パスワードを忘れた? アカウント作成
8685139 submission
サイエンス

これぞ,本当のATOMのアニメーション 1

タレコミ by kohei
kohei 曰く、
米IBMが,「原子」直接操作して,アニメーションを作成したそうだ。「STM(scanning tunneling microscope。走査型トンネル顕微鏡)」を用いて,原子を直接操作し,250枚のセル(と呼んでいいものか?)を使い作成された。

ニュースソースでは,“世界最小の映画”とか,”ギネス世界記録に認定”とかに重きを置いているが,単純に技術的に面白いと思うのは,僕だけだろうか。

情報元へのリンク
この議論は、 ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
  • んーとどの辺が?

    IBM Research、原子を使った世界最小の映画を製作 [ibm.com]によると

    世界最小の映画を製作するのは、IBMにとってまったく新しい分野ではありません。とりわけ、IBMの研究員は何十年にわたって、データ記録の限界を探求すべく、ナノスケール・レベルで材料の研究をおこなってきました。
    (略)
    データ・ストレージ・デバイスを操作するための最小の物体、つまり単一原子を使ってこの映画を製作したIBMの研究員は、世界最小の磁性ビットも製作しました。また、彼らはいくつの原子を使えば1ビットの磁気情報を確実に記録することができるのか、という疑問に対して答えを出しました。1ビット分の記録は、12個の原子で実現します。比較してみると、現代のコンピューターや電子デバイス上に1ビットのデータを保存できるために、おおよそ100万個の原子が必要となります。もし商用化された場合、この原子メモリーは、今まで製作されてきた映画全てを、指のつめの大きさのデバイスに記録することがいつかできるようになるでしょう。

    傍からみれば IBM 研究所の余興(原子を動かして動画を作れる環境なんてそうそうない)にしかみえない動画ですが、原子を使ったメモリーデバイス研究の副産物というところが興味深かった。それに STM は原子の表面を拡大して見られるだけで、原子の移動は「銅表面からわずか1ナノメートル(1メートルの10億分の1)の距離から針を操作」することによってだし。技術的に面白いというのなら、もうちょっとツッコミが欲しいね。

    --
    モデレータは基本役立たずなの気にしてないよ
typodupeerror

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

読み込み中...