない論文を出しています。
というか、論文のファイル名からしてあまりにも冒涜的すぎるのですが。

歪んだ双曲的な時空をユークリッド空間の中に、シャボン玉のような感じで接続した世界はまるで、
死せる神の眠る深海の巨大都市について、恐るべきなほど一貫した理解を押しつけてくるのです。
論文を紹介している記事, 本家)

論文によれば、
「我々は、異常な時空のゆがみを生成するために必要な物質の種類を算出した。残念ながら、それはまさに非物理的で、人類の得た科学的経験から全くかけ離れた性質を持つ。そのような物質について熟知すれば、ワープドライブも四次元ポケットも、その他宇宙を越える航法を簡単に実現する異常な幾何学的性質も実現出来てしまうだろう」
とのこと。

どうも論文を見ると、非常におかしな計量を使っていて、あたかも「窮極の門」の向こうのように、時間と空間の法則を超越してしまってます。
そして、描写された風景は、水平線が波打ち、特定の角度が異常に拡大され、元いた世界までもが歪んでいて正気を失いそうです。

この議論は、 ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

読み込み中...